証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

採用調査は大手企業で行われる?どのような内容なのか解説します

企業で新しい人を採用するとなった場合、少しでも優秀で適性のある人物を雇いたいと思うのは当然のことです。しかし、履歴書や職務経歴書、面接といった限られた情報だけでは分からない部分もたくさんあります。面接で評価が良かったものの、入社してから問題ばかり起こすような社員では採用した意味がありません。そこで、今回は採用調査についてご紹介します。

採用調査とは?

採用調査とは、採用予定の人物、または求人に応募してきた人物について調査を行うことです。普段の言動や交友関係に問題がないか調査して情報を集めるのです。ただ、調査する際には個人情報保護の観点に注意して進めなくてはいけません。

特に、転職者の場合前の職場に連絡・問い合わせをして働きぶりを確認する前職調査を行う場合、本人の同意を得るようにしてください。これは個人情報保護法によって定められているからです。

個人情報取扱事業者は、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめ本人の同意を得ないで、個人データを第三者に提供してはならない
引用元:e-GOV法令検索 個人情報保護法第二十三条

個人情報を得ようとしている側だけでなく、提供した側も罪に問われる可能性があります。もし前の職場にヒアリングを行いたい場合は、確実に本人の同意を得てください。また、仮にきちんと同意を得た場合でも、企業の判断で「個人情報なので答えられない」と断られるケースも。

本人の同意を得ずに調査を進めることは禁止されていますが、裏を返すと同意さえ得られれば前の職場での勤務態度を確認することが可能です。

勝手にヒアリングを行うと社会的信頼を失う

本人の同意を得ずに以前の職場にヒアリングを行うと、それが発覚した場合罪に問われるだけでなく社会的信用を失います。個人情報保護法を守らない会社というレッテルを貼られ、応募者の方から採用を断られてしまうことに繋がりかねません。コンプライアンス順守のためにも、前の職場へヒアリングを行う場合は確実に同意を得ることをおすすめします。

採用調査を行うのは大手企業だけ?

採用調査を行うのは大手企業だけとは限りません。確かに、人員や資金に余裕がある大手企業で採用調査を行うケースはありますが、中小企業であっても採用調査を行う企業は存在します。特に、大手企業のように安定して応募がこない場合、採用してからトラブルが発生しても人材不足で解雇が難しくなってしまう可能性があります。確実に会社に利益をもたらしてくれる人材を確保するために、採用調査に踏み切る企業があることを覚えておきましょう。

採用調査は探偵に任せよう

採用調査について、前の職場での様子以外に普段の行動を知りたいと思った場合は探偵に依頼しましょう。応募者が普段どんな粗暴な人間であっても、面接時はそれを上手に隠してくることが予想されます。そのため、普段どのように過ごしているか、どのような交友関係を築いているかといった材料から企業への採用を判断したいという方もいるかと思います。

ただ、自分の仕事をこなしながら応募者の調査を行うことはかなり骨の折れる作業です。尾行や張り込みも法の範囲内で行わなければ、プライバシーの侵害に当たり訴えられる可能性があります。安全かつ確実に情報を入手したいのであれば、採用調査に関して実績のある探偵事務所に依頼してください。

採用調査で分かること

採用調査では履歴書に書かれていることや面接時に話したことに嘘がないか調べます。学歴や職歴に関しては、嘘の記載があった場合経歴詐称になります。入社時に嘘をつく人物は今後も嘘をついて自分の保身ばかり考えるかもしれません。そのような会社にとって不利益をもたらすことが予想される人物は、あらかじめ採用を見送る方向で話を進めた方が安全です。

前の職場での勤務態度に関しても、人間関係や会社に被害を与えるようなトラブルを起こしていないか調査します。それと連動して生活態度も調べるケースがあります。普段から寝坊や遅刻癖がある場合、大事な局面でそれが起こってしまうと会社の信頼を失うことに繋がるかもしれません。会社のイメージ、そして既に働いている社員を守るために、不安要素はしっかり調べておきましょう。

交友関係もチェック

応募者自体に問題はなくても、例えば反社や暴力団と関わりがあることが発覚した場合、コンプライアンスのために採用を見送るべきです。採用してから何かトラブルがあって反社と関わりのある人物が在籍していることが世間にばれると社会的信用を失ってしまいます。そもそも、企業は反社と関わることを禁止されています。反社との関わりの有無も探偵に任せておけば調査可能です。

借金の有無は調べられる?

探偵は、基本的に借金の額や有無などを調べることは不可能です。ただ、採用調査で消費者金融に足を運んでいるところを目撃し、借金の有無が発覚するケースはあります。その他にも頻繁にパチンコや競馬といったギャンブルを行っている場合、それで信用できないと判断する企業も。普段の行いからある程度の人間性や生活はばれてしまうのです。

採用調査はいつ行う?

内定を出す前に採用調査を行うことをおすすめします。1度内定を出した後にそれを取り消すのは困難であるうえに、「1度出された内定を取り消された」という口コミを書かれてしまうかもしれません。採用してから辞めさせるのは、会社のお金に手を付けたり犯罪を起こしたりなど明らかな問題行為がなければ難しくなってしまいます。無理に辞めさせようとすると不当解雇に当たり、企業側が不利な状況に追い込まれてしまう可能性があります。トラブルを未然に防ぐのであれば、採用調査は内定を出す前に行いその結果を踏まえて採用者を決めてください。

まとめ

採用調査についてご紹介しました。応募者の同意が得られれば、前の職場に聞き込みを行うことが可能です。ただ、素人では調べきれない部分についても情報を集めたいのであれば、探偵に依頼し法律の範囲内で採用調査を進めましょう。自分の会社や社員を守るためにも、採用する人材は慎重に選ぶことが重要です。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn