証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

会社が採用調査を導入するのはなぜ?採用調査で得られる効果とは

中途採用を募集する会社の中には、応募者に対して不安を抱く会社もあるのではないでしょうか。中途採用時に確認する履歴書や職務経歴書は、中途採用者に関する情報が記載されることになりますが、真偽を判断する方法がありません。中途採用者は優秀な戦力になるかもしれませんが、履歴書や職務経歴書の内容が異なっている場合、戦力にならないだけでなくトラブルになる可能性もあります。このような場合には探偵による採用調査がおすすめです。今回は会社が採用調査を導入する理由、採用調査で得られる効果について解説します。

採用調査を導入する理由

採用調査を依頼する理由はさまざまですが、会社が依頼する主な理由は3つあります。

  • 虚偽申告の有無
  • 前職の退職理由
  • 人間性の確認

それぞれ説明しますね。

虚偽申告の有無

履歴書や職務経歴書は、中途採用応募者の経験や実績を判断する上で重要な役割を担います。履歴書や職務経歴書に記載されている内容が虚偽申告されたものであれば、経験や実績を信用することができません。会社が採用調査を依頼するのは、応募者の経験や実績を確認するためであることがほとんどです。採用調査を行なうことで虚偽申告の有無を確認することができるので、経歴詐称の実態を把握することができますよ。

前職の退職理由

履歴書や職務経歴書から前職の情報を知ることはできますが、退職理由を記載することはほぼありません。中途採用をする上で、会社内で問題を起こしそうな人材を選考したくないですよね。前職の退職理由が問題行動だった場合、応募者が正直に退職理由を伝えることはないでしょう。採用調査を行なうことで、応募者の前職を退職する経緯を調べることができるので慎重な選考を行なうことが可能です。前職の退職理由に不可解な点があれば、採用調査を依頼することをおすすめしますよ。

人間性の確認

中途採用では限られた面接数しかありませんので、応募者の内面的な部分を見抜くことは難しいです、会社が円滑な企業運営をするには社員間での連携やコミュニケーションが不可欠であり、社員の人間性が重要な要素となります。採用調査は応募者の前職での勤務態度や非違行為を調べることができるので、内面的な部分を把握することが可能です。応募者の中で人材の質を見極めるために、採用調査は必要だといえるでしょう。

採用調査で得られる効果とは

会社が採用調査を導入する理由を把握したところで、採用調査で得られる効果について知りたいですよね。採用調査で得られる主な効果は3つあります。

  • 採用時のセキュリティ強化
  • 内定告知前のリスクヘッジ
  • 人材選考の効率化

それぞれ説明しますね。

採用時のセキュリティ強化

中途採用において応募者は不特定多数となるので、問題社員となり得る人材を見定めたいと考える会社がほとんどです。第三者によるチェックが入ることで、中途採用でのハードルが上がるので応募者も慎重にならざるを得ません。会社は採用調査を導入することで経歴詐称などの虚偽申告が精査されるようになるので、採用時のセキュリティ強化につながります。

内定告知前のリスクヘッジ

経歴詐称をしている人材が入社し、問題行動や非違行為が発覚してもすぐに懲戒解雇にすることはできません。一方的な懲戒解雇では不当解雇となってしまい、反対に訴えられる可能性もあります。内定告知前に応募者の情報を把握していれば、そもそも内定を通知することはないでしょう。採用調査を導入することで、応募者に内定告知前にさまざまな情報を入手できるのでリスクヘッジになりますよ。

人材選考の効率化

採用調査を行なうことで採用側と応募者のミスマッチを防ぐことができ、採用活動をスムーズにすることができます。応募者が会社による採用調査を知ることで、経歴詐称による虚偽申告をする人は少なくなります。採用側も採用調査で正確な情報を入手できるようになることで、人材選考の効率化を図ることが可能です。ミスマッチを防ぎ、人材選考を効率的に行なうために採用調査は有効だといえるでしょう。

探偵による採用調査とは

会社が採用調査を検討する際、探偵などの業者に依頼することがほとんどです。探偵などの業者であれば、個人情報保護法などの法律に則り調査を行なうので安心して任せられるでしょう。探偵の採用調査は主に2つの調査となります。

  • 素行調査
  • 身辺調査

探偵による2つの方法をそれぞれ説明しますね。

素行調査

探偵は「尾行」「張り込み」を駆使することで、調査対象となる応募者の普段の行動や交友関係の情報を入手します。調査対象者の普段の行動や交友関係から、人柄や人間性を評価することが可能です。素行調査は第三者目線で公平に人間性を判断することができるので、中途採用に関する指標になるといえます。素行調査は応募者の内面的な部分の判断材料になりますが、すべての情報が判明するわけではありません。身辺調査も併せて行なうことで情報をより正確に入手できるようになりますよ。

身辺調査

探偵は「聞き込み」を駆使して身辺調査を行ない、応募者の経歴や情報に詐称が無いかを判断することが可能です。聞き込みでは応募者の情報を入手することができますが、差別などのトラブルにつながる可能性を懸念されることもあります。探偵は探偵業法で認められた情報のみ調査するので、トラブルを招く可能性を軽減できます。トラブルを引き起こすことで必要な情報を入手できない可能性があるので、トラブルを引き起こさないことが重要です。トラブルにならないように安全に応募者の経歴や実績を探るためには、身辺調査がおすすめだといえるでしょう。

まとめ

会社が中途採用で採用調査を導入する理由はさまざまですが、応募者の経歴や経験の虚偽申告の有無、前職の退職理由などがあります。採用調査は履歴書や職務経歴書では知ることができない応募者の情報を入手することが可能です。履歴書や職務経歴書では知ることができない応募者の情報を把握することで、採用側と応募者のミスマッチを防ぎ、採用業務の効率化を図ることができます。探偵の採用調査は素行調査と身辺調査の2種類であり、「尾行」「張り込み」「聞き込み」でさまざまな情報を入手することになります。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn