証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

配偶者の不倫が発覚したら?慰謝料請求の流れと方法について解説

配偶者の不倫が発覚することで、慰謝料請求について悩む人もいますよね。不倫相手への慰謝料請求について把握している人はほとんどいないのではないでしょうか。慰謝料請求の流れを把握しておくことで、慰謝料請求への行動もスムーズになるので把握しておくことをおすすめします。ここでは、不倫による慰謝料請求の流れや方法について解説します。不倫相手への慰謝料請求について悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

不倫による慰謝料請求の流れ

配偶者の不倫が発覚し、不倫相手が判明したら慰謝料請求に取り掛かることになります。不倫相手への慰謝料請求は大きく3つの手順となります。

  1. 準備をする
  2. 交渉する
  3. 公正証書を作成する

それぞれ説明しますね。

1.準備をする

不倫相手に慰謝料請求する上で、不倫相手を特定し証拠を集めておく必要があります。証拠がなければ慰謝料請求をしても、不倫相手にしらをきられる可能性が高く、法的に不貞行為を認められることはほぼありません。また不倫相手に慰謝料請求をする際、不倫相手が配偶者のことを既婚であったことを認識しることも重要です。不倫相手がどこの誰かわからない状態では慰謝料請求ができないので、慰謝料請求可能な条件に当てはまるかを確認し不倫に関する情報を集めておくようにしましょう。

2.交渉する

不倫相手を特定することができ直接連絡を取れるのであれば、はじめに当事者同士で交渉をすることがほとんどです。請求した慰謝料に対して、不倫相手がすんなり応じてくれることはほとんどないので交渉が不可欠となります。交渉は不倫相手からの反論への対応や相手の言い分に対する妥協点などを話し合うことになります。不倫相手から「相場よりも高い」と反論されないためにも、不倫による慰謝料の相場を把握してから交渉するようにしましょう。

3.公正証書を作成する

交渉が無事に済んだら示談書を取り交わし、公正証書を作成するようにしましょう。公正証書は法的に有効な書面となるので、「そんなことを言った覚えはない」と不倫相手が言い逃れしても取り交わした慰謝料の支払い義務が生じます。公正証書の内容は示談書に基づいており、示談書に記載されている金額のみ支払うことを明文化したものです。示談書だけでは法的に認められる可能性が低いため、慰謝料を必ず支払ってもらうためにも公正証書の作成をおすすめします。

慰謝料請求の方法

ここでは、不倫相手に交渉する上で、慰謝料請求の4つの方法について説明します。

  • 口頭での請求
  • 内容証明による請求
  • 調停での請求
  • 訴訟請求

それぞれ説明しますね。

口頭での請求

口頭での請求は言い分を直接伝えることになり、早期解決が可能な方法です。不倫相手が不貞行為を認識しているのであればスムーズに交渉を進めることができますが、責任転嫁や言い逃れをすることもあります。口頭では水掛け論になってしまうことがあるので、交渉が難航し失敗してしまう恐れがあります。口頭で請求をする際には不倫相手の言い分に対して即座に反論できるように、事前に想定問答をしておくことが重要ですよ。

内容証明による請求

口頭での交渉が上手くいかない場合には、不倫相手に内容証明を送付して請求することも可能です。内容証明には差出人に関する情報や不倫に関する内容が記載されており、水掛け論などのトラブルを防げます。法的な効力はありませんが主張した内容が書面として残ることになり、記載されている内容は郵便局で保存されることになります。内容証明での請求は書面でのやりとりになってしまうため、口頭請求よりも時間がかかってしまう点でデメリットだといえるでしょう。

調停での請求

口頭や内容証明の送付でも慰謝料請求に応じなければ、調停に申し立てて請求することも可能です。調停は簡易裁判所で行なわれる話し合いとなり、双方の合意の下で和解を進めることになります。法律家による調停委員が第三者として参加し、双方の主張を法律に照らし合わせながら話し合いを行ないます。双方が合意して和解した場合、調停委員が法的に有効な調停証書を作成することで、法的に慰謝料を支払わせることが可能です。

訴訟請求

調停で和解しなかった場合、裁判での慰謝料請求を行なうことになります。裁判で慰謝料請求を請求する場合には訴状を提出しなければなりませんが、手続きに労力を要するだけでなく専門的な知識が必要になるので、弁護士に依頼することがほとんどです。弁護士に依頼しなくても自分で裁判を行なうことは可能ですが、時間や精神的に大きな負担となるので依頼するのがおすすめです。裁判を通じて和解や合意に至らなければ、裁判官による判決が下されることで慰謝料が決定します。

不倫の証拠収集は探偵への依頼がおすすめ

不倫相手に慰謝料請求をする上で、不倫の証拠はなによりも重要です。自分で集めた不倫の証拠は法的に認められない可能性が高く、配偶者にバレてしまう可能性が高いのでおすすめできません。配偶者にバレることなく、法的に認められる証拠を集めるのであれば探偵に依頼するようにしましょう。探偵は尾行業務を行なうことで配偶者の交友関係を把握します。不倫相手を特定するためには交友関係を探る必要があり、尾行や聞き込み、張り込みを駆使することで不倫相手を特定できます。不倫相手を特定したら、尾行や張り込みを行なうことで不倫の証拠を入手することが可能です。探偵が作成する調査報告書には不倫相手の情報を記載する必要があり、聞き込みで得られた情報を記載することになります。尾行や聞き込みで得られた情報を基にして、配偶者と不倫相手の密会するタイミングを把握したら張り込み調査を行ないます。不倫の証拠は張り込み調査が最も重要と言っても過言ではありません。密会している建物を複数人の探偵で張り込み、第三者が見ても「肉体関係有り」と判断できるような現場を静止画や動画で撮影します。一緒にラブホテルに出入りしているような内容であれば言い逃れできないでしょう。探偵が行なう調査業務は探偵業法に則ったものであり、探偵による調査報告書は法的に認められます。配偶者にバレることなく不倫の証拠を入手したいのであれば、探偵に依頼することをおすすめしますよ。

まとめ

配偶者の不倫相手に慰謝料請求をする上で、不倫の証拠を入手しておくことが重要です。証拠がなければ不倫相手に言い逃れされてしまい、法的に慰謝料の支払い義務が生じることはありません。不倫の証拠を入手したら、不倫相手に交渉して公正証書を作成するようにしましょう。口頭での交渉に応じてくれれば問題ありませんが、水掛け論になってしまう可能性もあります。書面での交渉は水掛け論を防ぐことができますが、調停や訴訟に発展して長引くこともあるでしょう。探偵であれば法的に認められた調査で不倫の証拠を入手できるので、不倫相手も内容を認めざるをえないですよ。配偶者にバレることなく法的に有効な証拠で慰謝料請求を進めたいのであれば、探偵に依頼するようにしましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn