証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

結婚してない関係で浮気調査はできる?慰謝料請求

通常の恋人関係、同棲中のカップル、内縁関係など、結婚をしていない状況で男女の仲になっているという状況は多いと思います。結婚していれば「慰謝料請求」や「離婚裁判」など、法的な対処をすることが可能ですが、結婚していない場合はそれが可能なのか気になるところですよね。
そこで、今回の記事では、結婚していない関係で浮気調査や、慰謝料請求ができるのか?ということについて解説していきたいと思います。

結婚してない関係で浮気調査

結婚していない関係で浮気調査を依頼する理由にはどんなものがあるのでしょうか。ここでは、恋人同士で浮気調査をする可能性をいくつかピックアップしてみました。

浮気調査を行う目的

結婚していれば、浮気調査によって「慰謝料請求」や「離婚裁判」などの社会的制裁を与えることが可能ですが、恋人同士では、そういった方法は使えません。では、なぜ浮気調査を行うのかみていきましょう。

浮気の事実を元に社会的地位を下げる

「浮気」という行動は、社会的イメージを大きく損なう行動の一つです。法的な手段が使えないとしても、会社の同僚や知り合い、友人などに「浮気」の事実が知らされれば、当人のイメージは損なわれることになります。
恋人同士の場合、法的な手段を取れない代わりに、SNSやクチコミによって、「相手の悪評を流す」といった理由で浮気調査が行われることもあります。噂が広まってしまうと、事実上「社会的制裁」を受けていることと同じような状況になるので、浮気した当人にとっては大きな痛手と言えるでしょう。

浮気相手と直接対決する

「結婚」を前提に付き合っているが婚約はしていないという場合は、法的な手段が取れないため、「浮気の証拠」を元に相手と直談判するという方法を使うこともあるようです。浮気の証拠は「浮気相手」にとっても不利な情報であるため、職場などに公表されればイメージダウンにもつながります。
交渉材料としては強力な武器として、「浮気調査」を行うという人も少なくないようです。

慰謝料請求の準備

結婚していない関係であっても、「婚約」であることが証明されていれば、慰謝料請求することができます。また、数年以上同棲しているなどの場合には「内縁関係」として認められ、浮気相手に慰謝料請求することも可能になります。上記に該当する人ならば、迷わず慰謝料請求のための浮気調査を行うべきだと言えるでしょう。
婚姻関係、内縁関係を証明する、しないに関わらず、「浮気調査」を行っておくことで、さまざまな状況に対応できるようになるため、浮気調査はやっておくべき行動の一つと言えるかもしれません。

結婚してない関係で浮気調査をするメリット・デメリット

結婚していれば、「慰謝料」や「離婚」などの明確な目的がありますが、結婚していない状況下では、目的が複数になってしまうこともあるので、役に立たないということもあるかもしれません。
そこで、ここでは、結婚していない状況で浮気調査をするメリットとデメリットについてみていきたいと思います。

浮気調査を依頼するメリット

ここでご紹介するメリットは、「結婚していない関係」で浮気調査をした場合に限ります。

浮気相手に責任を取らせる

恋人同士の場合、浮気によって法的な「不貞関係」とはなりませんが、世間一般では「浮気・不倫』=「不貞行為」と考えられているため、どんな理由があろうと、こうした事実が明るみになれば、浮気をした当人のイメージは失墜してしまうため、社会的責任を取らせることができるというメリットがあります。

慰謝料請求(婚約、内縁関係のみ)

婚約や内縁関係の人ならば、慰謝料請求が可能なため浮気調査を行うメリットが大いにあります。また、慰謝料請求を行うことで、浮気相手に大人としての責任を取らせることもできるので、一石二鳥と言えるかもしれません。

浮気相手と直談判

慰謝料を請求できないとしても、浮気の証拠を使って「直接交渉」を行うことが可能です。浮気相手は、証拠が表沙汰になってしまうことを避けたいと考えているので、「証拠」を交渉材料として使うことができるでしょう。非常に大きな武器になることは間違いありません。

浮気調査を依頼するデメリット

浮気調査では以下のようなデメリットも考えられます。

高額な調査費用

結婚していれば「慰謝料請求」が可能であるため、調査費用を慰謝料から取り返すという方法も考えられますが、恋人同士の場合は「慰謝料請求」できるものの、確証があるわけではないので、場合によっては調査費をそのまま捻出しなければいけない可能性もあります。

調査失敗によって証拠を得られない

探偵による調査は100%成功するわけではありません。状況によっては調査に失敗することもあります。そうした場合、交渉材料を得られず泣き寝入りするといったことも考えられます。浮気調査は「実績のある探偵業者」に依頼することが最善の方法です。

法的手段が使えない

婚約、内縁関係でない場合は「証拠」を法的な場で利用することができないため、浮気の証拠の使い道について、自分で精査する必要性があります。非情な決断をしなければいけないこともあるため、人によっては浮気されたこと以上に苦しんでしまうこともあるでしょう。

浮気調査を依頼する際の注意点

結婚していない状況でも、浮気調査をするメリットは大いにありますが、デメリットも発生するため、「どちらが得か」という観点でしっかり見極めていく必要性があります。

浮気調査を依頼する際の注意点

結婚していない状況でも以下の点に注意してください。

  • できる限り全ての証拠を集める
  • 調査失敗を回避するため信頼できる探偵業者に依頼する
  • 慰謝料請求は二の次

「浮気の証拠」をしっかり掴んでおけば、後から「慰謝料請求」「直談判」など、色々な方法を試みることができます。逆に証拠がなければ「何も出来ない」ということでもあるため、調査を依頼するなら「確実な証拠」を獲得できるようにしましょう。
慰謝料請求を前提とするのではなく、あらゆる角度で使える証拠を集めておくことが重要です。

まとめ

今回の記事では、結婚していない関係で浮気調査ができるか?について解説させていただきました。結婚していない場合でも、社会的制裁を与えるためや、慰謝料請求(婚約、内縁関係)のため証拠集めとして利用できるため、浮気調査は非常に有効な手段の一つです。
もし、調査に不安を感じるようであれば、探偵事務所に相談して、調査方法などを紹介してもらってください。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn