証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

探偵は秘密を守ってくれる?探偵が持つ守秘義務とその方法について

困っていること、悩んでいることがあって探偵に調査を依頼したいというとき、「探偵は自分の秘密をうっかり洩らしてしまうことはないのだろうか」と気になる人もいるかと思います。これにより依頼をためらってしまう、余計な悩みが膨らんでしまうということになったら困ったものです。そこでこちらの記事では探偵が本当に秘密を守ってくれるのか、秘密を守る方法についても解説します。

探偵には守秘義務がある

探偵という仕事には守秘義務が存在します。それは探偵業法によって定められているものです。探偵業法第10条第一項によりますと、「探偵業務に従事する者は正当な理由なく、業務上知り得た秘密を第三者に洩らしてはいけない」とされています。また「探偵業務に従事する者でなくなった場合にも同様とする」という旨が記載されているのです。つまり探偵として業務を行うことになった以上、秘密は絶対に守らなければならないということがわかります。さらに途中で探偵業を辞めた場合にも守秘義務が課せられるため、一度でも探偵の業務を行ったら、永遠に秘密を守り続けなければならないということになるわけです。

探偵が秘密を守らなければならない理由

探偵がなぜそこまで秘密を守ることに厳しく言われているのかというと、探偵が依頼者から預かる情報の内容がデリケートなものであることが多いからです。この情報が外部に流出することで、依頼者は社会的なダメージを受けることもあります。それにより依頼者自身の心も深く傷つくということも考えられます。さらには探偵が秘密を守ってくれないという評判が広まり、信用してもらえなくなってしまうのです。探偵という仕事は依頼者に信用してもらえなければ成り立たない仕事です。秘密を守ることは依頼者を守ることであり、探偵という仕事を守るということにもなります。ですから探偵は秘密を守るのです。

秘密を第三者に明かす探偵は探偵ではない

探偵が知り得た秘密を第三者に洩らさないということが大前提であるということはおわかりいただけたかと思います。万が一秘密が漏れてしまうとしたら、業者の情報管理ミス、またはシステムによるミスが考えられます。故意ではないといっても秘密が漏れてしまえば信用を失いますので、探偵としては失格と言われても仕方ないものです。故意的に秘密を洩らされたという場合には、それはおそらく違法業者でしょう。実際に情報を売買して逮捕されたケースが存在します。違法業者は今でこそ、その存在が減っているもののゼロではありません。これらは探偵ではありませんので関わらないように注意しましょう。

探偵が秘密を守る方法

探偵は依頼者からの大切な情報を守るためにさまざまな工夫をしています。探偵事務所により若干やり方は異なりますが、ここでは主な方法についてご紹介します。

秘密保持契約

探偵事務所とその従業員間において、従事するにあたり秘密保持契約を結びます。業務上知り得た情報をかなり親しい人物やたとえ家族であっても話してはいけないという規則です。もちろん秘密保持に関する指導も併せて行われます。

文書等の暗号化

調査内容をメモするときなどに、暗号を使うことがあります。仮にその文書やメモ書きを紛失してしまった、第三者の手に渡ってしまったということが起こっても、暗号化されているため内容が洩れるということにはなりません。

所内のパソコンにはセキュリティソフトを入れる

探偵事務所ではパソコンで情報を管理することも多いですが、そのパソコンがハッキングされてしまえば情報が盗まれてしまいます。頻度としては高くないことですが、危険性はあるので必ずセキュリティソフトを使用し、定期的にソフトの見直しも行っているのです。

従業員同士でも簡単に情報が見られない

パソコンにアクセス制限をかけて、必要以上の情報を見ることがないようにするなど、同じ所内の人間であっても制限している場合もあります。またUSBメモリーなどの使用について制限しているところもあり、こちらは情報の持ち出しを防ぐものです。

不要になった情報の処理も念入りに

依頼をこなし不要となった情報も秘密にしなくてはなりませんので、処理方法にも気を配ります。文書ならばそのまま捨てずにシュレッダーにかけるわけですが、復元の難しい形に裁断する特殊なシュレッダーが使われるものです。また最近では文書を入れた段ボール箱ごと溶かして廃棄する「溶解廃棄」という方法も使われています。

信じられる探偵を見つけるポイント

全ての探偵が依頼者の秘密に対し、細心の注意を払って取り扱っています。それでもまだ不安を感じるというのであれば、探偵事務所の以下の点をチェックしてみてください。

  • 「探偵業届出証明書」の提示の有無
  • ホームページやチラシに探偵事務所の住所や電話番号などの記載があり、実在していると確認できるか
  • 探偵事務所での面談の可否
  • 見積書、契約書の有無

ほとんどの探偵事務所でこれらの条件は満たしているはずです。逆にいずれかの条件が抜けている場合には違法業者である可能性もあります。たとえば住所が適当に書かれており実際には建物がない、面談を希望しても探偵事務所への来訪を渋る、書かれている電話番号が携帯電話と思われるもののみなどは怪しいと考えられます。少しでも違和感をおぼえるような探偵事務所は避け、きちんと会って話ができ、信用できる探偵を見つけましょう。

まとめ

探偵は本当に秘密を守ってくれるのか、第三者に洩らしてしまうことはないのかと不安に思う人もいることでしょう。しかし、探偵には守秘義務があります。これは探偵業法によって定められているもので、正当な理由なくして秘密を第三者に話すことは違法行為です。秘密を守れないものは探偵ではないといっても過言ではありません。探偵事務所では常に細心の注意を払いながら情報を取り扱い、責任をもって管理、きっちりとした処分まで行っています。秘密厳守は徹底されていますので、安心して探偵事務所にご依頼ください。しかし中には故意的に秘密を漏洩するような違法業者が存在します。信用できる探偵事務所とそうではない業者には、探偵業届出証明書の提示など見分けるポイントがありますので、必ず確認の上、依頼するかどうかを決めてください。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn