証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

探偵になるための大学はある?特に勉強しておきたいことを紹介

探偵になるためにはどのような勉強をすればいいのか、どのような大学を選べばいいのかとお悩みではないでしょうか。探偵という職業がやや特殊であるため、勉強方法や勉強内容については知らない人も多いかと思います。そこでこちらの記事では、探偵になるために行くべき大学はあるのか、何を学んでおくべきなのかについて解説します。

探偵は基本的に学歴不問

探偵になるためには大学に行かなくてはならないかというと、必ずしもそういうわけではありません。探偵事務所の募集要項を見てみると、学歴を問わない所も多くあります。大学卒業程度の人材を求めている探偵事務所もありますが、基本的には学歴不問ということです。

学歴不問でも持っていたい知識や資格

探偵になるのに学歴は問われないとはいえ、持っておいた方がいい知識や資格はあります。専門的な技術やノウハウは探偵事務所に就職してから覚えることもできますが、基本的な知識のベースがあった方が就職後すぐに活躍できるからです。もちろん就職面談時にも有利になります。最低限持っていたい知識と資格は以下のものです。

  • 社会的な一般常識
  • コミュニケーション能力
  • 国語力
  • パソコンの操作方法
  • 自動車の運転免許

一般常識に関しましては探偵に限らず他の職種であっても必要なものです。陰でこそこそ地道な調査を行うイメージがある探偵の仕事ですが、人と関わりながら情報を集めていきます。ですからコミュニケーション能力も必要なのです。そして契約から報告まで文書を扱いますので、正確でわかりやすい文章を作れる国語力が重要になってきます。さらにその文書の作成や情報の保管にパソコンを使用しますので、基本的な操作方法からセキュリティに関することまで知っておいた方がいいです。自動車の運転免許については、取得必須としている探偵事務所も多いです。運転免許がない状態での尾行調査は難しく、調査対象者に逃げられてしまうこともあります。また車の運転が上手でないと、調査中に思わぬ事故につながることもあるので、ある程度の運転スキルも欲しいところです。

できれば体力もあるといい

知識とは違いますが、探偵を目指すのであれば体力も備えておくといいのです。探偵というのはとにかく体力が必要になります。まず勤務時間が不規則であることです。調査の時間は深夜に及ぶこともありますし、場合によっては早朝から張り込むなんてこともあり得ます。張り込みが長時間かかるというそうていも必要です。そして、たとえば調査対象者が全力疾走で移動していたらどうでしょうか。すぐに追跡できるような体の状態を常に作っておかなければなりません。また調査に集中することで精神的にもかなり疲れます。ですから探偵を目指すならコツコツと体力作りも行っておくことがおすすめです。

探偵で役立つ大学での勉強

大学に行かずとも探偵を目指すことはできますが、大学に行くことも無駄にはなりません。むしろ就職時に役立つ知識の幅を広げることができるので、とてもいいことです。こちらでは大学で学ぶべき勉強について紹介します。

社会学

簡単に言うと社会の仕組み、働きを解明していく学問です。個人の行為、集団の特性、コミュニケーションなどの中から一定の法則を見つけ出すという研究を行います。理論を学ぶだけでなく、フィールドワークを行い考察をまとめるということも行うようです。人と社会の関係や社会全体の働きを学ぶことは、人対人の問題や社会と人の問題に関わる探偵にとって、とても有益であると言えます。

心理学

人の心と行動の原理を研究する学問です。探偵にとって心理学は大きな武器となります。たとえば依頼者の話にまとまりがなくても冷静に聞けるようになり、要点がはっきりと理解できます。調査の際にも心理学の行動心理を利用して、調査対象者の行動予測ができるようになってくるのです。また心理学を学ぶことは探偵を目指す人自身にも応用でき、役に立ちます。自分の心をコントロールできるようになれば、緊迫した調査の場面でも落ち着いて行動できます。緊張や焦りから不審な行動をしてしまい、調査に失敗するというのはプロの探偵にはあってはならないことです。

法律学

法律の理論やその適用についての学問です。「法学」とも言われます。社会に属する者として誰もが法律を遵守しなければなりません。探偵には特に法律の知識が重要になります。なぜかというと探偵の調査内容には法律に関わってくるものが多いからです。法律の知識がなく調査をすれば、知らないうちに違法行為をしていたということにもなりかねません。プロの探偵は法律のプロでもあります。ですから法律学をあらかじめ大学で学んでおくことは、かなり有益なことであると言えるのです。

探偵業を学ぶなら探偵学校もおすすめ

もっと専門的に探偵に特化したことを学びたいと思っているなら、探偵学校に通うのがおすすめです。探偵学校では尾行などの調査のやり方や機材の使い方や写真の撮影方法などの技術的なこと、遵守すべき刑法や条例などの知識、さらに資料や情報の管理や報告書の書き方などの事務的なことなどを学べます。大手の事務所や現役の探偵が運営している探偵学校もあり、そのようなところだと研修や就職のサポートも行っているようです。ただし大学ではなく探偵学校を選ぶデメリットとして、探偵学校で学ぶ専門知識が他の職種で応用しにくいということがあります。「将来は絶対に探偵」という人は探偵学校、「探偵は一つの選択肢」と考えているなら大学がいいでしょう。

まとめ

探偵は特に学歴を問われることもなければ、特別な資格を求められることもありません。しかし何も知識を仕入れないまま就職へ踏み切るよりは、多少勉強してからの方が自信もつきますし、採用されやすくもなるかと思います。大学に通うならば、社会学、心理学、法律学を学ぶことがおすすめです。どれも探偵に必要な知識ですので、大学で学ぶことは探偵を目指す人にとって、とても有益なこととなるでしょう。探偵の専門学校というものもあり、そちらはより専門的な学びを期待できます。ただし大学での学びに比べると応用が利かないので、大学か探偵学校のどちらを選ぶかは慎重に選んだ方がよさそうです。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn