証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

信用できる探偵を見分けるには?優良な事務所の選び方

探偵事務所は届出をすれば誰でも開業できます。特に資格などもないので、探偵事務所はピンキリだとよく言われます。その中で優秀で信用できる探偵事務所を見つけるには、いくつか押さえておきたいポイントがあるのでここで詳しく見ていきます。

信用でできる探偵事務所の特徴

信用できる優良な事務所には、いくつか共通点があります。以下で紹介するようなポイントを全て押さえているようなところであれば、信頼できる業者と考えていいでしょう。

届出を行っているか?

日本で探偵事務所を営むためには、探偵業法に則って活動しなければなりません。そしてこの法律の中で、都道府県の公安委員会に所定の届出を行うこととしています。商号や名称、責任者の氏名や住所を明記し提出しなければなりません。もしこの届出を行っていなければ、違法なヤミの事務所ということになります。そのようなところに調査をお願いしても、誠意ある対応をしてくれるとは期待が持てません。

ちなみに届出手続きをきちんと行っていれば、探偵業者として届出証明書が交付されます。この時番号が割り当てられます。もし届出を行っていれば、「○○公安委員会 第○○○○○号」といった番号をもらっています。そしてホームページにこの番号を記載しているはずです。このような番号がどこを見ても確認できなければ、きちんと手続きを踏んでいない事務所の可能性があるので注意してください。

明朗会計になっているか?

探偵にお願いする場合、心配なのがお金でしょう。調査内容は人によりけりなので、オーダーメイド方式の料金体系になります。しかしそれでもホームページの中で参考価格などを明示しているところを選びましょう。料金に関する記載のないところの中には、相手を言葉巧みに言いくるめて高額なコースに誘導するような場合もあります。また悪意がなくても、依頼者側と事務所側で認識の齟齬があって、支払いの時にトラブルになることもあります。このような問題を回避するためにも、できるだけ料金をわかりやすく提示する傾向が有料な事務所には見られます。

また実際に依頼する前に見積書を作成してくれるかどうかもチェックしましょう。信用できる業者であれば、無料で見積もりをしてくれるはずです。そして見積書の価格だけでなく、その内訳についても確認しましょう。細かく内訳を明記しているところであれば、信頼性は高いです。悪徳業者の場合、一見安い見積書を提示してお客をつろうとすることがあります。しかし調査を進めていく中で「想定外の追加費用が発生した」などと言って、値段を吊り上げてくる場合があります。この手の業者は見積もりは出してくれるものの、内訳がいい加減なことが多いです。「○○一式」のようなあいまいな内容のものが多数見られるようであれば、注意が必要です。

評判を確認する

いくら応対が良くて感じがよさそうでも、肝心の調査力が乏しければ、お金をどぶに捨てているようなものです。そこで調査力もチェックしましょう。ここで活用してほしいのが、口コミサイトです。探偵事務所に関する口コミサイトもいろいろと作られています。その中でおおむね評判のいい事務所であれば、信頼できると判断してもいいでしょう。この時複数のサイトの評判をチェックするのが好ましいです。中には自分たちの事務所の評判を良く見せるために、自社スタッフに書き込みさせている場合もあるからです。しかしさすがに複数のサイトを確認して書き込みをやる時間はないでしょう。複数のサイトの評価がおおむね良好で同じような感じであれば、その投稿も信用できるでしょう。

またどのような機材を使って調査しているかもチェックしたいところです。きちんとした調査を行うためには、機材の質も重要だからです。最新の機材を使っていれば、より調査が困難なシチュエーションでもしっかりカバーできます。例えばカメラの場合、望遠や赤外線、暗視カメラを装備しておけば、遠方から暗闇の中のターゲットもきちんとフォローできるでしょう。

調査員教育に力を入れているかどうかも、事務所選びで押さえておきたいポイントです。研修プログラムを実施して、調査スタッフの育成に力を入れているようなところであれば、どの調査員も一定レベルにあることがうかがえます。機材や研修についてもホームページで紹介しているところあるので、問い合わせする前に確認しておくといいでしょう。

こんな事務所があれば要注意

探偵事務所の多くは合法でまっとうな営業を行っているはずです。しかし一部悪質な商売を行っているところもあります。信用できない問題の事務所にはいくつか特徴があるので、以下で紹介する問題点がないかよく見極めましょう。

違法な調査を実施している

探偵といってもなんでもやってもかまわないいというわけではありません。法律に則った調査を行うことが求められます。しかし悪徳業者を見てみると、違法調査を行うことに迷いがありません。もし法律に抵触するような調査も実施しているといっているところには依頼しないほうがいいでしょう。

別れさせ屋をはじめとしたターゲットに何らかの工作を行う、盗聴、戸籍や住民票を不正に取得する、不法侵入を伴う調査など「請け負います」と言っている業者には頼まないほうがいいです。もしかするとみなさん自身も法に問われる危険性があるので注意してください。

探偵の業務外の仕事を請け負っている

探偵はあくまでも調査をするところまでが業務範囲になります。しかし事務所によっては、その権限を越えて業務を請け負うというところもあります。このようなところは要注意です。代表的なのは債権回収です。お金を貸して相手が行方をくらました場合、相手の居所を調査することはできます。しかし相手に借金を返済するように迫るのは、探偵の管轄外です。報酬を受けたうえで債権回収できるのは、弁護士資格を持っている人です。このように業務外の仕事を引き受けるといってくるところには依頼すべきではありません。

まとめ

信用できる探偵に依頼できるかどうか不安と思っている人もいるでしょう。しかしあまり難しく考える必要はありません。調査内容や料金について、わかりやすく説明してくれるところであれば信頼できます。一方法律に抵触するような仕事も請け負うというところには依頼しないほうがいいでしょう。探偵とコミュニケーションを密にとって、相手のことが信用できるかどうか慎重に考えて依頼先を決めましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn