証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

浮気調査をしてパートナーの相手を知りたい!そのために考えておくこと

パートナーが浮気をしている場合、相手が誰なのか気になります。浮気相手がバレていない場合はパートナーにはぐらかされる可能性もありますし、慰謝料請求もできません。

自分で探そうと行動する人もいますが、それはなかなか難しく、やはり確実な方法を取る方が賢明です。
浮気相手を知り、証拠が得られれば、裁判となった場合も有利に進めることができるでしょう。

パートナーの浮気相手が分からない……

パートナーが浮気をしているときに、その相手が分からないことがあります。浮気をしていることは確実なので、どうにかして相手を突き止めたいと思うのも自然な気持ちでしょう。パートナーの浮気相手が分からないときはどのようなケースが考えられるのでしょうか。

浮気相手が分からないとパートナーにはぐらかされる

「あなた浮気しているよね!」と言っても、パートナーに「していないよ」「誰と?」と言われてしまいます。
確実に浮気をしていても相手が分からない状態であると、相手に認めさせることが難しくなるでしょう。

浮気をしていることを知るとどうしても感情的になりがちですが、ある程度の証拠を集めてから浮気について話し合いを設けてください。用意周到にならないとうまくかわされたり、スルーされたりしてしまうことがあります。

浮気相手が分からないと慰謝料請求できない

浮気をされた場合、パートナーだけではなく浮気相手にも慰謝料請求ができます。しかし、浮気相手がいたとしても名前も知らなければ住んでいるところも知らない、電話番号も知らないのであれば何も動くことができません。

当然、パートナーは浮気相手ですから、相手の名前も住所も電話番号も知っていることでしょう。しかし、それを素直に教えてくれるような人ばかりではなく、絶対に教えない人もいます。

離婚をしないとしても、浮気相手だけに慰謝料請求はできるので、どうにかして相手の情報は得るようにしたいものです。

浮気相手がだいたい想像がつく場合は自分でも探せる

浮気相手がパートナーの行動範囲からだいたいの想像が付く、という場合は自分で探すこともできるでしょう。転勤がないような仕事や仕事上で外部の人と接触がないような場合は、人間関係もある程度固定されているからです。

仕事上でなければ趣味の集まりや同級生、飲みに行く人であれば行きつけの店などで出会うことがほとんどです。
なかには、出会い系というケースもあるので、スマホを片時も離さないようなタイプは要注意でしょう。

単身赴任中などで相手の想像が付かない

単身赴任先が遠い、こちらからいきなり行くこともできないし、自宅に戻ってくることもあまりないという場合、相手を自分で探すのも難しいでしょう。
実際に単身赴任をしているときに浮気に走るケースは多いと言われています。一緒に暮らしていないためバレにくいですし、独身気分となるからでしょう。

この場合はしばらく様子を見て浮気が収まるのを待つもしくは、相手探しをする場合は自分ではできないのでプロに依頼するしかありません。

浮気相手を知りたい!できることとは

浮気相手をどうしても知りたいという人と知りたくないという人がいます。どうしても知りたい場合はどうやって探せばいいのでしょうか。慰謝料請求を考えられている場合は相手が分からないと請求ができません。

探偵に依頼する

いちばん確実な方法は探偵に依頼するという方法です。浮気調査は探偵への仕事の依頼のなかでも半数以上を占めていることが多く、とくに難しい調査依頼ではありません。

探偵社はかなりの数あるため、どこを選んだらいいのかで悩まれる場合があるはずです。良心的な探偵社は無料相談を行っているので、それを利用して疑問点を解決してから契約するようにしてください。
探偵の場合は浮気相手の詳細な情報から浮気証拠写真まで集めてくれるので、慰謝料請求ができるような情報も集めることができるでしょう。

自分で尾行してみる

自分で相手を探すために動く方法もあります。相手が分からないため、パートナーを尾行することになるため、難易度が高めでしょう。何よりもパートナーにバレやすいため、トラブルに発展しやすいといえます。

また、パートナーが車で動いている場合は、バレない距離で尾行するなどプロさながらの技術も必要です。車でバレてしまうこともあるので、車をリースするなど事前に準備しなければなりません。

確実に浮気相手を探したいときに考えておくこと

確実に浮気相手を探したいという場合、名前を知っておしまいということはないはずです。浮気が確定された場合に、今後浮気相手に対してどのような行動に出たいと思っているのか、さらに今後の行動についてもある程度決めておく必要があります。

浮気をしていた場合にどうするのか決めておく

浮気をしていた場合は離婚するのか、離婚をしないのかについてまずは決めておかなければなりません。相手がいることなので、相手がどう出るのかが分かりませんが、自分の考えを持つことは必要でしょう。

パートナーと離婚するもしくはしないに関係なく、浮気相手を訴えることはできます。浮気相手に会ってから訴えるかどうか決めるという場合もあるでしょう。

離婚するつもり

離婚する場合はどのような条件で離婚したいのかはある程度考えておきましょう。
大まかにみて、子どもがいた場合どちらが育てることになるのか、資産の分配、持ち家であればどうするのか(そのまま住む、売る、賃貸に出すなど)です。

子どもがいる場合は、住む場所や学校の転校、養育費や面会の回数などを決めることは必要です。思ったより決めなければならないことも多く、スムーズに行くことは難しいため、裁判になるケースも見られます。

離婚しないつもり

離婚しないつもりだという場合は、パートナーとの関係性を再構築できるかどうかよく考えなければなりません。自分では離婚しないつもりだと思っていても、パートナーの態度次第では離婚するようなケースもあります。

また、浮気といっても明らかな遊びの場合もあれば、本気になっている場合もあります。本気の場合はパートナーとの関係性の再構築は難しいかもしれません。

浮気調査が得意な探偵に依頼する

浮気調査を依頼するなら探偵社を決めなければなりません。探偵社はどこも一緒ではなく、それぞれの得意分野があります。なかには、浮気調査専門というところもあるので、そのようなところであれば安心して依頼できるでしょう。

探偵社に調査依頼をすることはひとつの契約をすることになります。費用も決して安いものではないので、信頼できる探偵社を見つけてください。

まとめ

パートナーが浮気をしている場合、その相手を知りたいと思う人が大半です。慰謝料を請求する場合は相手を知らなければなりませんが、パートナーが白状しないこともあります。その場合は自分で探すこともできますが、探偵社に依頼する方が確実に調べてくれるでしょう。裁判を考えている人は、浮気の証拠も必要なのでプロに依頼して確実に準備してください。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn