証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

浮気調査が失敗に終わるときの5つの原因とは

浮気調査を自分でするのは難しいと言われており、多くの人は探偵事務所に依頼することが多いようです。しかし、プロである探偵事務所であっても、ときとして失敗に終わるケースもあります。やはり人が行うことなので100%ではないのです。どのようにして失敗となってしまうのか、失敗したときのその後についてまとめています。これらを参考にしてどの探偵社に浮気調査を依頼するのかを考えられてもいいでしょう。

自分で浮気調査をするのは難しい

「自分のちからでパートナーの浮気調査をしたい!」と思う人もいます。しかし、実際のところそれができる人はごくわずかであり、浮気相手を見つけ、浮気の証拠までしっかりそろえることができる人はかなり少ないと思われます。どうして自分で浮気調査をすることは難しいのでしょうか。

対象者にばれてしまう

失敗してしまう理由としていちばん多いのは、対象者にばれてしまうことです。夫婦や恋人の関係で尾行を行うため、顔がばれています。1回だけの尾行であればばれない可能性もありますが、証拠が欲しいという場合は何度も尾行することになるはずです。

顔がばれているからとの理由で変装をして尾行をするような人もいますが、少しくらい変装をしても体型やなんとなくの雰囲気で対象者にばれてしまうことも多いようです。自宅にもどってから、「尾行していたのは君だよね?」となってしまうこともあります。

まとまった時間が必要なので難しい

自分のちからで尾行をしたいと思っていても仕事をしている人はなかなか難しいでしょう。対象者の行動に合わせなくてはなりませんし、ある程度まとまった時間も必要となります。

また、子どもがいる人にとって何度も自宅を空けることは難しいといえます。子どもからパートナーにお出かけをしていることが伝わってしまうかもしれませんし、忙しく生活している合間に尾行ができるほど簡単なものではありません。

証拠が取りにくい

なんどか尾行を続けていると浮気の有無は分かるはずです。しかし、浮気の証拠写真を撮影するようなことはそう簡単にはできません。出来上がった写真がぼやけていたり、ふたりの顔がしっかり写っていなかったりと証拠として不十分なものになる可能性が高いでしょう。
かといって、近寄って撮影してしまえば尾行していることがばれてしまうため、限界を感じてしまうことがほとんどでしょう。

浮気の証拠として写真を撮っておけば、裁判をするようなことになった場合に動かぬ証拠として提出ができます。証拠がなければ浮気を認めない場合もあるので、確実に手に入れたいものです。

探偵が浮気調査を失敗した事例とは 

探偵が浮気調査をしたときに実際に失敗してしまった例について見ていきましょう。プロである探偵も足を使って調査するため失敗するような事例もあります。頻度としてはそう多くありませんが、実際にあった失敗について紹介しましょう。

車での尾行で取り逃がしてしまう

車での尾行は尾行のなかでもとくに難しいものです。ピタッとくっついて走っていると尾行がばれてしまうため、程よい距離で尾行しなければなりません。しかし、車の場合は信号がタイミング悪く赤になってしまうようなこともあり、取り逃がしてしまうこともあります。

また、車バレを防ぐために30分くらいの時間を決めて次々と車を変えていくような複数での尾行が行われることもありますが、この場合も密に連絡を取るため、運転手と助手席2人体制で尾行することがほとんどです。ばれずに取り逃がさないのはプロの探偵でもかなり神経を使うといわれています。

対象者に浮気調査をしていることがばれる

プロの探偵でも対象者に尾行をしていることがばれることもあります。ばれる場合は、だいたい対象者も浮気をしていることについて後ろめたいと思っているからか、挙動不審であったり、まわりを見渡したりするような状況が見られます。

もちろん、探偵の顔を見ても探偵なのかは分からないとは思いますが、確実に尾行されていると悟られてしまいます。この場合は頻繁に尾行することが難しくなるため、対象者の警戒心がなくなるようにしばらく調査もおやすみすることもあります。

証拠を取り損ねる

不倫をしていることははっきりしたのに、二人がホテルに入る写真を撮り損ねるようなこともあります。プロとして本来は許されない失敗ではありますが、ときとしてこのようなこともあります。証拠を撮るために再度チャレンジするしかありません。

しかし、浮気の証拠は写真ばかりではないので、同時にほかのルートからも調査を行っていきます。

駐車禁止などで警察に通報されてしまう

浮気相手との逢瀬を楽しんでいるとき、ホテルやマンションの外でいつ出てくるか分からない対象者を見張っておかなければなりません。しかし、長く車を停車させていると警察に通報するような人もいます。

駐車禁止などで警察に通報されるようなケースもあり、その場から離れないといけなくなります。この場合も浮気調査の失敗例のひとつです。

浮気調査の報告書が裁判で通用しない

いちばん残念なケースがこちらです。探偵社は数多くありますが、どの探偵社も真摯に業務にあたっているわけではありません。なかには、悪徳探偵業者も存在しています。仕事の仕方がいい加減、しっかり調査をしていなくて報告書に嘘を並べている、証拠集めそのものができていないケースもあります。

探偵社を選ぶときは信頼できるところに依頼するようにしましょう。実績があり、相談時の対応などを考慮して安心しておまかせできるところを見つけてください。

浮気調査で失敗したその後について

浮気調査で失敗してしまったとき、その後はどうなるのでしょうか。パートナーの浮気調査は早めにして欲しいと思っている依頼者が多く、とくに離婚を視野に入れた浮気調査であれば確実に証拠を手に入れてはっきりさせたいと思うはずです。

個人で失敗した場合

個人でパートナーの尾行をしていて失敗した場合は再度チャレンジすることは無理でしょう。この場合はプロに依頼するケースがほとんどです。すぐにでも依頼したいと思っていても、パートナーが警戒している可能性もあるので、多くの人はしばらく様子見をしています。

探偵事務所が失敗した場合

探偵事務所の浮気調査が失敗した場合、対象者にばれてしまったときは返金してくれるケースもあれば、一部返金、返金なしなどそれぞれの対応は違います。契約時に確認するようにしてください。

写真が鮮明でないなどの失敗の場合は再度尾行をしてチャンスをうかがっていくのが一般的です。

まとめ

浮気調査は難しいといわれています。対象者にばれることなく証拠を手に入れることはプロであっても上手くいかないケースもあります。とくに対象者が警戒心の強い場合や敏感な人物の場合は注意が必要です。なかには自分で尾行するという人もいますが、これは想像以上に難しいことは間違いありません。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn