証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

探偵になるためには資格が必要?民間資格も解説

探偵業は「特殊業務」の一つになるため、就職するためには「特別なスキルや資格」が必要なのでは?と思う人も多いと思います。今回の記事では、探偵になるための資格と、民間の探偵資格について、詳しく解説していきたいと思います。

探偵になるために資格は必要なのか

探偵で働く場合、「特別な資格」は一切必要ありません。アルバイト、パート、就職、いかなる雇用形態でも資格がなければ探偵業務につけないということはありません。ただし、個人で探偵事務所経営などを行う場合は「届出」を行う必要があります。

探偵事務所規定の採用規格は存在する

探偵で働く上で、特別な資格は必要ありませんが、探偵事務所によっては、採用基準が設けられているため、就職に向けて準備しておく必要があります。一般的に、探偵事務所では下記の項目が採用基準となります。

  • 年齢
  • 経歴
  • スキル(探偵業務に有利なスキル)

相談員であれば、性別年齢問わず採用する可能性がありますが、調査員は長時間の調査や、不規則な時間帯の行動などもあるため、比較的若くて体力のある人が採用されやすくなっています。また、過去の職歴や経歴などから、探偵業務にとって有益なスキルである場合は、採用確率が高くなります。
ただし、職歴などから採用率が上がるものは限定的なので、基本的には体力ややる気、向上心などが重要になります。

探偵に求められているスキル

探偵業務に資格は必要ありませんが、調査にあたって高度なスキルを求められるシーンがいくつも存在します。以下のスキルは探偵にとって必須であり、すでに持っている人ならば、探偵の資質があるといっても良いでしょう。

  • 鋭い洞察力
    調査には「洞察力」が必要不可欠です。尾行や張込みを行っていても、重要な瞬間を見逃してしまうようでは、調査員は務まりません。洞察力や観察力の強さは、探偵で働く上で大きなメリットになります。
  • 臨機応変な対応
    調査対象者は常に同じ行動をするわけではなく、時には全く違う行動を取る場合もあります。そうした場合に、臨機応変に対応できる対応力があると、探偵業務では正確な調査結果を出すことができます。
  • 対人スキル
    聞き込み調査では、「人から話を聞き出す」コミュニケーション能力が必要です。口の硬い相手でも、会話によって信頼を得ることで、本当のことを話してくれる場合もあります。
  • PC、機材スキル
    調査で使う特殊機材や、報告書をまとめる際に利用するPCなどを使いこなせるスキルを持っておけば、調査員だけでなく、事務員の仕事も請け負うことができるので、さらに採用確率が上がります。

全てのスキルが必要なわけではありませんが、これらのスキルを持っておくことで、探偵で働ける確率は大幅に上昇します。

探偵における民間資格の存在

探偵業務には「国家資格」などは存在しませんが、探偵能力を証明する民間資格が存在します。ここでは、民間の探偵資格である「偵調査探士」と「探偵業務管理者」について、解説していきたいと思います。
ちなみに、探偵と同じように国家資格がなく、民間資格が存在する業務には「筆跡鑑定」や「指紋鑑定」などがあります。

探偵調査士とは

探偵調査士とは、尾行、張込み、聞き込み調査、撮影といった調査技術が規定のレベル以上であると認められ、調査に関する法令に関する知識を有していると証明されている資格です。
探偵調査士になるためには、以下の条件が必要にあります。

  • 受験費用の準備・・・願書10500円:受験費用210000円
  • 筆記試験・・・択一式50問の出題から90%以上の正解率(2時間以内)
  • 実技試験・・・尾行、張込みに関する技能、カメラ、ビデオ取り扱い講習(2時間を2回、合計4時間)
    ※探偵業に5年以上従事していた場合は、筆記試験免除

民間資格とはいえ、探偵業務において、「事実上の免許」となるため、今後探偵事務所で働く場合も非常に有利な資格となります。探偵調査士の資格があるだけで、調査員としてのグレードアップにもなるでしょう。

探偵業務管理者とは

探偵に関連する各種の法令規則に関する知識と、内部管理体制強化、教育指導、適切な営業に関する知識が証明される資格で、個人の探偵事務所運営や、大手探偵事務所などで管理職を行う人向けのものとなっています。探偵業務管理者になるためには、以下の条件が必要です。

  • 受験費用の準備・・・願書10500円:受験費用105000円
  • 筆記試験・・・択一式50問の出題から95%以上の正解率(2時間以内)
  • 面接試験・・・関係法令に基づいた基本的な設問と講習(2時間以内)
    ※探偵業務に5年以上従事している場合は筆記試験免除

探偵調査士よりも、ハードルは低くなっていますが、探偵業務管理者の資格は3年という有効期限があり、3年ごとに講習を受けて更新する必要があります。こちらの資格も個人で運営する人や、管理職で働いている人には大きなメリットとなります。

探偵の資格を持っているとどんなメリットがあるのか

民間資格は、国家資格に比べて影響力が少ないため、「持っていても意味がない」というケースも少なくありません。しかし、探偵業界においては、現時点で唯一「探偵業務を証明する」ものなので、探偵業務に携わる人間にとっては大きなメリットとなります。

昇給や昇格

探偵業務には、明確なスキル判断をする方法があまり多くないため、昇給や昇格の審査が難しいところもあります。しかし、資格を持っていると、「調査員として信頼できる実力がある」と認められる可能性があるため、昇給や昇格の対象となります。

世間一般に周知させることができる

探偵業務が一般的に浸透しているとはいえ、未だに謎の多い職業であることは変わりありません。しかし、しっかりとした資格を持っていることで、探偵業務を周知させることが可能になります。探偵業務に偏見を持っている人にも有効な切り札となるでしょう。

まとめ

今回の記事では、探偵の資格について、詳しく解説させていただきました。現時点で探偵を証明する資格は、民間資格である「探偵調査士」と「探偵業務管理者」のみです。資格を保有していなくても、探偵業務に携わることは可能ですが、今後、昇格や個人事務所の運営を考えている場合は、とっておいて損はないと思います。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn