証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

反社と関わらないためにもしっかり素行調査をして相手を見極めよう

反社は様々な形で会社に忍び寄ってきます。今の時代は反社と関わってしまうと会社経営にも多大な影響を及ぼしてしまう可能性が高まります。行政指導や風評被害に悩まされる可能性があります。そうならないためにこれから関わる人が反社かどうかしっかり素行調査をして関わって良いひとなのか、それとも一切関係性を深めないようにするべきかを判断しなければいけません。

素行調査で反社かどうか見極める

反社は様々な形で一般社会で利益を得ようと企んできます。普段から意識をしていなければ反社の勢力だと分からないまま取引先として仕事上の付き合いをしていることも多いです。しかし今の時代はこれが認められなくなってきています。後から反社との関りが分かったとしてもちゃんと素行調査しなかったのが悪いと言われてしまいます。

様々な手口で自分の素性を隠すことに長けている反社の関係者は、いくら実績がある会社の幹部や採用担当者でも見抜くことが難しく、採用したり取引をしてから後悔することが多いです。後悔をしてやり直せるならまだ良いのかもしれません。酷い状況になると会社が倒産に追い込まれてしまうようなケースも十分にあります。それほど社会の厳しい視線に晒されてしまうリスクがあるということを十分に理解してください。

そのような最悪のケースに自社が巻き込まれないためにも、これから関りを持つことになる人の見極めはとても重要になります。特に反社と関わっていることが後から分かった場合、会社や団体に大きなダメージを受ける可能性が高いです。そうならないためにもこれから取引をしたり社員として採用をしようと考えている人物をすぐに信頼せずに、しっかり素行調査を行って相手の素行をしっかりチェックするようにしてください。少しでも怪しいと思ったら取引先になる予定の企業がどのような会社なのか必ず調査してください。

どのようなことを調査するのか

人物の素行調査をすると何が分かるかというと、その人の今までの経歴が分かります。その経歴の中に少しでも反社との関りがあることが分かれば関わらないほうが良いです。経歴だけでなく普段の生活状況を調査することで、見えない部分で反社と関わりを持っているかどうか判断することができます。

さらに交友関係も調査をすると普段どのような人物と関わっているかが見えてきます。その人が反社でなくても交友関係を調査していく過程で反社と関わっているようなことがあれば問題がある可能性が高まります。

問題が無いと判断できて初めて関われる

反社と関りがあるかどうかを見極めて問題が無いと判断して初めて関わって良いと割り切って素行調査をしてください。少しでも怪しいと思った人は調査をするべきです。反社であれば関係を断ち切るべきですし、反社以外にも半グレだったり犯罪に加担している人物であれば関わらないほうが無難です。その見極めをするのに必要なのが素行調査なのです。

取引先が反社と関わっていないか

個人だけでなく取引先となる予定の相手企業が反社と深く関わっていないかどうか調査をして判断しなければいけないケースもあります。だからこそ安心して取引先と契約をするために反射チェックをして怪しくないか判断しなければいけません。

手遅れになる前に対処すること

今の時代は反社と関わっただけで大損害に巻き込まれてしまう時代です。だからこそ反社と関わっている取引先だったことを知らなかったでは済まされません。後から取引先と契約解除しても関わっていたというだけで会社にダメージを与えてしまいます。

風評被害だけでなく行政処分を受けると会社の営業が滞ってしまったり、反社との関りを最も嫌う銀行からの融資を受けれなくなることもあります。そのようなリスクが後から迫ってくるからこそ反社と関りがあれば社会的信用を失ってしまいます。これが企業にとって一番のリスクとなります。個人が反社かどうか素行調査をするだけでなく取引先がどのような会社で悪い噂がないかどうかを見極めることも求められます。

取引後に怪しいと思ったらどうするか

もし取引をするようになってから怪しいと思うようであれば、即刻関係を断つことが求められます。ズルズルと反社と関係を続けてしまったら、何かあったときに会社へのダメージが余計に大きくなってしまいます。

契約後に契約を解消するのは簡単なことではありません。正当な理由が無いと解約できないので事前に契約書に反射に関する排除条項を盛り込むことが求められます。ただ怪しいと思うだけでは契約を解消することができません。取引先が反社との関りがある事実を立証してから契約を解除する必要があります。早い段階で解除することでリスクを最小限に抑えることができます。

もし反社だと分かったら

様々な形で一般企業に近づいてくる反社の組織と関りを持ってはいけません。調査会社からの報告で反社だと分かったらしっかりと情報を整理してから正しい判断をしてどうするか決めなければいけません。取引先の素行調査をして反社との関りが強まったら途中でも契約を即刻解除するべきです。自社の審査基準で調べたら反社との関りがあったという内容をそのまま取引先に伝えてください。

ズルズルと取引してしまうと後から戻れなくなってしまう状況に追い込まれてしまう可能性が高まります。顧問弁護士や警察に相談してどのようにすれば良いか必ず対処してもらうようにしてください。もし相手が契約解除に応じない場合は速やかに警察に状況を伝えて判断を仰いでください。

こちらの判断で契約を解除できるように契約内容をまとめておく必要があります。途中で反社と分かっても解除できない契約をしてはいけません。継続的に反社かどうか見極めるために素行調査を継続することも重要です。

まとめ

反社との関りは大きな被害を及ぼす可能性が高いです。だからこそ自社が巻き込まれないように相手の社長や経営幹部を中心として反社と関りが無いかどうかを必ずチェックしてください。そうすることで自社が被害に巻き込まれないようにすることができますし、風評被害などから会社を守ることもできます。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒素行調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn