証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

興信所で1日だけの調査は可能?調査費用と解決のためにできること

興信所の依頼はどんなものでも基本的に、1週間から数ヶ月は調査に時間をかけます。
特に、浮気調査や企業調査のように証拠になるものを複数押さえる必要がある調査は、ある程度時間をかけてしっかり証拠を集めた方がいいです。
しかし興信所では、依頼主から1日だけの調査は可能なのかという相談を受けることがあります。
依頼を受けることはできるのですが、1日だけで調査を成功させることはできるのでしょうか?
1日の調査で解決できる可能性があるものも合わせて見ていきましょう。

1日だけの調査で成功することはあるのか

興信所では1日だけの調査も受けることはできます。
しかし、興信所は1日だけの調査を行って成功することはあるのでしょうか?

1日だけで調査を成功させるのは難しい

結論から言うと、1日だけで調査を成功させるのは難しいです。
理由は、どのような調査も情報を集める事前準備が必要になるからです。
証拠を確実に掴むために興信所は情報を集めて、必要な調査員を配置したり機材を用意したりします。
そして複数回の調査を行い、証拠を確固たるものとします。
しかし、1日だけの調査となるとそもそも証拠を掴むことができるかどうかも怪しいです。
急ぎの調査だとしても、これでは費用の無駄になってしまう可能性が高いです。

1日で調査を成功させるためにはたくさんの情報が必要

それでも1日だけの調査を行う場合は、興信所に渡す情報をあらかじめ多く用意する必要があります。
興信所はどんなに小さな情報でも集めて、他の情報と組み合わることでヒントを得て調査の成功に近づく道筋を立てます。
調査を成功させたいなら、依頼人の協力も必要不可欠です。
スムーズに調査ができるよう情報は事細かに、興信所の調査員から聞かれたことには詳細に答えられるようにすると、調査の成功率を上げることができます。

浮気調査の場合は1日だけでは証拠能力が弱い場合も

もしも1日の調査で浮気の証拠を掴むことができたとしても、裁判で使う証拠としては証拠能力が弱い可能性があります。
浮気が長期的だったとしても1回だけの調査の証拠では、会ったのは1度だけという言い訳が通ってしまいます。
また、浮気相手が複数人いる場合は1回の調査では特定できないことも問題点です。
証拠能力を強めて裁判で使う為には、「浮気をした事実が複数回あること」、「長期的な交際であること」、「第三者機関(探偵)でその事実を正式に調査報告書としてまとめていること」等になります。
浮気調査だけでなく、その他の証拠を掴みたい調査依頼も1日だけでは証拠能力が弱い可能性があります。

1日だけの調査で解決できる可能性があるもの

実際に1日だけ調査を依頼したら、解決できる依頼はあるのでしょうか?
解決できる可能性があるものを挙げていきます。

浮気をしているという事実を突き止める

この日に浮気をするだろうという日が特定できれば、調査員は尾行をして写真や動画などで証拠を押さえることができます。
ただし、1回だけの調査なので前述した通り裁判で使う証拠としては弱いです。
別れるために浮気をしているという事実を突き止めたいだけであれば、1回の調査でも問題ありません。
調査の目的によって依頼日数を決めるのはアリだと思います。

逃げたペットを探す

興信所の中には逃げたペットを捜索する仕事を受け付けているところもあります。
人の行方調査と同じく、ペットの捜索も早めに相談したほうが見つかる確率は高くなります。
人と違う行動としてペットは意外と家から離れることはなく、家の近辺で見つかることが多いです。
それほど行動範囲が広くはないので、数時間探すことで解決できる可能性があります。

その他の調査には時間がかかるものが多い

興信所の調査には、素行調査、雇用調査、企業調査、行方調査など多岐にわたります。
その調査のどれもが、時間をかけて証拠を押さえたり必要な情報を集めたりします。
最低でも1週間、長期的になると数ヶ月は期間が必要なので、1日の調査では厳しいです。
調べて欲しいことがある場合は、期間に余裕を持つことが大切です。

1日の調査で成功する確率を上げるための情報の集め方

1日の調査で成功させるのはプロでも難しいです。
しかし、それでも依頼をして成功率を上げたいのであれば、自分で集める情報が重要になります。
基本的な情報から細かい情報まであれば、興信所も最善な解決策を考えることができるからです。
少しでも調査を成功する確率を上げるための情報の集め方を、浮気調査を例にして見ていきましょう。

習慣やいつもと違った行動を把握する

特定の曜日だけ仕事から帰ってくるのが遅い、時々身だしなみをいつも以上に整えることがあるなど、違和感がある行動があればチェックしておくといいでしょう。
帰りが遅くなるのは会社の都合のため、身だしなみも重要な会議に気合いを入れるためなど理由があるかもしれません。
しかし、特定の日だけ習慣化した行動や、いつもと違った行動が浮気のタイミングという可能性もあります。
把握するために手帳などに記すことで、行動のパターンが見えてくることがあります。
重要な情報となる可能性が高いので日頃からこまめにチェックしましょう。

レシートやカードの履歴を確認する

自分とではない誰かと行った2人分の食事のレシートや、宿泊施設を利用したレシートは取っておくと情報として役立ちます。
また、クレジットカードの利用履歴を確認して怪しい箇所にチェックしておくのも有効です。
誰かと行動を共にしている形跡があることを確認するための情報として、レシートやカード履歴が役に立ちます。
レシートを集める際は、相手に勘付かれないように慎重に集めないと、警戒されて浮気をする日が掴めなくなる可能性があります。

やってはいけない行動

確実に証拠を掴みたいがために集めた情報が違法性のあるものの場合、興信所は依頼を受けることができなくなります。
ロックをかけてあるスマホやパソコンを無断で解除して勝手に中身を見たり、GPSアプリを勝手にインストールして居場所を特定したりすることは違法です。
このような行為はプライバシーの侵害にあたり、違法行為で集めたものは証拠としても使えず、逆に訴えられる可能性もあります。

まとめ

興信所への依頼で1日だけというのは珍しいです。
興信所を選ぶための見積もりや調査をする前のヒアリング、事前に集めるべき情報など、依頼する前から時間がかかるものです。
依頼は余裕を持って、自分の目的が達成できるように努めましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn