証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

怪文書の送り主を逮捕してもらうことは可能?もしもの時の解決策は

怪文書を送る人の目的や心理というものはそれぞれ違うでしょうけれど、受け取った人としては嫌な思いをすることが多いかと思われます。怪文書を何度も送り付けられたりすれば気味が悪いですし、送り主が怪文書を送付する以外の嫌がらせをしてくる可能性もあり、早く解決したいと考えるでしょう。怪文書の送り主が逮捕されれば安心できると思いますが、怪文書という事実だけで逮捕は可能なのでしょうか。こちらの記事では怪文書による逮捕の可否から正しい対策について解説します。

怪文書の送り主を逮捕してもらえるか

怪文書の送り主を逮捕してもらえるかどうかについては、「逮捕できる場合もある」という答えになってしまいます。怪文書を送付、投函することにより犯罪となる可能性があるのですが、警察がすぐ捜査してくれるとは限らないからです。どういうことなのか以下で詳しく解説していきます。

怪文書の罪

怪文書の内容や送り付ける方法によっては刑事罰にあたる可能性があります。たとえば怪文書で社会的な評価、名誉を傷付けるような内容が書かれていれば名誉棄損罪となる可能性があるのです。そして書かれている内容が具体的なものであったなら、それが嘘か真実か関係なく罪となります。また無関係な第三者の名前を使用することで、名前を使われた人への名誉棄損罪が発生することもあるのです。内容が具体的ではなく、ただの悪口だった場合には侮辱罪となります。そして財産や自由、身体や命を脅かすような内容が書かれていたら、それは脅迫罪です。怪文書が郵送であった場合は違いますが、直接投函されたものですと住居侵入罪、または建造物侵入罪にあたる可能性が出てきます。この罪は他人の建造物や敷地へ勝手に立ち入ることのほか、侵入しようとしただけでも成立するのです。

警察がすぐに捜査しない理由

罪ではあるけれど警察に相談してもすぐに捜査してもらえない、被害届を受理してもらえないことがあります。主な理由としては以下のものです。

  • 緊急性がないと判断された場合
  • 送り主を特定する証拠がない
  • 明らかに事件性があると認められない

警察は怪文書においては、多くの場合で犯人逮捕に至るような捜査はしてもらえないようです。してくれることと言えば、パトロールを多少強化してくれる程度なので、なかなか解決とはならないでしょう。しかし、怪文書の送り主が今後どのような行動に走るのかに備え、警察に相談しておくことは必要です。警察に相談しているという事実が犯人への抑止力ともなり得ます。どうせ逮捕できないからと警察に相談しないのではなく、怪文書が届いたらなるべく早く相談に行きましょう。

怪文書の送り主逮捕に向けて自分がすべきこと

なかなか逮捕ができないとしても警察に相談し、その後、自分自身も冷静に行動しておく必要があります。少しでも解決に向かうよう、できることはやりましょう。

怪文書の原本はコピーを取って保管

怪文書の原本は大切な証拠品です。送り主の指紋や筆跡、送り元の消印など重要な手掛かりが残されていることがあります。気味が悪いので捨ててしまいたいと思うかもしれませんが、なるべく届いた時の状態を維持したまま袋などに入れて保管しておきましょう。捜査してもらう際に怪文書の内容を確認することもあり、外に持ち出すことがありますので、コピーを取っておき、そちらを持ち出すようにするのがおすすめです。コピーを取る際には手袋を着用するといいでしょう。

犯人がどこからか見ているかもしれないと意識する

怪文書の送り主がどこからか監視している可能性があります。相手を刺激しないよう、目立つような行動はしない方がいいです。嫌がらせがエスカレートするかもしれません。自分で犯人を捕まえようと待ち伏せする、証拠を集めようと監視カメラを取り付けるなどは、その行動自体を犯人に見られていたら無意味ですし危険です。

やたらに怪文書のことを他人に話さない

誰が犯人なのかわからない状況下で、他人に怪文書のことを話してしまうのはよくありません。行っている対策や調査内容が犯人に伝わる可能性があるからです。不安な気持ちから誰かに話したくなるということもわかりますが、早期解決のためにもそこは注意しましょう。また犯人を勝手に推測して、他人に言いふらすこともいけません。推測に間違いがあったときや証拠が不十分であれば逆に訴えられてしまう可能性があります。

家族には相談しておく

犯人が自分のことをどこまで知っているかはわかりませんが、所在地を知られているということなら家族にも影響が起こるかもしれません。同居している家族でしたらなおさら隠していても仕方がないので、事が起こって慌てる前に話しておくべきです。

探偵の調査が大きな力に

警察がなかなか捜査をしてくれない可能性について前述しましたが、警察にすぐにでも捜査してもらいたいと思うなら、まずは探偵を頼ることをおすすめします。

確実な証拠集めが可能

揺らがない証拠があれば警察もすぐに捜査してくれるでしょう。しかし自分で証拠を集めるのは大変なことです。どのようなことが証拠として使えるものかの判断ができない、調査が不十分、相手にバレてしまう危険性など、素人の調査では不安要素が多々あります。その点、探偵は調査のプロです。これまで培った経験とノウハウから確実に証拠を集めます。聞き込み、張り込み、尾行など素人では難しい調査方法を駆使し、安全に調査します。それも法律に則った調査ですので安心して任せられるのです。

安心を手に入れる

怪文書を受け取っても誰にも相談できないというのは、かなりのストレスを感じます。ですから探偵に話してそのストレスを緩和しましょう。多くの探偵事務所で無料相談を行っていますので、相談だけでもしてみることをおすすめします。有益なアドバイスをもらえることがありますし、本気で逮捕してもらいたいと思うのであればその場で証拠集めの依頼をするといいです。

まとめ

ここまで怪文書の送り主を逮捕できるかどうか、逮捕してもらうための対策について解説しました。怪文書を受け取るとパニックになってしまうという人もいるかと思いますが、まずは冷静になりましょう。証拠を集めて警察に届けることで怪文書の送り主を逮捕してもらえることも期待できるのです。まずは怪文書の保管、警察に届け出をして、証拠集めは探偵に依頼します。一刻も早い解決に向けて正しい対策を講じましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn