証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

どのような犯罪が該当するか背任と詐欺の違いについて理解しよう

雇用主と雇用される側の信頼関係が成り立って仕事を請け負う形で就職をしますが、これが自分や第三者の利益のため、目的のために雇用主を裏切り会社に損害を与えるのが背任という罪になります。似たような罪に詐欺罪というものがあります。この2つの罪がどのような違いがあるのかを解説します。

背任罪とは

背任罪とは信頼関係がある中で仕事をしている従業員が、自分だけでなく第三者の利益などの目的のために、会社などの相手を裏切って何かしらの損害を与えてしまう行為を背任罪と言います。基本的に引き受けた仕事は会社の思い通りにやらなければいけません。しかしそれを裏切って結果的に損害を与えてしまう罪になります。

背任罪が該当する人は雇用されている会社や雇用主のために仕事をしていることが求められます。詐欺は仕事をしていない場合でも罪が成立するケースが幅広い条件でありますが、背任罪は必ず仕事をしている人が裏切る行為をするシチュエーションの条件が揃っていなければいけません。

背任の罪に問われやすいのが事務仕事や経理の仕事をしている人です。その立場で仕事をしている人は自由に会社のお金を動かすことができるので、会社と雇用主という信頼関係があればなお更仕事を任せられてお金の流れの管理がしやすい状況になる可能性があります。

必ず損害が発生することが条件

背任罪の基本となる考え方は自分が会社などの利益を得るための目的があることが必要ですが、それだけでなく利益を得たことで会社などが損害を被ってしまうことで背任罪が成立します。会社などに恨みがあって損害を与えることだけが目的であっても背任罪が成立することもあります。

どの線引きで背任罪が成立するのか

背任罪と詐欺罪と横領罪を混同している人がいますが、原則として会社や団体などの組織に大きな損害を与えてしまったら背任罪に問われると思ってください。そして与えられた仕事をちゃんとやらないで自分勝手に任務に背いた行為をしてしまうと背任罪に該当する可能性があります。
わざと私欲のために仕事内容を自分勝手に変更して任務に背くような行為が結果的に起業や団体などの組織に大きな損害を与えてしまい、結果的に本人に背任罪が適用されて逮捕されてしまうケースもあります。

注意点として背任の意図が全くなければ罪が適用されないところも、どの線引きで背任罪が成立するか難しいところです。真面目に仕事をしている人がただ失敗しただけで損害が発生しただけでは背任罪が成立しません。ここの線引きが難しいところではありますが、一生懸命真面目に仕事をしていれば仮に自分のミスで損害が出てしまっても背任罪に問われることはないので安心してください。

詐欺罪とは

最近では詐欺罪で加害者が逮捕されるニュースも多いですが、この詐欺罪は相手が思わず自分の財物を提供したくなるように意思を起こさせる詐欺行為を働かせ、相手を信用させて錯覚・錯誤に陥らせて財物を交付されてしまうのが詐欺罪に該当します。

詐欺の定義も幅広く、飲食店での無銭飲食も詐欺に該当するケースがあります。原則的な考え方として必ず支払えるだけでのお金を持って飲食店に入店するのが普通ですし、支払える金額を注文したと思って料理が提供されます。それが食べ終わってからお金が無いというのはお店を欺く行為と見なされて詐欺罪が適用されることがあります。さらに最近では振り込め詐欺のような組織的で計画的な犯罪も多数あります。そのような行為が多くの人を欺き騙して多額の現金を奪ってしまうのが詐欺罪に該当します。

手口が巧妙化してきている詐欺罪

最近では組織的犯罪も多くて様々な新手の手口が増えてきています。個人で詐欺をする者もいれば複数の人物が関わっている詐欺事件もあります。騙された側は途中で気づくことなく自分にメリットがあると信じて自分のお金を支払ってしまうなどの被害に遭ってしまいます。

詐欺は最初から犯人が被害者を騙すつもりで犯罪行為をします。その結果被害者が騙されてしまいます。ただ騙されただけでなく自分の財産を犯人や第三者に渡してしまうと詐欺罪が成立します。詐欺のすごいところは怪しいと思わずに被害者を信じ込ませてしまうところです。気が付いたときにはもう手遅れで自分のお金が奪われています。

詐欺罪の実例

会社や団体などの組織に所属し、与えられた仕事をしないで意図的に利益を得るために行為をした結果会社に損害を与えてしまうのが背任罪に該当する行為です。しかし様々な場面で行われる詐欺罪は背任罪よりも種類がたくさんあり、巧妙な手口で被害者が騙されてしまう可能性があります。

近年問題視されている振り込め詐欺やオレオレ詐欺に代表されるような、高齢者が簡単に騙されてしまうのは今の時代だけでなく昔からよくある詐欺の手口です。危機意識が薄れている高齢者を狙った詐欺の被害がいつの時代も話題になります。この他にも今問題になっている給付金や還付金の詐欺や、生命保険や自動車保険などの保険金詐欺などもあります。

人を欺く行為は絶対に許されない

背任罪は会社に大きな損害を与えてしまいます。詐欺は他人を騙して悲しい気持ちにさせるだけでなく財物を奪い取ってしまう行為です。加害者がいれば被害者もいるので人を欺く行為は絶対に許されるものではありません。

それでも被害に遭ったら加害者が刑罰を受けることになります。背任罪は5年以下の懲役か50万円以下の罰金になります。詐欺罪は10年以下の懲役となっています。詐欺罪は被害額が大きければ刑期が長くなると言われています。また初犯と2回目以降の累犯で刑期が変わってきます。

背任よりも詐欺のほうが何度も繰り返される可能性が高いです。一度刑に服して出所しても再び詐欺行為を働く人もいます。それほど様々な方法があり巧妙な手口で被害者を騙します。

まとめ

背任罪も詐欺罪も人を欺く行為で絶対に許されるものではありません。意味合いが違っても背任でも詐欺でも必ず被害者がいて損害を被ってしまいます。自分の私欲のために他人を巻き込んで犯罪に及んでしまうのを防ぐために、背任や詐欺に騙されないように被害者になり得る人が細心の注意をしなければなりません。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn