証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

素行調査の依頼は口頭で締結される?契約時に必要な書類とは

素行調査の依頼を検討している人の中には、契約に必要な書類について気になる人もいるのではないでしょうか。素行調査は高額な費用が発生するので、「口頭で契約しても問題ないのか」と心配になる人もいるでしょう。素行調査の契約時には探偵業法で定められた書類の提出があるのでご安心ください。ここでは、素行調査の契約時に必要な書類の内容、素行調査の種類について解説します。素行調査の依頼を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

素行調査の契約時に必要な書類とは

ここでは、素行調査の契約時に必要な3つの書類について説明します。

  • 重要事項説明書
  • 調査委任契約書
  • 調査目的確認書

それぞれ説明しますね。

重要事項説明書

探偵業法では素行調査の契約時に、依頼者に重要事項を説明することが定められており、重要事項に関する書面を交付して説明しなければなりません。重要事項説明書に記載されている内容には様々なものがあります。重要事項説明書に記載されている内容の一部を紹介します。

  • 探偵事務所に関する内容
  • 個人情報の取り扱いについて
  • 素行調査に関する内容
  • 調査にかかる費用
  • 探偵業務で作成した資料について

探偵の調査は費用がかかると同時に多く個人情報の取り扱いもあるので、トラブルにならないように重要事項説明書の内容はしっかり確認するようにしましょう。

調査委任契約書

調査委任契約書の内容は探偵事務所によって異なりますが、文書を通じて契約を締結する内容は共通しています。素行調査の目的や法令順守に関する内容が記載されており、調査方法に関する条件や調査報告の方法についても記載されています。調査委任契約書は重要事項の説明後に交付される書面ですよ。

調査目的確認書

探偵業法に基づいて契約を締結する際、依頼者に調査結果を悪用しない旨を約束してもらわなければなりません。調査目的確認書は「探偵業法に基づいた調査のみ行なう」「調査結果を違法に扱わない」などが記載されています。調査目的を明確にして、個人情報を適切に取り扱うための宣誓書としての役割だといえるでしょう。

素行調査の種類とは

素行調査を検討する理由は人によって異なりますが、依頼する内容は大きく3種類に分類されます。

  • 不正行為の立証
  • 素行状況の確認
  • 接触人物の確認

それぞれ説明しますね。

不正行為の立証

素行調査を検討している人は、調査対象者の不正行為の証拠を入手したい人もいますよね。不正行為は立場や状況によって異なりますが、不貞行為や社内不正などが挙げられます。自分で調べる場合、調査対象者に警戒されることで証拠が入手できなくなるかもしれません。探偵は熟練の技術やノウハウがあるので、警戒されることなく証拠を入手できる可能性が高いです。不正行為を立証するためには動かぬ証拠が重要なので、探偵に依頼する人が多いですよ。

素行状況の確認

素行調査は調査対象者の普段の行動を把握することができ、素行状況を確認することができます。従業員の仕事ぶりや子どもの非行など、確認したい素行状況は人によってさまざまです。探偵は契約締結時に状況確認を行ない、見合った調査方法を提案します。素行調査をする上で、調査対象者との関係性も重要な要素になりますよ。

接触人物の確認

素行調査を検討している人の中には、調査対象者の交友関係を知りたい人もいるのではないでしょうか。交友関係によっては犯罪などのトラブルになることもあり、浮気調査も素行調査の一環だといえます。スマホが普及している現代社会において、SNSやメールで気軽に交友関係を広げることが可能です。調査対象者の接触人物を確認したいのであれば、素行調査を依頼するのがおすすめですよ。

法的に認められている素行調査とは

探偵による素行調査は探偵業法に基づいており、法的に認められた調査方法となります。調査対象者の個人情報に関わる調査なので、プライバシーの侵害などの違法性について心配する人もいますよね。探偵の調査は合法であり、法令遵守しているので心配する必要はありませんよ。法的に認められている素行調査は3つの方法で調査対象者を調査します。

  • 尾行
  • 聞き込み
  • 張り込み

それぞれ説明しますね。

尾行

探偵は調査対象者を尾行することで、日頃の行動や交友関係を調査します。尾行は複数人のチームで行なうので、調査対象者を見失うことなく効率的に情報を収集できます。適度な距離感で死角を利用しながら尾行するので、調査対象者にバレることもありません。尾行は調査対象者の素行を把握するために重要な調査だといえるでしょう。

聞き込み

調査対象者の素行を調査する上で、どのような人物なのかを知っておく必要があります。調査対象者の評判や人間性を把握するためには、知人や周辺人物への聞き込みが有効です。尾行調査で得られた情報を基にして調査対象者の交友関係も調べ、働いている店舗の従業員や周囲の人物に聞き込みを行ないます。

張り込み

例えば不貞調査等の場合、調査対象者の行動を把握し、特定の異性に関する情報を入手したら張り込みを行ないます。張り込みをすることで、調査対象者とパートナー以外の異性が2人で密会現場に出入りする瞬間を静止画や動画で入手することが可能です。言い逃れができないように、2人で密会している滞在時間も計測しているので浮気の証拠になります。張り込みは建物の死角から撮影し、ほぼすべての出入口にも複数人の探偵が張り込んでいるのでほぼ確実に証拠を入手できますよ。

まとめ

素行調査に必要な書類は契約的結前に交付される「重要事項説明書」と契約締結後に交付される「調査委任契約書」、宣誓書としての役割を果たす「調査目的確認書」の3種類となります。素行調査を検討する理由は人によって異なりますが、調査対象者の不正行為の証拠入手や交友関係の把握という点で共通しています。探偵による素行調査であれば探偵業法に遵守しているので、法的に認められた方法で調査を行ないます。合法的に情報を入手したいのであれば、探偵に素行調査を依頼するのがおすすめですよ。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒素行調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn