証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

横領罪の刑期はどれくらい?捕まってしまったらどうする?

人のものを自分のものとして使うことで罪になる「横領罪」。その多くは「示談による解決」などが多く、刑事事件として扱われるものは「高額な損害」の事案が多いでしょう。実際に横領罪で捕まってしまった場合、どういった量刑になるのでしょうか。今回の記事では、横領罪の刑期と、捕まってしまった場合について、詳しく解説したいと思います。

横領罪の種類

横領罪は、刑法第二編「罪」から第三十八章「横領の罪」までに定められた罪のことで、色々な種類がありますが、簡潔にお伝えすると「人のものを自分のものにする行為」が横領罪となります。ここでは、横領罪の種類と内容について解説します。

3つの横領罪

単純横領罪

財布やスマホ、衣類や相手の所有物など、その場で落ちているものなどを拾って自分のものにする行為は「単純横領罪」に該当します。世間一般的に言われる「横領」はこれに該当し、一般人をはじめ、全ての人に可能性のある罪です。

業務上横領罪

会社、企業などで発生する横領罪で、被害額が大きく、大手企業であればニュースになりやすい事件でもあります。業務中に企業の所有物(株、証券、金品)を自分のものにする行為が「業務上横領罪」に該当することになります。

遺失物等横領罪

不法投棄された電化製品、車、バイクなどを自分のものにしたり、川、海から流れ着いた他人のもの(明確な財産的所有物)を自分のものにしてしまった場合は「遺失物等横領罪」に該当します。こちらは所有者の手を離れているものが該当するため、所有者を認識できる確実な情報や、財産的価値のあるものでなければ適応されることはありません。(価値の低いもの、所有者を特定できないものに関しては該当しない)また、財布、スマホなどの拾ったものにこちらの罪が適応されることもあります。

横領罪の種類で何が違うの?

犯行方法が違う

横領罪の基本である、「人のものを自分の所有物にする」という点は全て同じですが、犯行方法がそれぞれ違います。

  • 単純横領罪・・・・拾ったもの、人から借りたものを自分の所有物にする行為
  • 業務上横領罪・・・・企業が所有しているもの(財産)を自分の所有物にする行為
  • 遺失物王朝材・・・・漂流物や、他人が無くしてしまったものを自分の所有物にする行為

また、これらの横領罪では量刑も違っており、刑期や時効期間についても大きく変わっています。

横領罪の刑期

横領罪に問われた場合、どのくらいの刑期を課せられることになるのでしょうか?ここでは、横領罪の内容別に刑期について、解説していきたいと思います。

横領罪の刑期

単純横領罪の刑期

単純横領罪の場合は、5年以下の懲役に処せられることになります。初犯や、やむ終えない事情があった場合には執行猶予がつくこともあり、実刑判決になるのは「再犯」や「悪質性の高いもの」となります。

業務上横領罪の場合

単純横領罪の倍である、10年以下の懲役に処されます。これは、企業からの横領による被害額が、単純横領罪に比べて、遥かに高額であることと、大手企業であれば、社会的影響力が大きいといった理由から、こうした刑期が設定されているものと思われます。

遺失物横領罪の場合

こちらは、上記二つの罪と異なり、1年以下の懲役または10万円以下の罰金となっています。こうした刑期の背景には、漂流物や遺失物が所有者から離れた期間や、所有者の特定が困難であるなどの理由が考えられます。実際に所有者が被害届を出していることも少なく、犯人も「奪っているもの」だと自覚していないことも多いのが特徴です。

横領罪の刑期が伸びることはある?

基本的に、上記で示した刑期よりも重い刑が課せられることはほとんどありません。横領罪の中で一番重い「業務上横領罪」であっても、最大10年以上伸びることはありません。ただし、複合的な犯罪の場合は、「横領罪+別の罪」の量刑を複合する場合もあるため、絶対に伸びないとは言えません。

横領で捕まってしまったら?刑期を短くする方法

もし横領で捕まってしまった場合、刑期を短くする方法があるのでしょうか?また、「横領をしていないのに捕まってしまった場合(冤罪)」などの対処法も含めて解説していきたいと思います。

刑期を短くする方法

公訴して異議申し立てを行う

判決に納得がいかない場合は、「公訴」を行い、次の裁判で戦う準備を行ってください。横領罪の裁判では「犯行の悪質性」や「犯行状況」などが加味されるため、探偵や弁護士と協力して、「新たな証拠」を見つけるようにしてください。

模範囚となり、刑期を短くする

刑務所では、仮釈放における「改悛の情」というものがあり、刑務所内で問題を起こさず、「模範囚」として過ごすことで、本来の刑期よりも早い段階で「仮釈放」の権利を獲得することができます。
一般的に無期懲役の場合は10年、懲役刑の場合は量刑の3分の1の期間で仮釈放の権利を獲得できると言われています。ただし、実際には無期懲役で20年前後、懲役刑では7分の1以上の期間を過ぎないと、仮釈放の権利を得ることはできないようです。

冤罪によって刑事告訴されてしまった場合

罪を犯していないのに、横領罪の罪で逮捕起訴されてしまった場合には、弁護士を立て、探偵に調査を依頼することをおすすめします。起訴されてしまった段階で、「警察の事件調査」は終了してしまう可能性が高く、冤罪であっても、無実を証明する証拠を探すのは非常に困難になります。
そこで、冤罪に強い弁護士に弁護を依頼してもらい、事件調査を探偵業者に依頼するという方法をおすすめします。探偵であれば、警察が見つけられない証拠や、新たな事実を見つける可能性もあるため、事件の真相を突き止めることができるようになります。
事件に有利な証拠が見つかれば、弁護士の協力によって、不起訴にすることも可能になるでしょう。

まとめ

今回の記事では、横領罪の刑期について、詳しく解説させて頂きました。横領罪の罪は重く、単純横領罪でも、最長5年の懲役刑に課せられてしまいます。「情状酌量」によって、損害被害額を弁償する「示談交渉」や執行猶予といった可能性もありますが、あくまで可能性なので過信することは禁物です。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn