証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

なぜ男子も女子も浮気をしていることがバレるのに匂わせてしまうのか

浮気をしている本人が気づいてほしいと言わんばかりに匂わせたり、浮気をしている相手が匂わせたりするケースがあります。浮気をしているというアプローチをしているので、浮気をされた側が匂わせに気付くことができれば問題を解決することもできます。どのような匂わせ方をするのか、そしてどのように解決すればいいかを解説します。

浮気を匂わす

最近では芸能人の不倫問題でも話題になることが多い匂わせですが、SNSなどが盛んに行われている中で、浮気をしている当事者同士しか分からないような言葉や写真などをSNSにアップして余韻に浸っています。こんな有名人と付き合っていると多くの人に言いたいけど、浮気をしている罪悪感もあるのであえて匂わす行為を繰り返します。

浮気をしているスリルを楽しむかのように匂わせる人がいます。当然バレる可能性が高まりますが、それでも匂わして二人がいけない関係だということを知ってもらいたいような行動に出ることがあります。バレるかバレないかのギリギリのところで匂わせて楽しんでいるので、浮気をしている人や浮気をしている相手も性格が悪いことが伺えます。

人に言えない関係だからこそ浮気をしていることを他人にバレないようにしなければいけないはずが、我慢できなくて誰かに知ってもらいたいという承認欲求があって匂わせる人もいます。また浮気をしていることが特別なことだから知ってほしい、自分だから浮気ができるんだと勘違いをしている場合も匂わせる可能性が高いです。浮気でも好きな人が出来たら我慢できずにその存在を知ってほしいがために、それがいけない関係であっても匂わせて幸せアピールをする人もいます。最初はちょっとした匂わせだったのに、段々とエスカレートしてきて、浮気をされた被害者も分かるような内容を平気でやってしまう人もいます。

浮気をしている本人が危険を冒してまで匂わせることはほとんどありません。しかし不倫相手が匂わすことが圧倒的に多いので、そこに注目して証拠として残しておけばその後の慰謝料請求などで役立ちます。

どのような人が匂わせるのか

浮気相手の女性の特徴

自分は特別なことをしていると勘違いをしていて、さらに自分を認めてほしいという承認欲求や、自分だから不倫相手がいるんだというプライドが高い人が匂わせる傾向があります。最近ではSNSなどを利用する人が増えていますが、普段自分が使っているものをちゃんと正面から紹介しなかったり、SNSにアップする写真にさりげなく自慢したいアイテムを写したりしている人は、多くの人に知ってもらいたいけどストレートに伝えるのが苦手な人が匂わせる傾向にあります。

自分だからこの人と浮気ができるんだという自信があるのに、浮気をしていることに罪悪感があればその間で知ってもらいたい気持ちと隠したい気持ちがぶつかり合いSNSなどの投稿でわざと匂わせるような行動を取ってしまいます。気付いてほしいのとスリルを味わいたいという思いが交錯すると、匂わせがどんどんエスカレートしていきます。自分の承認欲求が強くなれば他人に浮気であっても他人に認めてもらいたい、付き合っている人がいて自分も幸せだということを知ってほしいという思いが強くなります。

SNSなどの投稿頻度が高くなるだけでなく、より過激な投稿内容になる傾向があるので、誰が見てもこの人は付き合っている人がいると分かりますし、浮気をされている被害者もより過激な匂わせの投稿を見つけやすくなります。

浮気をした男性の特徴

匂わせれば浮気をしていることがバレてしまうのにも関わらず、当事者本人が調子にのって匂わせてしまうこともあります。浮気であっても相手にのめり込んでしまえば恋愛が楽しくて嬉しくて燃え上がってしまい、この感情を抑えることができなくて匂わせてしまう傾向があります。

浮気相手だとまだ理性が働いてブレーキをかけることもできますが、浮気をした張本人は燃え上がってしまうと周りが見えなくなり浮かれて、浮気なのについ自慢したい欲求が我慢できずに自分がいけないことをしているとアピールします。これは浮気をされた被害者も普段と違う行動だと気づけば浮気をしていることが分かってしまう愚かな行為です。

匂わせも証拠になる

浮気をされている被害者相手の匂わせに気付いたら、後々立派な証拠になる可能性があるので、その内容をメモしたりSNSの投稿であればスクリーンショットなどで画像として記録に残しておきましょう。そうすることで被害者の立場を有利に進めることができます。

探偵に情報提供できる

確実に浮気をしていることを突き止めるために探偵に依頼をすることが一般的な流れになりますが、匂わせている内容のSNSなどの投稿を掴んでいたらそれを探偵の調査員に情報として提供することで、調査の進展が早まる可能性が高くなります。探偵の調査が早く終われば支払う料金も安く済みますし、その調査内容を元にして浮気をした張本人と話し合いをすることもできます。

裁判も有利に進めることができる

浮気をされた被害者はどんなことでも証拠となるものが多ければ多いほど裁判でも有利に進めることができます。特に重要なのが慰謝料請求ですが、これは浮気をした配偶者やパートナーだけでなく、浮気相手にも請求することができます。

匂わせている回数が多ければ多いほど十分な証拠となり、相手にも慰謝料を請求して受け取ることができる可能性が高まります。今の時代の匂わせはSNSに記録として残ることが多いからこそ、浮気をした相手を特定することができたら、いきなり当事者を問い詰めるのではなく、探偵に依頼するときにプラスになりますし、裁判の慰謝料請求にも大きく関わってくることを理解して、焦る気持ちや悔しい気持ちをグッと堪えて、自分自身でも匂わせの証拠を押さえておきましょう。

まとめ

これって匂わせかもしれないと思ったら、すぐに突き止めるのではなくじっくりと浮気をしている証拠を固めてから浮気をしているのではないか?と言ったほうが確実に問題を解決することができるようになります。どのような匂わせがあったかを細かく記録しておいて証拠を押さえておくことも大切です。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn