証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

LINEで削除されたトークを復元できる?浮気の証拠

昨今、誰もが連絡ツールとして利用する「LINE」ですが、SNSとしての機能もあり、出会いツールとして利用されることもあります。また、浮気や不倫といった不貞行為に利用する連絡手段としても有名で、芸能人などの著名人がLINEのトーク履歴から浮気などのスキャンダル問題に発展することもあります。
このように、浮気の証拠にもなるLINEのトーク履歴ですが、削除されたデータを復元することは可能なのでしょうか?今回の記事では、浮気の証拠にもなる「削除されたLINEのトークを復元する方法」について解説していきたいと思います。

LINEで浮気の兆候を見極める

連絡手段として活用されているLINEですが、いくつかの兆候から「浮気」をしている可能性を知ることが出来ます。パートナーの行動が、これからご紹介する項目に当てはまったら、浮気の可能性があるので注意してください。

使用しない時は画面を下向きにしている

今まで普通に置いていたのに、ある日を境に画面を下向きに置くようになったら要注意です。また、いきなり手帳型ケースを使うようになるのも、非常に怪しい行動です。人はやましいことがあると、無意識にその事実を隠そうとします。そういった行動が、画面を下にして置いたり、手帳型ケースを使うという行動に現れるのです。
普段はスマホを適当にしていたのに、置き場所や扱い方が変わったなどの行動も浮気の兆候なので注意しておきましょう。
覗き見防止フィルムなどを貼り出す行為も浮気の兆候の一つです。

LINEを使用しているときに周りから見えないようにする

LINEでやりとりをしている時に、家族や友人、恋人などから見えないような角度にする行動がある場合は要注意です。普段から他人にスマホの画面を見せないようにしている人なら問題ありませんが、いつもは見られることを気にしていなかったのに、LINEを使用する時だけ画面を隠すようになったら、浮気の兆候の可能性があります。そういった行動が頻繁であれば、浮気の調査を行ってもいいかもしれません。

可愛いスタンプを使うようになった(文面が変わった)

これは男性に多いですが、女性と関係を持つにあたって可愛いスタンプを使うようになったり、淡白な文面が緻密な文面に変わったりするなどの変化があります。普段スタンプを使わず、一行の文しか送らないような人が、こういった変化を見せた場合は、ほぼ確実に「浮気」をしていると考えてもいいでしょう。
LINEスタンプにはプレゼント機能が備わっており、女性から可愛いスタンプをプレゼントされて使用している可能性も考えられます。こうした兆候が顕著である場合は、探偵などのプロに依頼すると良いかもしれません。

LINEのポップアップが「新着メッセージがあります」になっている

LINEの基本設定では、メール受信時にトップ画面で本文が表示されるようになっていますが、設定することで本文を表示させないことができるため、「新着メッセージがあります」という表記にすることができます。
元々メッセージを表示していたのに、急にメッセージを非表示にしている場合は浮気の可能性があるでしょう。
ただし、元々他人に見られたくないという理由で非表示設定にしている人もいるため、本文が表示されないからといって、すぐに浮気を疑うことはしないようにしてください。

スマホを肌身離さず持ち歩くようになった

今まではその辺に放置していたスマホを常に持ち歩くようになっていたら注意が必要です。ほとんどの場合は相手からの連絡を待っていることが考えられるため、浮気の可能性は高いと言えるでしょう。
不審な行動が増えた場合は浮気調査を行ったほうが良いかもしれません。

削除されたLINEのトーク履歴を復元する方法

ここではLINEのトーク履歴を復元する方法をいくつかご紹介したいと思います。パートナーの行動から浮気の可能性を感じたら、LINEのトーク履歴を確認して浮気の証拠を掴みましょう。

相手のLINEで自動バックアップ設定を行う

LINEにはトークのバックアップ機能があり、それを利用することで削除したトークでも復元することが可能です。ただし、バックアップ機能はLINE内から設定する必要があるため、相手のスマホを入手する必要があります。また、バックアップ機能を利用しても、バックアップを取る前のデータを復元することができないため、重要な浮気の証拠を掴むことは出来ないかもしれません。

パソコンからログインしてバックアップを復元する

パソコンからログインしてバックアップの設定を行っておくことで、いつでもトーク履歴を確認することができます。また、パソコンでログインすると、現在スマホで行っているトーク履歴をリアルタイムで確認できるため、浮気の決定的な証拠を使うことができます。
ただし、パソコンでログインするとスマホに通知が届いてしまうため、相手がスマホを見ていない時を狙う必要があります。また、ログインのためのパスワードなどもあらかじめ調べておく必要があるため、難易度は高めです。

LINEのトーク履歴を証拠として保存する方法

うまくトーク履歴を復元できても、保存方法を間違ってしまうと「証拠能力」が低くなってしまう可能性があります。そこで、ここではトーク履歴を証拠として保存する方法をいくつかご紹介します。

トーク履歴は写真で保存する

トーク履歴を保存する方法には、写真の他にスクリーンショットがありますが、裁判などでは証拠として採用されることが低いためおすすめ出来ません。その理由として、スクリーンショットは偽造可能であるということです。
写真のトーク画面は偽造が非常に難しいため証拠として採用されやすいのです。また、スクリーンショットの場合、データがアルバムに残ってしまうため、相手に気づかれてしまう可能性もあります。

トーク履歴をメールにデータ転送しておく

トーク履歴をデータとして保存しておくことで、データを印刷して証拠として提出することができます。この方法を取る際にも相手のスマホを使用する必要があるため、気づかれないように注意してください。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回はLINEの復元方法と浮気の証拠として保存する方法をご紹介させて頂きました。LINEのトーク履歴を復元するには、ある程度の知識と「相手にバレないようにする行動」が必要なため、難易度の高い行為と言えます。
もし、自分で浮気の証拠を掴むのが難しいと感じるのであれば、探偵などのプロにお願いするのが一番です。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn