証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

1回の浮気ならセーフ?離婚可能?浮気と回数について解説!

浮気といっても1回だけだから、離婚や慰謝料請求はできないのではないか。そんな風に思っている人もいるのではないでしょうか。慰謝料の額に影響はありますが、不貞行為に回数は関係ありません。

不貞行為と回数要件

一般的に法的な浮気、不貞行為は複数回にわたって性的な関係をもっていることで、「一度だけなら不貞行為には当たらない」というイメージがあるのではないでしょうか。1回であっても浮気されたほうが受ける痛手は変わらないのに、本当なのか気になります。

答えは、1回でも性的関係があれば不貞行為に該当します。
民法770条の1項、離婚の提起事由に「配偶者に不貞な行為があったとき」と明記されており、×回以上など回数に関しては触れられていないことからも、不貞行為と継続しているかどうかは関係ないと考えられます。

離婚は可能でも慰謝料は少な目

ただし慰謝料請求する際には、1回よりも繰り返し行っているほうが浮気されたほうの痛手が大きいと見なされて、増額される可能性が高いです。

1回の不貞行為で高額な慰謝料を得て離婚できるかというと難しいかもしれませんが、1回であっても不貞行為ではあるため、離婚は可能です。

不貞行為による慰謝料請求の判断項目

不貞行為といっても期間、回数、配偶者との関係など千差万別です。行きずりの名前も知らないような相手との1回の行為と長い間デートを重ねている行為とでは、慰謝料が異なっても納得です。ある程度の基準はあるものの、実際に離婚や慰謝料額の決定は裁判してみないとわかりません。

重要なのは回数よりも期間

不貞行為による慰謝料の判断項目となるのは、大きく以下の5つとされています。

  • 婚姻期間の長さ
  • 子どもの有無
  • 不貞行為の回数、期間
  • 婚姻関係に対する影響
  • 請求された側の収入、資産

この中で最もポイントとなるのは婚姻期間と不貞関係の期間だといわれています。どちらも長ければ長いほど悪質と判断されやすくなります。結婚したばかりよりも、長年、家族と築いた信頼関係を裏切るほうが配偶者に与える精神的苦痛や生活への影響は大きいと判断されるようです。

子どもの有無も大きいです。配偶者側に子どもがいた場合は、離婚後、子どもと新しい生活を送るためにも相応の慰謝料、養育費が必要と判断されます。婚姻期間が1年未満と短くても、幼い子どもがいる場合には慰謝料増額の要因になります。また、不倫相手に不貞行為による妊娠等があった場合も、婚姻関係を送るのが困難な事由として認められ増額の可能性が高くなります。

さらに婚姻関係に与えた影響もポイントです。
例えば、すでに別居状態など婚姻関係が破綻しているときに不貞行為をしたのか、不貞行為によって別居したのかでは慰謝料の額は異なります。

離婚が認められにくいケースとは

1回の不貞行為でも離婚は可能ですが、確実とはいえません。そもそも1回だけならば証拠を得にくいうえ、民法770条2項の裁量的請求棄却に「裁判所は、前項第1号から第4号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる」と明記されています。

不貞行為をはじめ悪意の遺棄、3年以上の生死不明、配偶者が強度の精神病にかかり回復の見込みがないという事由があっても、それ以外の事情を考慮したうえで離婚の申し立てが却下されることがあるというわけです。

反省と年齢もポイント

それぞれの生活環境や年齢、不貞行為の事情によるため、あくまで一般的な認識ですが、謝罪と反省、今後の生活に対する誠意ある姿勢も大きなポイントです。「一度だけなんだから離婚なんて大げさだ」と悪びれない言動をしているのであれば、健全な婚姻関係を継続するのは困難だと認識されかねません。

とはいえ、「二度としません」という言葉だけでは反省や誠意は伝わりにくいもの。そのため反省と再構築する意思がある証しとして、公正証書や念書を書いてきちんと残すことは有効でしょう。また、そうした念書を書いたにも関わらず、再び不貞行為をした場合には慰謝料増額の要因にもなります。

次に年齢もポイントといえます。
夫の不貞行為により離婚申し立てをしたものの、互いに高齢で単身での生活が困難になるため離婚が認められなかったという事例もあります。逆に、まだ婚姻期間が短く、年齢的にも別の人と再婚する可能性が大いにあり、謝罪をされても許しがたく、信頼回復に至らないという場合には離婚を認めることもあり得ます。離婚訴訟は不貞行為そのものだけじゃなく、年齢や資産、家庭環境などの事情を鑑みて判断されると考えておきましょう。

まずは調査してみる

何か怪しくて問い詰めたら自白した、うっかり携帯が見えてしまい1回とはいえ浮気していることが判明した。そんなときにどうすればいいのか悩んでしまうものです。例えば「もう終わったこと」なんて言われたら、裏切られてツラい気持ちと再構築したほうがいいのかという気持ちで揺れてしまいます。

事実確認をして冷静に

再構築するにしろ離婚を視野に入れるにしろ、オススメは一度、きちんと調査してみることです。「酔った勢いで1回だけ」と言いつつ、関係が続いていたということも少なくはありません。探偵などの調査機関に自分でチェックすべき点や実際に調査を行う時期などを相談してみるのもいいでしょう。第三者に状況を説明するだけでも冷静になれる部分があります。

浮気調査=離婚の準備とイメージするかもしれませんが、実際には調査結果を踏まえたうえで再構築に向けた話し合いに進むというケースもあります。一度、裏切られた後で再び信頼関係を結ぶためには、事実確認を行い少しでもモヤモヤを解消することが必要です。調査した後で念書などを書いてもらうこともひとつの方法です。浮気をした側に、次はないという危機感を認識させることにもつながります。

まとめ

浮気をした側にとったら「1回だけ。つい、出来心で」というものだったとしても、された側の精神的苦痛は回数に関係ありません。法的にも、1回だろうが3回だろうが配偶者以外の相手と性的関係があれば不貞行為です。

しかし、すでに不倫相手の部屋に通って長い間関係を持っているというのと、1回関係したけれど連絡先も知らないというのでは、婚姻生活に与える影響や精神的苦痛は異なるというのも頷けます。今後どうするかは、調査や話し合いを納得いくまで行ったうえで決めるようにしましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn