証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

「不倫は文化」というのは本当?今の時代では難しいかも?

有名人の不倫スキャンダルが時折報道され、注目を集めます。過去とある芸能人が「不倫は文化だ」と発言したとされ、バッシングを受けたこともあります。果たして不倫が文化というのは本当なのでしょうか?ここでは日本における不倫の歴史についてスポットライトを当ててみましょう。

厳しくなったのは明治時代?

不倫は文化といわれると、何か不貞行為が許されるような印象を持ちませんか?その観点で見ると日本でも当てはまることで、不貞行為に対する世間の目が厳しくなったのは明治以降と言われています。

江戸時代では表向きは厳しかったが…

江戸時代は不貞行為のことを「不義密通」と言いました。江戸時代には「御定書百箇条」というルールがありました。その中で密通した者は死罪とされていました。これは男女関係なくそのようなペナルティが課せられていたようです。ちなみに妻に浮気された場合、その夫は妻とその相手を殺しても罪に問われるようなことはありませんでした。

江戸時代というと心中物の物語がいろいろと出回りました。フィクションではなく、実際に心中事件は頻発していたようです。上で紹介したように厳しいルールがあるこの世では生きにくい、だったらあの世で結ばれようと考える人が多かったです。

こう見ると江戸時代から不倫に厳しいイメージがあるでしょう。しかし実際にはこれは表向きの話だったようです。不倫が発覚すると示談で済ませるのが一般的だったといいます。和解金とわび状を出すことで表ざたにしないように処理するケースが多かったといわれています。これは武士・庶民などの身分関係なく、同様に決着していたとされます。

これは世間体の問題があったようです。罪に問われますし、そうなると広く人々に知られてしまいます。そんなことになると今後肩身の狭い思いをしなければならないので、表面化させないようにするのが一般的でした。こうしてみると、江戸時代は不倫について今と比較すると多少寛容だったようです。

ただしもし明るみに出れば、死罪になる恐れが高いです。ある意味不倫や浮気は命がけで楽しむものでした。

不倫物の作品がいろいろと出るわけ

不倫は文化といわれる根拠の中の一つに、不倫を題材にした作品が多く出ているからというものもあります。日本の作品を見ても「源氏物語」や「それから」などの名作で道ならぬ恋をテーマにしたものも少なくありません。文学以外にも映画や歌などでも不倫をテーマにした作品はこれまで多く出てきました。近年でも不倫をメインにした作品は出ていて、話題作になることも少なくありません。

不倫が厳しくなったことで間接的に楽しむ

江戸時代は比較的おおらかな部分もあった不倫ですが、明治時代に入ると次第に厳しくなっていきました。今では有名人が不倫すると、今後の活動が難しくなることも珍しくありません。そこで自分で不倫はしなくても、不倫をテーマにした作品に触れることで間接的に楽しもうという意識があるのでしょう。

実際に不倫をしてしまうと、アリジゴクのようにそこにハマって抜け出せない人も少なくありません。不倫のような本当はやってはいけないとされる、ハードルの高い恋愛の方が燃える傾向が見られます。恋は簡単に手に入るものよりも、苦労の末につかみ取るようなケースの方が刺激も強くて、そのスリルが忘れられなくなるともいわれます。そうならないために、不倫の作品を見て心を満たそうとするわけです。

不倫は文化でもされないために

不倫は文化と言われても、やはりパートナーに浮気されるのはイヤでしょう。自分の心を傷つけないために、不倫をしなさそうな誠実な異性を見つけることが何よりも大事です。

過去に浮気されたことのある人

過去に浮気をされた人は、傷ついた経験を持っているはずです。不倫をすることでいかに相手を傷つけてしまうかについて、身をもって知っています。ですから自分が辛い目に合ったことを自分でするはずがありません。もし不倫されない、誠実な異性を確実に見つけたければ、そのような経験を有している人を見つけましょう。不倫の心配がなくなれば、恋愛に縛られることなく充実した日常生活を送れるでしょう。

一度の過ちを犯してしまった人

過去に1回だけ浮気をした人も不倫の心配は低いです。何か矛盾していることを言っているように思うかもしれません。ここでポイントになるのが、「一度だけ」というワードです。何回も浮気した経験のある人は、それこそ「不倫は文化」で罪悪感が低いでしょう。

1回だけ浮気をしたことのある人は、罪悪感を抱くケースが多いです。1回だけである以上、そのインパクトは強く、鮮明に記憶される傾向が見られます。このため「2度と不倫はすまい!」という思いを抱く方も少なくありません。過去に1回だけ浮気をした人とお付き合いをすれば、今後は不貞の陰に悩まされることなく恋愛を楽しめるかもしれません。

ただしこの方法も100%確実と保証はできません。もしかするとまた浮気を繰り返す人もいるかもしれません。もし浮気が許せないというのであれば、その人とは早く分かれて次の恋愛に目を向けたほうがいいでしょう。

異性として見続けることのできる人

不倫をする背景に、パートナーのことを異性として見られなくなっているからが挙げられます。恋人ではなく家族という見方になってしまって、ほかのところで刺激を求めてしまうわけです。一方中にはパートナーのことをいつまでも異性として見ることのできる人もいます。これなら相手のことを恋人と認識できるので、ほかに恋人を作る必要がなくなります。

一般的に恋愛は個人差があるものの、2年くらいで冷めるといわれています。そこから先は努力が求められます。夫婦になってからもどこかデートに行こうと誘ってくれるなど、出会った時と同じように愛そうと努めてくれる異性は不倫のリスクは少ないです。

まとめ

不倫が文化といわれるのにはいろいろと理由があります。江戸時代以前は、意外と不貞行為に対して寛容だったこと、もう一つは自分で不倫するわけにはいかないのでフィクションで疑似恋愛を楽しもうという意識からです。ただ、自分が不倫をされるのはイヤでしょう。上で紹介した不倫は文化だと思わない、誠実な恋愛のできる異性を見つけましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn