証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

不倫をされているかもしれないと疑問を感じたら早めに阻止をしよう

一度不倫の快楽を味わってしまうとなかなか抜け出せなくなり、配偶者や恋人だけでなく不倫相手との関係も泥沼化してしまい、それぞれの関係を修復するのが難しくなってしまいます。そうならないために早い段階で不倫行為を阻止してお互いの関係が崩れないように対処する必要があります。

離婚したくないなら早めに阻止をする

不倫をしてはいけないと誰もが思っているのに、スリルや快楽を味わいたくて不倫をしてしまいます。1度キリの不貞行為なら許せる人もいるかもしれませんが、それが何回も続いてしまうと後に戻れなくなってしまいます。気づいたときには既に手遅れとならないためにも、気づいた段階で先延ばしせずにあらゆる方法で証拠を掴み阻止しなければいけません。

すぐに阻止をして謝罪をしてもらう

不倫をする人は軽い気持ちで不貞行為に及びますが、それが多くの人が関わってくることを理解しないまま不倫している傾向があります。当然不倫をした人には結婚していれば配偶者がいますし、未婚であれば恋人がいます。愛する人に不倫をされたらどのような立場の人でもとても悲しくなりますし、信じていただけに悔しい気持ちがこみ上げくるでしょう。そこで感情的になって離婚だ!!とならないように、まずは不倫をすぐにでも阻止して謝罪をしてもらうことが先決です。

疑問を感じたらすぐに行動する

二度と不倫はしませんと謝罪を受けても再び不倫相手と密会をし不貞行為に及ぶ人が多いです。絶対に許せない!離婚しかない!という選択肢になる前に必ず阻止をして当事者を反省させて二度と不倫させないように対処しなければいけません。それほど阻止をするタイミングがいかなる不倫でも重要になります。普段の行動が少しでもおかしいと疑問を感じたら正直にいつもと違うことを伝えて不倫をしているかどうか確認をすることが求められます。

最終的にはお互いの信頼関係になります。本当に離婚したくないと思ったら、辛い気持ちや悲しい気持ちをグッと堪えて不倫関係を阻止するために、不倫をしているかもしれない本人と面と向かって腹を割って話すことが重要です。疑問を感じたらすぐに行動することで不倫の傷口が深くなる前にお互いの関係を修復することができます。ズルズルと不倫が進行してしまうとお互いの関係を修復できなくなり離婚しか手段を選べなくなってしまいます。

必ず誓約させる

不倫をしていることを認めさせたら二度と同じ過ちを繰り返さないために、必ず不倫をしないと誓約させることが求められます。そうしないとまた不倫をしてしまう可能性が高いです。早い段階で阻止をすることも重要ですが、再度不倫をしないために必ず誓約をさせてください。

書面を交わす

不倫の阻止に成功したら二度と同じ過ちを繰り返さないために書面を交わしておくことをおすすめします。再び不倫をされても離婚の条件で自分が優位に話を進めることができるからです。不倫をした相手に対して口約束ほど信用できないものはありません。大切な配偶者や恋人を裏切って自分の欲を満たすために不倫をした相手を信用してはいけません。

それでもお互いの関係を修復するために早い段階で不倫を阻止し、万が一のことを考えて二度と不倫をしないという誓約をさせるだけでなく、その内容をしっかり書面にまとめて今後どうするかを当事者同士で話し合ってください。

関係の修復に最大限努力すること

不倫をされて怒りに任せてすぐ離婚だ!と騒ぎ立てる人もいますが、基本的には再度お互いの関係を取り戻すために気持ちが離れないように最大限に修復を図ることが求められます。二人の関係の傷口が広がらないうちに阻止をすることが重要です。

傷口が浅ければお互いの関係を修復することができますし、離婚をしないで再び幸せな生活を送ることができるかもしれません。阻止が遅くなり対処が難しくなると修復が不可能になることで離婚しか選択肢が無くなります。

証拠が効果を発揮する

不倫をしているかもしれないと思ったらすぐに阻止するために様々な証拠を掴んでおく必要があります。証拠を掴む方法はいくつかありますが、自分でおかしいと思ったことを把握しておくだけでなく、探偵に調査を依頼するのも効果的です。

自分で理解しておく

一刻も早く不倫を阻止するために配偶者や恋人が普段の生活の中で浮気をしているかもしれないと思ったら、自分で把握しておくか細かくメモや画像などの証拠を残しておくことが必要です。普段の生活の中でちょっとした変化でおかしいと思ったことがあればやり過ごすのではなく、不倫しているかもしれないというアンテナを常に張り巡らせて対処するようにしてください。

細かな生活の変化が多ければ多いほど、自分が知らないところで不倫をしている可能性があります。例えば帰宅時間が遅くなったり残業が急に増えたり、休日出勤が多くなったりと、明らかに家にいる時間が少なくなったら、不倫相手と外で密会している可能性があります。このように生活の中のちょっとした変化を見逃すことなく、不倫を阻止するために確実な証拠を生活の中で感じることが重要です。

探偵に依頼をする

自分で把握できないところの証拠は探偵に依頼をして不倫調査をしてもらうことで、さらに重要な不倫をしているという証拠を掴むことができます。例えば不倫相手と密会しているところや、ホテルで不貞行為をしている決定的な証拠など、配偶者や恋人が証拠集めできない核心部分は探偵に依頼をして調査をしてもらいます。

ここで活かされてくるのが日頃の不倫しているかもしれないという疑惑の証拠です。例えば決まった曜日に帰りが遅くなったり、土日に家を空けることが多くなったなどの些細な情報でも探偵に伝えることで調査が捗る可能性が高いです。そのタイミングに合わせて調査をすることで不倫現場の証拠を掴むことができる可能性が高まります。

まとめ

誰もが不倫をしてしまう可能性があります。その犯した過ちを素直に認めることができるか、それを早い段階で阻止することができるかによって、再び二人の関係を良好なものに保つことができます。いかに早い段階で不倫が進行しないように阻止するかを十分に考えて対処するようにしてください。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn