証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

不倫の証拠を自分で集めてはいけない?探偵に依頼した方が良い理由とは

配偶者の不倫を疑っている人の中には、自分で不倫の証拠集めを検討している人もいるのではないでしょうか。不倫の証拠を集めることで、配偶者に不倫を認めさせる以外にもさまざまなメリットがあります。しかしながら自分で不倫の証拠集めをすることで、思わぬトラブルに巻き込まれることもあるので要注意です。不倫の証拠集めをするのであれば、探偵に依頼するのがおすすめですよ。ここでは、自分で不倫の証拠集めをすることで起きうるトラブル、探偵に依頼するのがおすすめな理由について解説します。

不倫の証拠集めをおすすめする理由とは

配偶者の不倫を疑い、不倫の証拠集めをしておくことでどのようなメリットがあるのか気になりますよね。配偶者に不倫を認めさせる以外に、不倫の証拠集めをおすすめする理由は主に3つあります。

  • 有利な条件で離婚できる
  • 配偶者からの離婚請求は通りにくくなる
  • 配偶者・不倫相手に慰謝料請求可能

それぞれ説明しますね。

有利な条件で離婚できる

不倫で夫婦関係が破綻し離婚に至った場合、裁判所を通じての調停離婚をすることもあります。裁判所で配偶者の不倫が認められることで、自分からの離婚請求が認められるだけでなく、有利な条件で離婚することが可能です。有利な条件は夫婦の経済状況や子どもの有無などによって変わりますが、慰謝料の増額や親権などがあります。どうせ離婚するのであれば少しでも有利な条件で離婚したいですよね。不倫の証拠があることで調停離婚が有利になることもあるので、不倫の証拠集めはおすすめだといえるでしょう。

配偶者からの離婚請求は通りにくくなる

裁判所を通じての調停離婚の場合、離婚原因が重要な争点となります。離婚は夫婦関係を変えることでお互いのライフスタイルに深く関わる要因であるため、裁判所は慎重に見極めなければなりません。不倫をした配偶者によって生活が一変するかもしれないのに、配偶者の請求を認めてしまっては不公平になります。配偶者に有責が認められることで、配偶者からの離婚請求は通りにくくなります。不倫の証拠を集めておくことで、裁判所に配偶者の有責を認めてもらいやすくなるでしょう。

配偶者・不倫相手に慰謝料請求可能

不倫は法律上の不法行為に該当し、他人の権利を侵害する行為です。不倫は1人で行なうものではなく、必ず不倫相手が存在します。不法行為を行なった人物に対し損害賠償請求を認めているので、配偶者と不倫相手の双方に慰謝料請求することができます。不倫の証拠を入手してくことで、不倫相手にも慰謝料請求できる点でメリットですよ。

自分で証拠集めすることで起きうるトラブルとは

不倫の証拠集めをおすすめする理由を把握したところで、自分で証拠集めすることで起きうるトラブルについて知りたいですよね。自分で証拠集めすることで起きうるトラブルは主に3つとなります。

  • 配偶者にバレてしまう
  • プライバシー侵害で訴えられる
  • 法的に認められない可能性

それぞれ説明しますね。

配偶者にバレてしまう

ほとんどの人は不倫が不法行為であると認識していることが多く、バレないように警戒しながら不倫していることになります。警戒していることで一緒に生活している配偶者の変わった動きに敏感になっていることもあり、自分で不倫の証拠集めをする行動に感づかれることもあります。配偶者に不倫の証拠集めがバレてしまった場合、より警戒心を強めて2度と不倫相手との証拠が見つからなくなるだけでなく、不倫相手との関係を解消する可能性もあるでしょう。自分で不倫の証拠集めをすることで、配偶者にバレてしまうリスクを認識しておくようにしましょう。

プライバシー侵害で訴えられる

自分で不倫の証拠集めをしようと、配偶者への盗撮や盗聴を考える人もいるのではないでしょうか。夫婦関係であれば何をしてもいいわけではありません。盗撮や盗聴などの行為は違法であり、プライバシー侵害に該当します。配偶者が不倫をしていたとしても、これらの方法が明るみになった際にはプライバシー侵害で訴えられる可能性もありますよ。

法的に認められない可能性

自分で集めた不倫の証拠が違法行為で集めたものである場合、法的に不倫の証拠として認められない可能性が高いです。また法的に認められる証拠としての線引きを判断するのは難しく、違法性がないとしても法的に認められないこともあります。苦労して集めた証拠が不要であり、集めるリスクを考慮すると自分で集めるのは難しいかもしれませんね。

探偵は安全に不倫の証拠を集められる

探偵は「尾行」「張り込み」など、探偵業法に沿った方法で証拠を集めるので、合法的に不倫の証拠を集められます。調査業務中に配偶者にバレてしまうと思うかもしれませんが、訓練された探偵は相手に悟られない距離感を把握しているので、配偶者にバレずに調査業務を行なうことが可能です。自分で不倫の証拠集めをする際、配偶者の行動によって調査の進行が左右されるので非効率的です。探偵の調査業務は複数人のチームで行なうことが多く、配偶者を見失うことなく尾行することもでき、効率的に調査を行なえます。探偵の張り込みで得られる証拠は、配偶者と不倫相手がラブホテルに出入りするシーンを静止画や動画で入手できるので法的に認められます。不倫の証拠を集めたいのであれば、探偵の調査業務で安全に入手できるといえるでしょう。探偵の調査で得られる証拠は法的に認められることが多いので、不倫の証拠集めは探偵に依頼するのがおすすめですよ。

まとめ

配偶者の不倫はパートナーへの裏切り行為であり、不倫の証拠は有利な条件での離婚や慰謝料請求時の重要なポイントとなります。不倫の証拠集めを自分で行なおうと考える人がいるかもしれませんが、配偶者にバレるリスクやプライバシー侵害で逆に訴えられる可能性があるのでおすすめできません。配偶者に不倫の証拠集めがバレてしまうことで、2度と不倫の証拠が見つからなくなる可能性もあります。探偵は複数人のチームで尾行や張り込みを行ない、配偶者にバレることなく不倫の証拠を入手することが可能です。探偵が入手する証拠は合法であることが多く、法的に認められることがほとんどです。自分で動かずにまずは探偵に相談するようにしましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn