証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

不倫相手の個人情報を知らないときの対処方法を知っていますか?

不倫相手の個人情報が分からなければ慰謝料を請求できないので、どのように相手の連絡先を知ればいいのでしょうか。そのまま個人情報が分からなければ裁判を起こすこともできる泣き寝入りするのは自分が悔しい思いをするだけです。そうならないためにどうやって個人情報を知ればいいかを解説していきます。

不倫相手の個人情報は必要です

不倫相手に慰謝料請求する際に個人情報を知っておく必要があります。そうでないと慰謝料請求などの裁判に関わる書類を送付することができないからです。不倫をした当事者が協力的になってくれれば不倫相手の個人情報を教えてくれるでしょう。

不倫の慰謝料請求をするときに不倫相手の名前と住所、または勤務先の住所の2つの個人情報が必要になります。これらの情報が分からなければ不倫相手に慰謝料請求をすることができません。不倫相手の名前と住所が最初から分かっていれば、そこに担当の弁護士から慰謝料請求に関する通知書を送付することができます。また慰謝料請求訴訟の書類を作成して裁判所に提起することもできます。

個人情報が分かれば自宅に送付する

不倫相手の個人情報が分かればすぐに書類を送り裁判所にも連絡を入れることができますが、個人情報が分からなければ住所などを特定するまで時間がかかってしまうことを十分に理解して対応しなければいけません。弁護士などから書類を送るときも法律事務所などの名前を出さずに個人名で送付したりして不倫相手にも配慮しなければいけません。不倫をされたのに気を遣うのも変な話ですが、今の時代はそこまで不倫をされた側でも丁寧に対応する必要があります。

勤務先でもOK

不倫相手がどこに住んでいるかの住所が分からないけど勤務先なら分かる場合、その人が働いているところに慰謝料の書類を送ることも可能です。優先順位として自宅の住所が分かっていればそちらに優先的に送る、もし分からなければ最終手段として勤務先に慰謝料を送ることが許されます。勤務先に慰謝料請求の書類を送る際も配慮の観点から法律事務所などの名前を出さずに個人名で送付するのが一般的です。

個人情報が分からなければ慰謝料請求はできない

今は個人の情報が守られている時代なので、不倫相手に慰謝料請求をするのも簡単ではありません。不倫をした本人も相手のことをかばって不倫相手のことを教えてくれないケースがあります。本人に慰謝料請求すれば良い話しですが、どんな相手が自分が愛する配偶者やパートナーと不倫をしたのかとても気になるはずです。不倫相手にも慰謝料請求ができるからこそ、少しでも悔しい気持ちや悲しい気持ちを晴らすために、必ず相手の個人情報を把握して対応をするべきです。

原則として不倫相手に対して裁判などの訴訟を起こすために、必ず個人が誰なのかを特定する必要があり、その際に個人情報を求められます。個人情報を知っていれば慰謝料請求の通知だけでなく、裁判所からの訴訟の書類も送れなくなり、話を進めることができなくなります。この問題を解決するために不倫をした本人に対して相手の住所を教えるように説得することが求められます。

本人が教えてくれない場合

もし本人が不倫相手の個人情報を素直に教えてくれない場合は、携帯電話の履歴などを見て番号通知の履歴が無いかどうか確認してください。もし不倫相手の電話番号が分かったら弁護士に依頼をすれば弁護士会照会制度を利用して、携帯電話の番号の契約者の個人情報を照会することができます。携帯電話のキャリアから名前や住所などの個人情報を教えてもらうことができる制度を活用することができます。

携帯電話の番号だけでなくLINEのIDでもLINE株式会社に照会することもできます。そこから携帯電話の番号を突き止めることができますので、その番号を各キャリアに照会してもらい契約をしている本人の個人情報を特定することができます。

最終手段として探偵に依頼をする

不倫をした本人が相手のことを教えてくれなかったり、携帯電話やLINEの履歴も分からない場合は、最終手段として探偵に依頼をするのも1つの方法として考えてみましょう。弁護士だけでは一定の情報が無い限り照会してもらうことができません。この問題を解決してくれるのが探偵事務所に依頼をする手段です。

どうしても分からない場合は有料になりますが、探偵に依頼をすることで問題を解決することができます。実際に不倫相手の個人情報が分からなくて探偵に依頼をする人が多いです。そこに需要があると感じている探偵事務所も、住所調査に力を入れてサービスを提供しているところもあります。

住所調査をしてもらう

探偵の調査メニューに「住所調査」というものがあります。このサービスを利用して不倫相手の個人情報を知ることができます。探偵は様々な方法で住所調査をしてくれます。調査をする期間によって料金も変わってくるので、まずは弁護士に相談しながら探偵事務所に問い合わせて、どのくらいの費用がかかるか見積もりを出してもらうことをおすすめします。

各探偵事務所で料金プランが異なります

探偵事務所によって調査内容だけでなく料金プランが異なります。早いタイミングで個人情報が分かれば料金も安く済みます。従って見積もりを作成してもらうのも大事ですが、どのような調査内容でどのくらいの時間がかかりそうか事前にしっかり確認しておきましょう。

分かっている情報があれば伝えておく

事前に手がかりになるような情報を知っていたら、些細なことでも構わないので探偵に伝えておくようにしてください。その情報が基になって住所調査が早く進むかもしれません。探偵に依頼をしているのと並行して、弁護士と話をしながら確実に慰謝料を請求できるように対応しておきましょう。

まとめ

このように不倫相手の個人情報が分からなければ話を進めることができません。不倫相手に事情を話して教えてくれれば話しも早く解決に向けて進めることができますが、もし教えてくれない場合は弁護士に相談をするか、それも難しい場合は探偵に調査の依頼をして個人情報を特定して慰謝料請求などの書類を送付してくだい。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn