証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

不倫相手を殴ることは絶対にダメ!トラブル回避法と殴った場合の罪状

妻または夫の不倫相手と遭遇したら、冷静でいられないという人も多いのではないでしょうか。ついカッとなって相手に手が出てしまうこともあるかもしれません。しかし、いかなる理由があっても人を殴ることは絶対にダメなことです。こちらの記事では不倫相手を殴った場合の罪状から殴る以外の避けるべき行為、さらに不倫相手とのトラブル回避方法について解説します。

不倫相手を殴った場合の罪状

不倫相手の存在を知った時、遭遇してしまった時、衝動的な行動に出てしまうことはあまり良いことではありません。冷静になることが大変であること、一番悪いのは不倫した人物であることは確かなことです。しかし、殴るという行為は絶対にいけません。愛するパートナーに嫌われてしまうこともありますし、場合によっては罪に問われることになります。殴った自分が一番損をすることになりますので、絶対に手だけは出さないようにしましょう。

傷害罪

不倫相手を殴って怪我をさせてしまったら傷害罪にあたります。逆に言えば、殴っても怪我をしなかったら傷害罪にはならないわけです。殴るという行為は「暴行」、その先にある体を傷つけることや体調を悪化させるという行為を「傷害」と呼びます。傷害罪で起訴された場合、15年以下の懲役または50万円以下の罰金に処すると定められています。

暴行罪

不倫相手を殴ること自体が暴行罪にあたります。暴行の定義として、人の身体に向けられた有形力ということになっており、殴る以外でも暴行にあたることがあるのです。たとえば、水をかける、刃物を向ける(怪我はさせない)、胸ぐらを掴む、髪を切るなどは暴行となります。暴行罪で起訴された場合、2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金または勾留、もしくは科料に処すると定められています。

被害届について

不倫相手を殴ってしまった現場に警察官が居合わせていれば現行犯逮捕となるでしょう。そうでない場合が大半だと思われますが、すると殴られた相手が被害届を出すかどうかで刑事罰になるかどうかが決まります。不倫が発端の暴行、傷害事件の場合、殴られた相手にも負い目があるものです。その負い目から被害届を出さないという人も少なくありません。もし被害届を出されないということでしたら、弁護士に相談して示談で済ませるという方法をとると良いでしょう。

不倫相手にしてはいけないことは他にも

不倫相手を殴ること以外にも、やってはならないことがあります。頭に血が上っていると、いけないことでも衝動的にやってしまう可能性があるのです。しかしこちらもまた後々自分が損をするだけなので、行動に移さないようにしてください。

相手の家や職場に押しかける

勝手に不倫相手の家やその敷地内に侵入することは住居侵入罪にあたります。さらに「帰って」と相手から言われたにもかかわらず、帰らずに居座ることは不退去罪となってしまうのです。さらにそこで監禁などを行えば監禁罪となります。相手の職場で不倫について言いふらすことは名誉毀損になるなど、犯罪につながる可能性が高くなるのです。

嫌がらせ

憎らしさのあまり無言電話や手紙やメールなどで嫌がらせをしてしまうという人もいるようです。嫌がらせをしたことにより問題が解決することはありませんし、相手が通報すればかえってトラブルは大きくなります。相手を脅す、無理やり土下座させるなど義務ではないことを強要する、SNS上に悪口を書き込むなども違法となる可能性が高いです。特にインターネット上のことは手軽な分やってしまいがちなことですから注意しましょう。

親を巻き込む

たとえば慰謝料を払ってもらおうと考えたところで、不倫相手の親を巻き込むのはいけません。不倫に親は関係ないからです。慰謝料に関しても、親には支払い義務はありません。無関係な親に不倫の事実を知らせたことで、不倫相手がプライバシーの侵害だと訴えてくる可能性が出てきます。余計なトラブルを増やさないためにも、親は巻き込まない方が賢明です。

不倫相手とのトラブルを避ける方法

殴ることや嫌がらせがダメだということはお分かりいただけたかと思います。それでも何もできずにいるのは、不倫された側の心情がなかなか静まるものではないでしょう。不倫相手とのトラブルを回避しながら、自分の気持ちをすっきりさせるためには、もっと良い方法があります。それは違法行為のない調査で不倫の証拠を淡々と集め、できるだけ高額な慰謝料を支払ってもらうことです。そこでおすすめしたいのが、探偵による不倫調査です。

探偵による調査では、自分が直接不倫相手と会うことなくして不倫相手の身元について知ることができます。そして慰謝料を請求するためには決定的な不倫の証拠が必要です。探偵は培った知識とノウハウ、経験、技術から証拠を集めます。もちろん違法行為のない正当な調査で集められる証拠です。素人だと不自然になりバレやすい尾行なども、探偵はプロですから知られずに調査を行えます。証拠集めに手間取っているなら迷わず探偵に相談してみてください。離婚したいとお考えの場合、離婚したくないと考えている場合にも証拠はとにかく重要です。感情に任せて行動する前に、調査のプロを頼ってみることをおすすめします。

まとめ

自分の大切な妻または夫の不倫相手に出会ってしまうと冷静ではいられないかもしれません。愛しているなら尚更、不倫相手への憎しみは募ることでしょう。しかしそこで感情的になって殴ることは、絶対にしてはいけません。不倫問題が解決しないどころか、かえって問題を大きくしてしまいます。殴られた不倫相手が被害届を出すかどうかにもよりますが、自分が罪に問われる可能性もあるのです。一番良い方法は、不倫の疑いを持った時点で探偵に調査を依頼し、決定的な証拠を集め、なるべく高額の慰謝料を支払わせることです。探偵は自分が有利になる証拠がどのようなものかを熟知していますし、証拠の集め方についても慣れているので安心して任せられます。一人でモヤモヤと悩んでいると、衝動的な行動にもつながりやすくなるものです。早い段階で探偵に相談し、問題を解決、心をスッキリさせることをおすすめします。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn