証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

不倫のトラウマは乗り超えることはできるのか・・・つらい気持ちを軽くする方法はある?

不倫でトラウマを抱えている人は多くいます。不倫問題で苦しんだ人の中には、さっさと切り替えて前を向ける人もいれば、何年も悩みの中から抜け出せない人がいます。不倫をしてもされても、当事者の心に深い傷を残します。

不倫のトラウマは乗り越えられるのでしょうか。まるで不幸のどん底に落ちたように苦しみから這い上がれない人のために、不倫のトラウマを解消できる方法についてご紹介します。

不倫をした人、された人のトラウマや心軽くする方法、不倫のトラウマは乗り越えることができるのかについて解説します。

不倫のトラウマの多くは疑う心

不倫された側のトラウマ

不倫をされた人は、信じていた相手に裏切られたという気持ちから立ち直ることが難しいと感じています。そのため、次にいい出会いがあっても心から信じることができないというトラウマを抱える傾向にあります。特に、ある日突然不倫の事実を知らされた人にとっては、耐えがたい痛手となっているでしょう。

夫婦の間で不倫を疑いながら生活していたり、不倫相手を知っているような状況でもつらい気持ちに変わりはありません。不倫相手との生々しいやり取りを見聞きしてしまうようなことがあればつらい思いを引きずってしまうでしょう。不倫相手が思ってもみなかった近い存在の人だとしたらなおさらです。

パートナーに対して、信じていた心を踏みにじられたと感じるでしょう。傷ついた心はいつまでも残り、新たな出会いがあっても、また裏切られるかもしれないという疑いの心を持って相手を見てしまうでしょう。

不倫した側のトラウマ

相手が既婚者であることを知らずに不倫関係になった人は、信じていた人に裏切られたというトラウマを抱える原因に。深い関係になってから既婚の事実を知ることで心に大きな傷を負ってしまうでしょう。相手を好きになる前なら引き返すことができたのに。と、後悔することに。

相手の嘘に騙されたと気が付いた時は、すっかり相手のことが好きになっていることも。離れがたい関係になり、後戻りできない気持ちに。人の夫を奪っているという罪悪感や相手の一番の存在になれないという気持ち、愛されることがないという悲しみを抱えたまま心を蝕まれてしまうでしょう。

不測の事態が起こっても不倫相手は自分を最優先しないだろうという孤独もまた、トラウマになるでしょう。

既婚者と不倫をしていた人は新たな出会いがあっても、相手が自分を大切にしてくれるのかわからず、素直な気持ちで付き合うことを避けてしまう傾向があります。また、今までの経験から相手にはパートナーがいるかもしれないという疑いの心に縛られてしまうことも。悲しい経験がトラウマを抱える原因になってしまうでしょう。

不倫のトラウマを少しでも軽くする方法

不倫のトラウマから解放されるには、どうしたらいいでしょうか。

相手が不倫に至った原因を探ってみる

責められるべき相手は不倫相手とパートナーです。しかし、自分にも至らないところがあったのかなと思ってみることで、新たな気づきや問題点が見えてくることも。夫婦生活に不満があっても、不倫に走る前に正面から向き合っていたらよかったかもしれないなど、思いを巡らせてみることで冷静になれるでしょう。

どうしてパートナーは不倫をしたのか、トラウマと向き合って自分を納得させることでこの先の人生に生かすことができます。不倫について徹底的に考えてみることで、心が落ち着くかもしれません。

不倫のトラウマを吐き出す

不倫をされた人も不倫をした人も、今まで誰にも話すことができなかったという人も多いでしょう。何でも聞いてくれる友達がいれば、今の苦しみ聞いてもらうことで癒されるでしょう。気持ちを吐き出すことがトラウマ解消の第一歩になるでしょう。

相談できる人がいない場合、現代は話を聞いてくれる人を依頼できるサービスもあります。紙に書き出してもいいでしょう。つらい気持ちを自分の中だけに貯めこまないことが大切です。

趣味に没頭して忘れる

不倫について考えたくない人におすすめです。何も考えずに打ち込めることに没頭してみましょう。悩みや苦しみは自分の中にあります。心の傷に向き合うことを一旦やめて非日常を体験したり、好きなことをして自分を忙しくしてみましょう。

スポーツやゲームなど没頭できるものをとことんやるのがおすすめ。無我夢中にやっていると知らないうちに時間が過ぎて、趣味の腕が上達したら違う仲間に恵まれるかもしれません。時間が一番の薬になることがありますので、痛みを忘れるように時間を過ごしましょう。

新たな出会いを探してみる

不倫のトラウマを抱えたままでは難しいかもしれませんが、次の恋愛を始めてみるのもトラウマ解消にはおすすめです。恋愛や結婚はもうこりごりという人にはおすすめできないかもしれませんが、心の底から信頼できる人との関係が本当の意味で心の癒しになるでしょう。

トラウマは乗り越えられるか

不倫のトラウマは、ゆっくりと時間を書ければ乗り越えることができるでしょう。しかし無理をして乗り越えようと思わずに苦しいときは思い切り泣いたり怒ったり、自分の心の中の素直な気持ちを出すことが大切。前を向けるときが来るまで、ゆっくりと自分の心に向き合ってみましょう。

不倫のトラウマは、自分自身との闘い。相手や自分を責めるばかりではトラウマから逃れることは難しいでしょう。信じる人を間違えただけと思えるようになれたら、トラウマ解消に近づいているかもしれません。

騙した事実も騙された事実も消えることはないのです。つらい気持ちを無理して隠そうとしてもぶり返し、また傷つくという繰り返しに。相手を恨んだり憎んだり、きれいではない感情が溢れるのは仕方のないことです。

しかし、人を騙すよりも騙されるほうがいいという言葉があるように、自分の心まで汚されたくはないはず。素直で優しい気持ちを思い出して、少しずつ前を向けるようにしてみましょう。自分にとって納得がいく受け止め方ができるようになれて、初めて過去と決別できるでしょう。ボロボロに傷ついたとしても、終わったことに見切りをつけるのは自分にしかできないのです。

まとめ

不倫された人、不倫した人のトラウマについてご紹介してきました。不倫で傷ついた気持ちを元に戻すことはできないでしょう。しかし、元に戻すことだけが幸せになれるわけでありません。

人の気持ちは変わります。不倫をした人だけが幸せになれるわけでもありませんし、次は自分が不倫をされて苦しむということもあるでしょう。不倫のトラウマは、自分の過去とどうやって決別するかにかかかっているといえます。

恨みや悲しみからは何も生まれません。苦しい思いをしたけど、あの体験があったから今は幸せだと思えるような人生を歩むこと。それが自分を苦しめた相手への最大の仕返しになります。決して無理をせず、いつか来る夜明けに向けて準備していくことが心の支えになるでしょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn