証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

探偵事務所の正社員になるには何が必要?詳しく解説

浮気や不倫の調査を始め、素行調査や身辺調査など、探偵業は今や「ドラマや映画」の中だけの存在ではなく、一般的な職業として認められるものとなっています。しかし、探偵業は特殊な業種であるため、雇用形態や仕事時間などはどうなのか、気になっているところだと思います。
そこで、今回の記事では、探偵事務所の正社員になるためには何が必要なのか、ご紹介していきたいと思います。

探偵の仕事

探偵の正社員になるにあたって気になるのは待遇や給与だと思います。加えて探偵業務は通常の仕事と異なるため、仕事内容についても詳しく知っておく必要があるでしょう。ここでは、探偵の仕事と待遇に関して詳しく解説していきたいと思います。

仕事内容

探偵の主な仕事は「対象者の調査」です。調査内容は依頼によって異なるため、「何を調査するのか」ということが明確に決まっているわけではありません。個人情報から交友関係、特定の期間内での行動など、その内容はさまざまです。探偵の仕事に一貫して言えるのは「依頼者の希望に沿うまで仕事が完了しない」と言うことです。いつも同じ時間に出勤して、同じ時間に帰るようなルーティンを求めている方には向いていない仕事と言えるでしょう。

探偵の給与

探偵事務所内でも、アルバイト、パート、正社員という雇用形態が存在しており、それぞれの形態で勤務時間、給与が異なってきます。また、事務所によっては歩合制や成功報酬型を採用しているところもあり、就職する探偵事務所によって給与も大きく変わってきます。ここでは、各雇用形態での給与について見ていきましょう。

  • アルバイト
    探偵事務所の中には、依頼が入った時だけ調査を依頼する「アルバイト」を採用しているところもあります。アルバイトとっても、ある程度の経験を持っていないと調査員はできないため、初心者で採用されることはあまり多くありません。
    アルバイトは一般的に日給制で5000〜2万円が相場となっています。通常のアルバイトとそう変わらないかも知れませんね。
  • パートタイマー
    パートは決まった時間帯に勤務することが多いため、調査員よりも事務所内の作業や相談員といった仕事を任されることが多いようです。パートは時給制であることが多く、時給1000〜1500円程度と比較的高い給与を得られることが出来ます。
  • 正社員
    探偵事務所で正社員として働く場合は固定給が基本となります。事務所によっては歩合制や成功報酬制にする場合もありますが、その多くは「探偵として経験や実績のある人」である必要があるため、基本は固定給と考えた方がいいでしょう。給与は月給で20〜30万円が相場と言われており、普通のサラリーマンと同等くらいと考えてもらうといいかも知れません。事務所によっては交通費の全額支給、福利厚生の充実などもあるので、待遇を考慮して事務所を選ぶのもいいかも知れません。

探偵事務所の役職(役割)

探偵事務所では、雇用形態のほかに役職も用意されています。役職といっても、一般企業のような「次長、課長、部長」といったものがあるわけではなく、仕事の役割に対しての「役職」があります。探偵事務所に就職を考えている場合は、どの役職を希望するのか明確にしておくことが大切です。

調査員

調査員は、対象者の尾行、張り込み、聞き込みといった調査を行う役職です。探偵の要であり、重要なポジションとも言えるでしょう。直接的な情報収集や調査を行うため、忍耐力をはじめ、体力や行動力、瞬時の判断力など、様々な能力が求められる仕事です。とはいえ、調査員としての実力は「経験と努力」によって積み重ねるものなので、初心者が目指すことは十分に可能です。
また、調査方法によっては最新の機器やパソコンの操作にも慣れておく必要があるため、スキルは事前に獲得しておくと有利になるかもしれません。入社時に研修などを行う事務所もあるので、初心者から始めたい人はそういった探偵業者を選択するといいでしょう。

相談員

相談員は、依頼者からの電話受付や問い合わせなどに対応する役職です。事務作業や接客を行うことが多いため、人によってOLのような仕事に感じてしまう人もいるかも知れません。実際に相談員には女性が多く、パートで働いている人も多く見られます。調査員は出来ないけど、探偵業に携わりたいと言う考えの人は相談員がお勧めです。アルバイトやパートでの雇用が多いため、正社員よりも比較的簡単に就職することができるでしょう。

探偵になったら気をつけるべきこと

正社員になるための条件は一般企業の就職条件と何ら変わりありませんが、入社するにあたって守るべきこと、気をつけるべきことがいくつかあります。これらの約束事は法律にも関わってくるため、探偵を目指すのであれば必ず肝に銘じておきましょう。

探偵業法に定められた義務を厳守する

探偵業法とは、探偵を正規の仕事として行うために守るべき法律で、探偵を運営する側も、就職する側も必ず守らなければいけない規則です。以下は探偵業法に置いて、特に守るべき内容です。

  • 調査に関わった個人情報、秘密等の保時
  • 契約時に3つの契約書を交付する
  • 契約時の重要事項説明義務
  • 調査によって得た情報の不正使用、営利目的での利用禁止

探偵業は個人情報を取り扱うため、扱い方を間違えると名誉毀損やその他の問題に発展する可能性もあります。そのため、運営者、調査員含め、探偵に携わる全ての人が情報の取り扱いに気をつけなければいけません。

まとめ

探偵事務所に正社員として就職するための難易度は、他の企業に就職する難易度とそんなに変わりません。しかし、業務の特殊性から、他の企業とは違ったスキルを求められることも多く、役に立たないスキルが役に立つこともあるかも知れません。正社員を目指すのであれば、どんなスキルも探偵業務に役に立つと考えて会得しておくのもいいかも知れません。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn