証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

結婚詐欺の調査はどんなもの?探偵事務所に頼んだ場合

ネットやSNSが普及した現代でも、結婚詐欺の被害は衰えることなく増え続けています。結婚の約束をしているけど、一向に結婚する気配がない、金銭の要求がひどくなってきた、などの場合は、結婚詐欺を目論んだ相手かも知れません。そこでオススメなのは、探偵による結婚詐欺調査です。結婚詐欺の増加によって、探偵による調査需要も増えており、必要なノウハウも揃ってきています。
今回の記事では、探偵事務所が行う結婚詐欺調査とはどんなものなのか、解説していきたいと思います。

結婚詐欺ってどういう詐欺?

結婚詐欺という言葉を耳にしたことのある人は多いと思いますが、実際にどんな詐欺が結婚詐欺なのか明確にわかる人は少ないと思います。そこで、ここでは結婚詐欺とはどういうものなのか、その定義も含めて解説していきたいと思います。

結婚詐欺とは

結婚詐欺とは、結婚を餌に相手から金品を騙し取る行為で、特に女性をターゲットにした詐欺と言えます。女性にとって結婚は「一つの夢」であり、憧れでもあります。そういった女性の夢を悪用し、お金を騙し取るだけでなく、心に深い傷を負わせるという悪質極まりない行為でもあります。騙された女性の多くは「人間不信」に陥ってしまい、人を愛するということに怯えてしまいます。
男性をターゲットにした結婚詐欺は少なく、男性と女性の価値観をうまく使った詐欺の一つと言えるでしょう。

結婚詐欺の手口

結婚詐欺を行う人物は容姿端麗で、高学歴、エリート育ちという人が多く(育ち、学歴、職種などは設定)女性にとって、最高の男性であることが多いため、「何があっても結婚したい」と思ってしまう女性も多いようです。そうした女性をターゲットに色々な手口を利用します。

  • 女性の母性を利用した詐欺
    結婚詐欺に関わらず、女性をターゲットにした詐欺の一つに「母性を利用した詐欺」があります。詐欺を行う人物の人生を壮絶なものにして、女性から援助してもらうという手法で、「母を助けるための治療費」や「家族のためのお金」などの名目で、ターゲットからお金を騙しとります。
    母性を巧みに利用した詐欺方法で、数百万円のお金を騙し取る人もいます。
  • 「結婚するため」を利用した詐欺
    「事業を成功させたら結婚する」なども名目で、事業資金を提供してもらったり(もちろん嘘)、「親の病気が治ったら結婚する」などの理由で、治療費を騙し取る方法を使った詐欺です。結婚詐欺の常套手段で、ほとんどの結婚詐欺で利用されています。側から見ると、「なぜ、こんな理由で騙される?」と思ってしまう部分もありますが、「恋は盲目」なので被害が後を絶たないのです。
  • 財産目当ての詐欺
    大富豪や、大手企業に勤めるキャリアウーマンなどをターゲットにした結婚詐欺があります。目的は財産であるため、経歴詐称や嘘の個人情報を利用しています。結婚して財産を所有したら、何らかの形で逃げる目論見であるため、結婚前に必ず仕留める必要があります。昨今はこういった大胆な結婚詐欺が増えており、「こんなことするはずがない」という思考を逆手に取った犯行とも言えます。

探偵事務所が行う結婚詐欺調査

結婚詐欺は長期戦なので、気付いた時点で対策を取ることが可能です。少しでも不安や疑問を感じたら探偵業者に調査を依頼しましょう。ここでは探偵で行う結婚詐欺の調査について解説していきたいと思います。

結婚詐欺調査の相談例

ここでは実際にあった調査依頼についてご紹介したいと思います。結婚詐欺を疑うものから、結婚に対する不安を含めたものなど、相談内容はさまざまです。

  • 結婚相手(男性)が怪しいので素性を調べたい
  • 結婚相手の経歴が良すぎるので調査してほしい
  • 現在の役職や職種が本当か調べてほしい
  • 娘が金を貸しているようなので、相手の素性を調査してほしい
  • 相手の親に挨拶をしようとしたら断られたので、調べてほしい
  • 結婚詐欺の疑いがあるからできる限りの調査をしてほしい

安全のために行う調査から、疑惑を疑っての調査まで、依頼内容は多種多様です。しかし、全てが結婚詐欺というわけではなく、依頼人の勘違いである場合もあるため、相手を「結婚詐欺師」と決めつけないように注意してください。

結婚詐欺の主な調査内容

結婚詐欺の調査には基本的な調査内容に加えて、下記のような調査も行います。

  • 尾行、追跡、張り込みなどの基本調査
  • SNSの調査(経歴、交友関係、行動など)
  • 勤務先、収入、友人関係、過去の交際相手の調査
  • 実家、親、親族の確認
  • 犯罪歴の調査、訴訟履歴
  • 過去の交際、結婚履歴など
  • 人格、評判、性格など

ほとんどの内容は、探偵の調査によって調べることが可能ですが、犯罪歴や訴訟歴、本籍地や実家の所在などは公的な方法を使うことができないため、交友関係や親類関係の人からの聞き込みが主体となります。しかし、結婚詐欺の可能性があれば、探偵調査の時点で何かしらの「アラ」が見つかるため、たとえ決定的な証拠が見つからなかったとしても、詐欺被害を未然に防ぐことが可能になるでしょう。

結婚詐欺調査の実例

ここでは、実際に結婚詐欺調査でどんなことがわかったのかを、実例を交えてご紹介します。

SNSで知り合った20代青年実業家の男性

「依頼者は30代 事務職の女性(OL)Aさん」
SNSで知り合った男性と意気投合したAさんは結婚を決意、男性も結婚へ前向きだった。男性は高収入だったため、結婚後はAさんに専業主婦を希望しており、Aさんも同意していた。株投資で儲けを出していた男性は、Aさんに株投資を進め、貯金全額を投資した。(数百万円)
その後、結婚式の日取りや場所などを話し合っていたが、男性が突然音信不通になってしまう。男性の身を案じたAさんは警察に相談したが見つからず、途方に暮れる。それから二週間後、突然男性から「株投資に失敗したから100万円貸してほしい」という連絡が入る。男性の身を案じたAさんは男性の言う通りに100万円を振り込んだが、その後連絡は取れず音信不通になった。
数日後、「結婚詐欺」ではないかという疑いを持ったAさんは探偵に調査依頼をした。幸いにもAさんは男性の実家住所を知っていたため、男性の居所を突き止めることが出来た。調査の結果、男性は実業家ではなく、フリーターで実家暮らしをしており、騙し取ったお金で豪遊しているという事実が分かったため、Aさんは弁護士に依頼して訴訟を起こすことにした。
男性は示談を希望し、騙し取ったお金は全て返金するということで解決するに至った。

このケースでは、男性の居場所を特定できたため、比較的簡単に解決することができましたが、犯人が結婚詐欺の手口に慣れている場合は、証拠を残さないため調査が難航しやすくなります。結婚すると分かった時点で相手のことをある程度調べておくと、万が一詐欺にあった場合でも対処することができるでしょう。

まとめ

今回の記事では、探偵事務所が行う結婚詐欺の調査について解説させて頂きました。今の相手に少しでも結婚詐欺の可能性を感じたら、まずは探偵業者に調査を依頼して、調べてみることから始めてみましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn