証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

依頼者から訴えられるような探偵事務所を見分ける方法とは?

この記事では、依頼者から訴えられるような探偵事務所の見分け方についてお話します。探偵に調査を依頼して情報を集めてもらったけれど、その調査報告が原因で自分が訴えられるようなことがあっては元も子もありません。これから探偵事務所に調査を依頼したいけれど、安心して調査を依頼できる探偵事務所を探しているという方は、参考にしていただけると幸甚です。

依頼者から訴えられるような探偵事務所とは?

探偵事務所に調査を依頼しようと思ったら、たくさんの探偵事務所があるためどこに相談したらいいか迷ってしまうという方は非常に多いのではないでしょうか。確かに料金一つにしても、格安な探偵事務所もあれば高額なところもあるので、どこを選んでいいのか迷ってしまいます。

依頼者から訴えられるような探偵事務所も混じっています。では、依頼者から訴えられるような探偵事務所とはどんなものなのでしょうか。調査の依頼者から訴えられようなる探偵事務所は、次のような事例が挙げられます。

  • 依頼した探偵事務所が探偵業の届出をしていなかった
  • 探偵事務所が探偵業法に基づいた調査を行っておらず、調査対象者のプライバシーを侵害するような調査を行った

基本的に探偵は適切な届出を行っていれば、探偵業法に基づいて調査を行うことが出来ますし、探偵業法の基に行われた調査に関しては契約の時点で納得している場合訴えることが出来ないことが多いです。ですが、探偵業を行うにあたって必要な届出をしていなかったり、探偵業法に基づかない調査を行ったりした場合は、依頼者から訴えられてもおかしくありません。

依頼者から訴えられるような探偵事務所を利用したらどうなる?

十分な事前の確認をしないまま、依頼者から訴えられるような探偵事務所を利用してしまった場合、自分自身がトラブルに巻き込まれて、調査対象者から逆に訴えられてしまうことにもなりかねません。

例えば夫の浮気の調査で、依頼者から訴えられるような探偵事務所とは知らずに調査の依頼をしたとします。調査の過程で、探偵が探偵業法の範囲外でプライバシーの侵害となるような調査を行ってしまい、夫から逆に訴えられるなど不利な状況になってしまうということもあり得ます。

また探偵は探偵業を行う際に警察に届出て探偵業届出証明書を受け取る必要がありますが、この届け出自体がされていない探偵事務所もあります。届出をしていないということは、探偵業法に基づくプライバシーに関わるような調査を行うことは出来ないということです。そんな状況で調査をして依頼者に証拠として写真などを提出しても、違法な状況で得られているということから証拠として認められません。

それくらい探偵の調査というのはもともとプライバシーに関わることなので、法律でも厳しく定められていることも多いですし、そのことを熟知している探偵事務所を選択する必要があります。ですから、探偵事務所に調査の依頼を考えている場合は、まず色んな探偵事務所を比較し、依頼人から訴えられるような探偵事務所を見分けましょう。

依頼者から訴えられるような探偵事務所を見分けるには?

探偵業届出証明書の確認

探偵事務所をどこにするのか迷っているのであれば、探偵業届出証明書が探偵事務所に掲げてあるか確認をしましょう。インターネットのサイトでも、探偵届出番号を記載している探偵事務所がありますので、そちらを確認するのもおすすめです。

口コミ

探偵事務所の中には、口コミサイトなどによって利用した際の状況を把握することが出来るところがあります。利用した際の受付や探偵の対応について、生の声を参考にできるので、良かったら参考にしてみてはいかがでしょうか。

行政処分を受けていないかどうかの確認

探偵事務所が行政処分を受けた過去があるかどうか、インターネットを利用して確認することが出来ます。県が公表していますので、事前に確認して安心して調査を利用できるかどうか判断する材料にしましょう。

探偵事務所に足を運んで目で見て確認

探偵事務所の中には、名前はあっても実際にインターネットに記載されている住所に行ってみたら実在していなかったというケースもあります。ですから、探偵事務所をどこにするのか迷っているのであれば、実際に足を運んで目でみて確認をするというのは非常に重要なことです。

探偵事務所に足を運ぶことによって、探偵業届出証明書を確認することも可能ですし、実際に探偵事務所のスタッフと話をすることで、その対応を肌で感じることが出来ます。

契約書の確認

契約書の確認なんて、聞いても分からないから聞かなくてもいいと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、分からない項目はどういうことか質問しながらでも、1つずつ丁寧に話を聞くのがおすすめです。

契約書にサインをするということは、自分はこの探偵事務所から納得いく説明を受けて理解した上で調査を依頼しているという証になってしまいます。ですから、調査報告を受けた後でこんなはずではなかったとなっても、訴えることさえ出来ない場合もあります。ですから、契約書は面倒でもよく確認しましょう。

料金の体系をしっかり把握

探偵事務所を選ぶ際に迷う原因の一つとなるのが、料金です。探偵事務所によって料金の体系は大きく異なるため、料金がどのくらいかかるのか濁すようなところでは、追加料金を請求されることにもなりかねません。明確にこのくらいかかるというのを、分かり易く調査内容とともに説明をしてくれる探偵事務所を選ぶと安心です。

調査報告書を見せてもらう

探偵事務所でどのような調査を行うのか、話だけを聞いても分かりませんので、調査報告書を見せてもらえないか提案してみましょう。調査報告書を見せてもらうことで、今後十分な調査を行ってくれそうだという判断をすることができます。

薄っぺらの報告書に少しの報告内容しか記載されていない場合は、高額な金額で依頼しても納得できないですし、後々の後悔にもつながりかねません。ですから、調査報告書を見せてもらうことで、事務所選びの参考にするのがおすすめです。

まとめ

この記事では、依頼人から訴えられるような探偵事務所を選ばない方法についてお話しました。探偵事務所はたくさんありますので、十分な情報収集をして選ばなければ、自分自身がトラブルに巻き込まれてしまうことにもなりかねません。探偵業法に基づいて調査が行われているか、また届け出をしているかなどよく確認して、信頼できる探偵事務所を見つけるようにしましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn