証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

探偵の素行調査で半年以上かかることってあるの?

探偵による素行調査の期間はおおよそ、10日から一ヶ月程度と言われており、基本的には2週間程度で調査完了するようです。しかし、案件によっては数ヶ月から半年以上の月日をかけるものもあり、探偵の素行調査と言っても、一括りにできる物ではありません。そこで、今回の記事では長期間の調査を必要とする素行調査とはどんなものなのか、ご紹介していきたいと思います。

素行調査の相場と期間

素行調査とは、対象者の素行(生活習慣、交友関係、金銭状況、勤務先での態度など)を調べる調査方法で、探偵業者の中では「基本的な業務」と言えるでしょう。ここでは、素行調査ではどんな調査を行い、どのくらいの費用と期間がかかるのか、をご紹介していきたいと思います。

調査内容

素行調査は、尾行、追跡、張り込みの三つを主体に、ネットやSNSでの状況、周辺住民への聞き込みなどで調べる方法です。素行調査をするための条件として、「対象者が明確」であることと、「対象者の居場所」がある程度把握されていることが大切です。対象者だけでも可能ですが、住んでいる場所が分からないと、対象者の素行を調査するまでに時間がかかってしまうため、調査期間が大幅に増えることにもなりかねません。

調査費用

調査費用は探偵事務所によって異なりますが、一般的に調査員一人の調査費用は1時間で1万円と言われており、調査開始から完了までの費用は10万〜200万円程度となります。素行調査では、1日に調査される時間が約5時間と言われており、一日5万円で計算すると良いかも知れません。ただし、探偵事務所によっては、複数の調査員を起用することもあるため、その際には人数の分だけ増えることになります。調査期間が長引くほどに高額になっていくため、短期間の調査を希望する人も少なくありません。

調査期間

素行調査の期間は最短で3日、最長で数ヶ月以上になることもあります。期間は調査する内容や調査人数にも関わってくるため、単純に最短期間で調査を終えるということは出来ません。3日で調査を完了するケースでは、対象者の情報がある程度わかっている、対象者の情報を持っている第三者を見つけた、などの理由が含まれているので、基本的にはこの期間で終了することはあまりないと考えた方がいいでしょう。

調査可能エリア

探偵による素行調査は、事務所がある基本エリアを始め、隣接した都道府県も調査対象に入ります。また、探偵業者によっては「日本全国」を調査対象として調査する所もあり、調査エリアはそれぞれに異なるといえます。ただし、日本全国が調査エリアになっている探偵業者の調査費用は「非常に高額」である可能性が高いため、依頼する時点で、相応の覚悟をしておく必要があります。「いくら費用をかけても依頼したい」という人であれば、うってつけの探偵業者と言えるでしょう。

長期化する素行調査とは?

素行調査の中でも長期化しやすいケースは、都道府県を跨いだ調査です。依頼者の中には、住所不定で、活動場所が分からないような人を調査対象として依頼する人もいます。こういったケースでは、人物の特定はもちろん、行動範囲を把握する必要があるため、多くの人員と期間を必要とします。場合によっては何日も有力な情報が得られずに張り込みや聞き込みを行うこともあるでしょう。しかし、依頼者が望むのであれば、結果が出るまで調査を続行するということも十分にあり得るのです。

依頼者が長期的な依頼を望むケース

探偵業者では提示した期間内に満足のいく結果を得られないとしても、その段階で一度「調査結果」として依頼者に調査結果を報告するようにしています。依頼者との話し合いによって、今後調査を続けるのか、これで調査を終了するのかを判断することになりますが、依頼者側から追加の調査依頼が出た場合には、延長することになります。延長期間も人それぞれですが、概ね数ヶ月から1年程度の期間、調査依頼を行う方もいらっしゃいます。

行方不明になった人物を探すケース

行方不明届を行なって、警察による捜索が開始しているにも関わらず、有力な情報が得られない場合などに依頼者が探偵に調査を依頼することがあります。しかし、警察でも行方を掴めない状況なので、探偵業者であっても調査は困難を極めます。「人探し」の場合、依頼する時点から数ヶ月単位の調査期間を設けており、人員も通常の調査よりも多く配置しているため、調査費用が高額になることが多いようです。

長期化する素行調査を依頼するリスク

調査する状況によりますが、探偵による素行調査は「予定通りに行かない」ことの方が多く、調査期間の短縮や延長はもちろん、やむを得ない状況で中断するということも考えられます。そのため、長期化する素行調査はリスクの高い行為とも言えます。実際に長期の素行調査をするとどんなリスクがあるのでしょうか?

調査費用を騙し取られる可能性

正規の手続きを取って運営している探偵事務所であれば、悪徳な行為をすることはほとんどありませんが、長期の調査というのは、探偵事務所側にとっても「大きな負担」になります。元々、そういった調査も想定している事務所であれば問題ありませんが、そうでない探偵業者は、「途中で調査を諦める」可能性もあるのです。そして、嘘の調査結果を報告し、お金を騙し取られる可能性も否定できません。

違法調査や違法行為によるトラブル

早く調査結果を出した方が利益になり、事務所としても運営効率がよくなります。しかし、長期的な素行調査などがあると、調査員不足などによって、他の案件に着手できないなどのデメリットが増えてしまうため、強引な方法で調査をしたり、違法行為を行なってしまうことも十分に考えられます。そうしたトラブルが起こると、依頼者にまでその火種が飛び火してしまうこともあるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回の記事では、「長期化する素行調査について」詳しく解説させていただきました。結論から申し上げますと、長期間の素行調査は可能です。しかし、膨れ上がる調査費用や、別のリスクなどの発生など、それなりのデメリットも増えてしまうため、依頼する場合には注意することが必要です。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn