証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

難易度に応じて素行調査の報告内容が変わるのをご存じですか?

自分が依頼をする素行調査で期待している結果が出るかどうか気になる人もいます。素行調査も依頼内容に対して難易度があるからです。難しい依頼になればなるほど満足できる調査結果を得ることができないかもしれません。どのような難易度の調査がどのくらいの難易度なのか理解することで依頼する調査会社が変わります。

素行調査の期間によって難易度が変わる

素行調査も多岐に渡るのでそれぞれの内容によって難易度が変わります。調査会社の得意分野不得意分野もありますし、経験や実績やスキルなども大きく関わってくるのが素行調査の難しいところでもあります。どのような素行調査であっても確実に期待している報告をしてくれる業者を選ぶ必要があります。

難易度が高いと期待している報告を受けられない可能性がある

依頼内容によって調査期間が長くなる可能性があるのにも関わらず、短期間で調査をしてほしいと依頼した場合、その期間内で期待している結果を得ることができないと難易度が高くなってしまいます。

調査を依頼する予算が限られているとその範囲内で調査をしなければいけないので、限られた時間の中で調査をすることになり難易度が高くなってしまうことを事前に理解する必要があります。それでも良いから調査を依頼するか、複数の調査会社に見積もりを作成してもらい費用が安いところに依頼をするか、どちらかの判断を決断しなければいけません。

時間がかかることもある

素行調査の難易度に応じて時間がかかってしまう可能性があります。調査した時間だけ料金を支払うプランだとその分の料金を支払う必要があります。予想以上に料金がかかってしまうことを十分に理解して素行調査をしてもらいましょう。

素行調査をする業者によって得意分野不得意分野があります。得意分野であれば早い段階で決定的証拠を掴んでくれるかもしれません。しかし不得意分野であれば時間もかかり難易度が高くなって思うような報告を得られない場合があります。

契約する前にしっかり話し合う

依頼者が納得する報告を得るために、依頼内容が業者にとってどのくらいの難易度なのかどうかを、契約をする前にしっかり話し合って納得した形で判断するようにしてください。依頼を検討している調査会社にとってどのくらいの難易度になるかどうか契約をする前に見極めてください。

もし難易度が高い調査になることを告げられたら思うような調査報告を受けられない可能性があります。そのときは遠慮せずに断る勇気を持つことも重要です。今は多くの調査会社で無料相談を実施しているので、焦らずに無料相談の範囲の中で、依頼内容でちゃんと期待する結果を得ることができる難易度なのかどうか確認してください。

相手が警戒していると難易度が高くなる

素行調査は調査技術やスキルや経験で調査員の難易度が変わってきますが、それだけでなく相手が警戒していても難易度が高くなることを理解してください。絶対気付いてないと思ってもちょっとしたことで調査をされていると思うと急に警戒してしまいます。

対象者の性格が神経質で心配性だと尾行されているかもしれないと思って警戒度が増します。対象者が警戒してしまうと思うように調査ができなくて依頼者が期待しているような報告を受けられない可能性があります。

このようなケースの場合は事前に調査会社に対象者の性格を伝えておくことが重要です。相手の性格や予想できる行動など分かりやすく調査員に伝えておくことで対策をすることができます。そして円滑に調査を進めることができます。

自然の流れで尾行するのが良い

素行調査を依頼しても依頼者は変に意識することなく普段通りに対象者と接してください。日常生活の中のちょっとした変化に気付いて急に警戒するようになるかもしれません。あくまでも自然の流れで気づかれないようにうまく調査に持ち込むことで、対象者に警戒されずに済みます。

調査の対象者に少しでも怪しまれてしまうと急に警戒度が増して調査にも支障が出てしまいます。不倫などは特に警戒をするので、日頃から配偶者が怪しいと思っているとそれが相手にも伝わって警戒します。

一番良いのは普段の生活の中で疑いの目で見ることなく自然の流れで調査をしてもらうのが、難易度を上げないで調査することができます。普段の生活の中でちょっとでも怪しい・おかしいと思ったらいきなり問い詰めたりすることなく、普段通りの生活をしながら素行調査を依頼したほうが対象者を刺激することなく警戒されないで済みます。

焦らず業者を決める

素行調査の難易度によって料金も調査期間も変わるので、予算の範囲内で調査をしてくれる業者を選択することが重要です。焦って契約をしても思うような結果を得られなければ意味がありません。そうならないために自分が依頼をする内容を的確に調査をしてくれる業者を選んでください。

話を聞いてもらう

まずは依頼者がどのようなことで悩んでいるかを調査会社に伝えることが大切です。この内容であれば難易度が高くないから受けられると言ってくれる業者を選択するべきです。難易度が高くなれば調査が失敗に終わる可能性があります。そうならないためにもしっかり話を聞いてもらいその内容でどのような調査をしてくれるかを聞いて判断してください。

調査期間が短ければ難易度が上がる

予算に応じて素行調査の調査期間が変わってきます。余裕があればじっくりと調査が出来て難易度も下がります。反対に限られた調査期間しかない場合その期間内に調査をしなければいけないプレッシャーから自然と難易度が上がってしまいます。

自分が支払える予算の中で難易度が高くならない調査をしてくれる業者を選んでください。これは複数の業者から見積もりを作成してもらい比較することで契約をする業者をどれにすればいいかが分かってきます。

まとめ

依頼内容によって素行調査の難易度が変わります。難易度が高くても対応してくれてしっかり調査報告をしてくれる業者を選んでください。どのような状況でもしっかり調査をしてくれる業者があります。依頼者がそのような業者と巡り合うことができるかどうかが、素行調査をして本当に良かったと思える分かれ目になります。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn