証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

結婚前に素行調査はした方がいい?失敗しない結婚

現代の日本では結婚前にパートナーの素行調査を依頼する人が増えています。その原因の一つに、相手のことを知らずに結婚して離婚するパターンが多いから、ということが挙げられます。結婚した相手の経歴が全て嘘だった、実は多額の借金をしていた、結婚詐欺師だったなど、結婚後に大きなトラブルに発展することは少なくありません。そうした問題を回避するために、結婚前に調査を依頼するということなのでしょう。
そこで、今回の記事では、結婚前に素行調査を依頼すべきか?という点について解説していきたいと思います。

結婚前素行調査で分かること

これまでは、結婚相手に不安を感じた両親や親戚が、探偵に調査を依頼するというケースが多かったのですが、最近は結婚するパートナー側から調査を依頼するというケースも増えています。日本では離婚率も年々増加しており、結婚に対する警戒心が高まっているのも原因の一つと考えられます。しかし、素行調査は相手のプライベートを知ることです。調査することによって、「知りたくなかった現実」を知ってしまう可能性もあるということを最初に理解しておかなければなりません。

結婚相手の素性

素行調査は、対象者の尾行、張り込み、聞き込み調査を中心に行われます。そうした調査から対象者の人間性や、生活感、家族や交友関係、金銭状況など、あらゆるプライベートな情報を知ることが出来ます。相手が少しでも嘘をついていれば、調査によってその嘘が簡単にバレてしまうことになります。場合によっては「裏切られた」と感じてしまうこともあるかも知れません。

結婚相手の勤務先、勤務態度など

素行調査では、勤務先での行動などもチェックするため、必然的に職場や同僚との交友関係なども調べることになります。調査の度合いにもよりますが、社内での評判や成績、人間関係などを詳細に知ることが可能です。しかし、こうした調査の結果、職場内恋愛や浮気などを行なっているような事実が発覚することも多く、依頼者側は「それ相応の覚悟」を持っておく必要があると言えるでしょう。

持病や病気など、体の状況

素行調査によって、依頼者には伝えていない持病や病気の存在が発覚することもあります。そうした状況を事前に把握するためにも探偵による調査は有効であると言えます。

素行調査した後の対応

素行調査の目的は人それぞれです。嘘のチェック、信頼できる相手かのチェック、結婚詐欺師のチェックなど、結婚前調査にはさまざまな理由があります。しかし、調査を終えた後、どういう対応するべきかわからないという人も多いと思います。本人に真実を告げることも大切ですが、密かに裏で相手を探る行為は「裏切り行為」とも取られかねません。そこで、ここでは調査後の対応方法について解説したいと思います。

婚約してる場合

婚約している場合は、素直に調査したことを告白することをお勧めします。調査によって「結婚を継続できない出来ない理由が発生した」ということをしっかり相手に伝えるべきです。ここで、中途半端に同情してしまうと、相手はそれを利用して、こちらを責めてくる可能性もあるからです。調査を依頼した時点で「結末がある」ということを想定しておくと、相手に伝えることも比較的楽にできるかも知れません。

婚約していない(口約束など)

婚約していないのであれば、他の理由を作って別れを切り出すという方法もありだと思います。相手を調査するという行為は一種の「プライバシーの侵害」にあたるので、それ相応の理由がなければ口外することはしない方がいいでしょう。調査結果を報告せずに別れを切り出すことができるなら、その方が今後に関しても安全です。ただし、別れを切り出す際には「相手が未練を持たない」ようにしっかり別れを告げることが大切です。

家族や親族に相談する

調査結果が自分の想像を超える問題であった場合には、自分の親、相手側の親へ相談することをお勧めします。自分一人で判断してしまうと、思わぬ方向へ向かってしまうこともあるため、まずは相談してどうするかを話し合ったほうがいいでしょう。犯罪を伴う問題である場合は、警察への通報も検討してください。

恋人でも素行調査を依頼するべきケース

素行調査は結婚前だけでなく、付き合う予定の人や現在の恋人に行う必要があるケースも存在します。

交際相手の交際数が多い

現在付き合っている恋人、または付き合う予定のある恋人が、過去に数十名以上の相手と付き合っている場合には調査をしたほうがいいかも知れません。付き合う人の人数が多い人は浮気や不倫なども常習的に行なっている確率が高く、他の女性とも二股をかけているかも知れません。付き合っていないのならば、調査によって被害は最小限に抑えられることが出来ます。

反社会的な風貌、交友関係がある

不良のような男性に惹かれる女性は多いと思いますが、そうした人の中には暴力団や半グレ組織と関係を持っている人も少なくありません。そうした人と付き合ってしまうと、違法ドラックや犯罪行為に加担させられてしまう可能性もあります。反社会的な気配を持った人とお付き合いをする場合は、素行調査を行なったほうがいいでしょう。

人格に問題がある

あるタイミングを境に人が変わってしまうような人や、多重人格の可能性がある場合は、素行調査を行なった方が良いかもしれません。過去に犯罪を犯していたり、自傷行為を行なっている可能性もあります。今後相手と結婚を考えているならば、調査によって相手の真相を知ることも可能になります。

まとめ

今回の記事では、結婚前に素行調査は必要なのか?ということに関して解説させていただきました。結論を言いますと、結婚前の素行調査は基本的に必要です。結婚前に相手と幾度となく話し合いを続け、嘘偽りなく本音を語り合うことが出来ているのであれば、相手を信頼して結婚するという選択肢が考えられますが、そうでない場合は、嘘や詐欺の可能性を否定できないため、信頼するためにも調査するという選択肢が考えられるでしょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn