証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

企業が信頼関係を構築できる人材を確保するには、採用調査が重要!

採用調査は面接や履歴書だけでは分からない、求職者の素顔を知ることができます。信頼関係を構築できる人材を確保するためには、会社にとって非常に重要な手段です。この記事では、採用調査の重要性と、探偵を利用した採用調査のメリットについてお話します。人材を採用する際に、参考にしていただけると幸甚です。

信頼関係を構築できる人材を確保するために採用調査が必要

採用調査は、求職者の人となりを知るための重要な調査です。

会社にとってのリスク回避

信頼できない人材を採用してしまうと、会社に大きな損害をもたらすことになってしまいます。面接だけその人となりは分かりません。上辺を取り繕って、問題なく面接で自己アピールをしていることも考えられます。ですから、会社にとってのリスクを回避するために、採用調査を行って信頼できる人材を確保する必要があります。

例えば会社の職種や仕事の内容を理解してない人材を採用したとします。社員によっては、ちょっとSNSで会社の不満をつぶやいたつもりが、拡散されて世間からブラック企業呼ばわりされてしまうこともあります。会社の業務に理解のある信頼できるに値する人材かどうか、事前に知ることが重要です。

また前の勤め先で、パワハラやセクハラで解雇されていた場合、前の勤め先の情報をあらかじめ把握しておかなければ、同じことを会社で繰りかえされてしまう可能性もあります。そうなると、本当に会社にとって必要な人材が会社を辞めてしまうことになってしまったり、仕事のチームワークにも支障がでてしまったりするため、仕事のパフォーマンスが悪くなってしまいます。信頼関係の構築どころではありません。

一度採用したら辞めさせるのは難しい

信頼できる人材だと思い一度採用してしまうと、採用後に問題が発覚して会社にとって不利益をもたらすかもしれないと分かった場合、信頼関係を築くことが難しいですし、簡単に辞めさせるのは難しいです。これは法律によって、会社の都合による解雇は禁じられているためです。

ですが、実際に採用した社員が問題を起こしてから解雇するというのでは、会社にとっての損害が大きく会社の経営自体が傾いてしまうということも十分考えられます。あらかじめそういった危険な状況を避けるためにも、採用調査を行っておきたいとこです。

履歴書に全て正しいことが書かれているとは限らない

求職者は履歴書に必要な経歴や履歴を記入して会社に提出しますが、この履歴書に偽りの内容が書かれていることは許されません。事実を書かなければなりませんが、実際は経歴や履歴を詐称して記入しているものもあります。詐称して記入している時点で、すでに信頼関係の構築は難しい状況です。

それを会社側が見抜けなければ、会社にとって不利益をもたらす人材を採用してしまうことになりかねません。ですが、履歴書と面接だけでは、経歴や履歴を詐称しているかどうか見抜くことは難しいです。そこで重要となるのが前職の調査や、採用調査です。履歴書では分からない、真実を知ることができます。

会社自ら採用調査は出来る?

会社独自で採用調査はできる

採用調査は、違法ではありませんし会社自ら行うことができます。ですが、採用調査の方法や調査の内容によっては、違法となってしまうことがあるため、注意が必要です。会社が独自に採用調査を行う場合は、次の項目を守りましょう。

  • 採用調査を行うことを、求職者に伝える
  • どんな目的で採用調査を行うのか求職者に伝える
  • 調査で得た求職者の情報を、他の目的で使用しないこと求職者に伝える

誰だって自分の知らないところでコソコソと自分のことを調べ回られるのは気持ちが悪いですし、本人の同意なくして調査を行うのは違法になりかねません。

会社の社員にかかる負担が大きい

会社独自で採用調査をすることはできますが、その採用調査を行う社員は自分の抱えている仕事以外にも、採用調査に多くの時間を費やすことになるため、社員にかかる負担はとても大きいです。

採用調査には探偵を利用するのがおすすめ

採用調査を行う社員の負担を減らせる

先の項目でもお話しましたが、採用調査を会社独自で行った場合、通常業務以外の仕事もしなければならないため、採用調査を行う社員の負担は大きくなります。そこで調査のプロである探偵に採用調査を依頼することで、社員の負担を減らし仕事に集中してもらうことが可能です。これによって仕事の質も上がることが考えられます。

採用調査が違法となり訴訟問題になることを防げる

採用調査は慎重に行わなければ、法律に触れる内容もありますので、素人が行うと訴訟問題になってしまうことも考えられますが、探偵に任せることで法律の範囲内で必要な調査・報告をしてもらえます。ただし、探偵会社によっては、違法な調査を行うところもありますので、探偵会社も信頼できる会社を選びましょう。採用調査に実績の多い探偵会社を選ぶことがおすすめです。

探偵に採用調査を依頼するのは違法なのではと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、探偵は営業の届け出を行っていれば探偵業法によって調査が認められています。ですから、安心して探偵に調査を依頼することが可能です。

探偵会社も差別につながるような調査は行いませんので、事前に会社は採用調査でどんなことを調査して欲しいのかということを、探偵に分かり易く伝える必要があります。

的確に信頼性の高い情報を得られる

探偵は調査のプロです。信頼関係を構築できる人材かを重点的に知りたいのであれば、誠実で自ら積極的に動く姿勢がみられること、おごらず常に学ぶ姿勢であること、自分の信念を持ちつつ周りを信用して任せる姿勢など、会社がイメージする判断材料を探偵に伝えましょう。信頼関係を築ける人材か、信頼性の高い情報を得ることができます。

まとめ

この記事では、信頼関係を構築できる人材を確保するためになぜ採用調査が重要なのかというお話しました。会社にとって採用する人材というのは、会社の利益・不利益を左右すると言っても過言ではありません。優秀で信頼関係を構築できる人材を確保するためにも、採用調査の利用を検討しているのであれば、探偵に相談されることをおすすめします。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn