証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

CSRをどう捉えたらいい?反社勢力とのつながりは、違反になるの?

CSRは最近よく聞かれるようになりましたが、企業にとってこれからの時代を生き残っていくためには、とても重要な取り組みと言えます。この記事では、CSRの捉え方についてお話しますが、反社勢力とのつながりは違反になるのか、反社勢力とのつながりに巻き込まれないためにはどうしたらいいのかについてもお話しますので、参考にしていただけると幸甚です。

CSRをどう捉える?

CSRとは?

CSRはCorporate Social Responsibilityの頭文字を取った言葉で、企業の社会的責任を指しています。企業が社会に対して責任を果たしながら、社会と共に企業が発展していくための、社会と企業にとってwin-winの関係を目指した取り組みと言えます。

企業はそもそも利益を目的として物を作って売ったりサービスを提供したりしますが、社会を作っている一員として利益だけを求めるのではなく、世の中が良くなっていくよう努力をすることが求められています。そのために、企業で働く人、企業のある地域の人、企業の商品やサービスや商品を購入したり利用したりする人など、様々な人が生活しやすくなるような取り組みがCSRです。

CSRの捉え方は様々

CSRは明確な定義があるわけではありませんので、捉え方は企業によって様々です。商品やサービスの提供、人々の雇用を創り出す、税金の納付など社会に対して貢献するというのもCSRです。ですが、これからの時代は、それだけでは社会からの要望に応えられているとは言えません。

CSRの捉え方として、いくつか例を挙げてみましょう。

  • 企業の物づくりやサービスを生かし、社会に貢献
  • 反社勢力とのつながりを排除
  • 社会のルールを守る
  • 消費者にとって安全で安心出来るサービスや商品の提供
  • 地域の生活環境に配慮
  • 自然環境に優しい取り組み
  • 地域の住民に迷惑をかけない
  • 企業がどんなことをしているのか世の中に対して明確に説明する

企業が利益を追求することにばかりに目を向け、ルールを無視したり、環境を破壊したり、地域の人に迷惑をかけてしまうと、社会的な信用を失うことになります。企業は自分たちだけではなく、色々な人の存在によって成り立っているということを理解しなければなりません。

消費者の信頼を獲得するというのは、企業が生き残る上で非常に重要で、悪評はあっという間に広がり、企業が倒産に追い込まれるケースもあります。逆に言えば、それくらい企業は社会に対して良くも悪くも大きな影響を与えます。

例えば環境問題が大きく取り上げられるようになった昨今、自然破壊をするような企業はとてもイメージが悪く、消費者や地域住民、世の中から愛される企業とならなければ、企業が生き残っていくことは難しいです。これは商品やサービスそのものだけではなく、企業としての評価が高いかどうかによって、商品やサービスが選ばれるようになってきたと言えます。

企業が地域に根差すというのはとても難しいことですし、信頼を築くためには企業が社会的責任を果たさなければ世の中の人からの理解を得られません。ですから、企業のある地域をはじめとする、世の中の人に対して、どんな企業なのか明確に示すCSRの取り組みが重要です。

企業がCSRに取り組むメリット

CSRに取り組むメリットを挙げてみましょう。

  • 企業価値が上がる
  • 企業の技術が社会の利益につながる
  • 社員の満足度が上がる
  • 消費者の評価が上がる
  • 優秀な人材集めにつながる

社会に対して誠実な取り組みを明確にするというのは、企業にとってたくさんのメリットがあるということが分かります。

反社勢力とのつながりはCSR違反に当てはまる?

反社勢力とのつながりは、企業にとっては大きなイメージダウンです。ですから、CRSの取り組みとして反社への対応について明記している企業はとても多いですし、企業にとっては非常に重要な項目と言えます。

  • 反社勢力の不当要求に対して、毅然とした態度をとる
  • 反社勢力の要求に応じない
  • 反社勢力との関係を一切遮断
  • 反社勢力に対しての取り組みとして、企業内に責任者の配置を行う

上記はほんの一例ですが、企業によってそれぞれ反社勢力に対しての取り組みを明確に示しています。それだけ、反社勢力は社会における秩序や安全に脅威を与える存在ですし、反社勢力とのつながりがないと明記することで、消費者や地域住民、会社の従業員に安心感を与えることができます。

反社勢力との関り調査を行うのであれば探偵がおすすめ

これから取引しようとしている企業

これから取引しようとしている企業が、CSRとして反社勢力との関係はないとしていても、実際のところ本当に関係はないのかと不安になってしまいます。もしも、実際に取引をした後に、実は取引先の企業がCSRに違反して反社と関りがあるということが分かった場合、自分の企業まで顧客や地域住民をはじめとする、世の中の人々からの信用を失いかねません。

そこで、事前に反社勢力とのつながりが本当にないのか調査しておくと、万が一に備えて安心して取引を行うことが可能です。事前の調査は自分の企業で行うことも出来ますが、なかなか素人が調査して得られる情報ではないケースがほとんどです。ですから、探偵に調査を依頼することによって、信頼できる情報を得ることが出来ます。

これから採用しようとしている人物

いくら自分の会社がCSRへの取り組みに力を入れたり、情報を開示したりしていたとしても、これから採用しようとしている人物が反社に関わりのある人物であった場合、会社への損失が出ることが十分考えられます。ですから、人材を確保するための採用の際には、より注意が必要です。

中途採用の場合は、前職での仕事の内容や辞めた理由などをリファレンスチェックしておく、もしくは探偵に依頼して素行を調査してもらうことがおすすめです。採用調査においても、企業が行うことも出来ますが、個人情報の扱いに関連してくると、調査の方法によっては法律に触れてしまう可能性も高くなり、逆に訴えられてしまうことにもなりかねません。

法律の範囲内で適切な調査を行うことが出来るのは、プロである探偵がおすすめです。反社勢力とのつながりがあるかどうかの調査や、採用調査に長けている探偵会社に相談をしてみましょう。

まとめ

この記事では、CSRについてお話しました。反社勢力とのつながりはCSR違反となり、企業のイメージダウンは非常に大きく、損失となりかねません。事前にトラブルを防ぐためにも、探偵に調査を依頼して反社勢力とのつながりを防ぐことをおすすめします。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒反社チェックの詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn