証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

住民票を利用した人探しは可能なのか? 人探しは探偵に依頼することも有効

人探しには様々な方法があります。その中でも、住民票を利用した人探しは、非常に有効な手段といえるでしょう。しかし、住民票は個人情報に該当するため、閲覧するには一定の制限を設けられています。ここでは、住民票を閲覧する方法と閲覧できる者、閲覧できない者をご紹介します。また、住民票で人探しが困難な場合、探偵に依頼する理由も合わせてご紹介します。

住民票を閲覧できる者、閲覧できない者

住民票は、人探しにおいて大きな手がかりになる可能性は高いでしょう。しかし、誰でも住民票を自由に閲覧ができるわけではありません。ここでは、住民票の閲覧が可能な者と閲覧できない者について詳しく解説します。

住民票を閲覧が可能な者

住民票を閲覧することが可能な者は以下の通りです。

  • 同一世帯、本人と共に住民票に記載がある者
  • 同一世帯に住んでいる家族
  • 本人の委任状(代理人選任届)を持っている
  • 弁護士、司法書士、行政書士などで職務上の理由により住民票を必要とするもの。

本人や同一世帯でもなく、委任状を持っていない第3者が住民票を請求するには、正当な理由があると証明できる具体的な書類を提出する必要があります。例えば、借用書、職務上の請求書などです。個人情報を記載されている住民票を、悪用する危険性を防ぐために制限を設けているのでしょう。

住民票等が閲覧できない

住民票の閲覧の条件が揃っていても、閲覧制限がかかっている時は請求できない可能性があります。

住民票を閲覧できない者は以下の通りです。

  • ストーカーをしていた加害者
  • 配偶者又は恋人からのDVなどをした者
  • 家庭内の児童虐待や性的虐待をしていた者

本人により、閲覧制限を行っている場合があります。同一世帯の者であっても住民票を閲覧することはできません。

但し、離婚の手続きをする、金銭を回収するなど正当な理由がある場合は、住民票の交付がないと手続きができないことが多いです。そういった場合は、弁護士などを通じて手続きをしてもらう必要があるでしょう。

もちろん、弁護士であっても相手の住所を教えるということはありません。相手の個人情報を守るために、住所が分からない状態で手続きを進めることになります。

住民票等を閲覧する方法

人探しをするために、住民票を活用する方法があります。ここでは、住民票を閲覧する方法をご紹介します。また、住民基本台帳と戸籍謄本も合わせて解説します。

住民票を閲覧する場合

まずは、住民票の閲覧の方法についてご紹介します。住所がわかっているのであれば住民票を利用してみましょう。住民票は、実際に住んでいる市町村の役所に行き、交付請求書を記入して本人確認書類(運転免許所など)と共に、役所の窓口で手続きするという流れになります。手数料として200~300円が必要なので、事前に準備しておくようにしましょう。

もし、第3者が請求する場合は、住民票を請求する正当な理由を記載した書類と本人確認書類などが必要になります。正当な理由の内容により、住民票が閲覧できない場合があります。

住民基本台帳を閲覧する場合

探している人の居住地域は分かるが、正確な住所までは分からない時は、住民基本台帳を閲覧する方法があります。住民基本台帳は、閲覧の申し込みをする際には、プライバシー保護のために誓約書を記入する必要があります。基本的には、閲覧を希望する1週間前には、閲覧目的確認書類、宣誓書、本人確認書類などの様々な書類を提出して審査を受ける必要があります。閲覧方法は、各市町村役場で異なりますので、窓口などで確認してみましょう。

平成18年11月から法の改正により、住民基本台帳の閲覧の取り扱いが制限されるようになりました。なぜなら、住民票の情報を利用して、ストーカーやDVなどの犯罪を起こしてしまうケースが増えてきたからです。なので、正当な理由もなく申請や身分がはっきりしない者は閲覧することはできません。また、個人情報を公開するなどの悪意があって利用する場合は法律で罰せられます。

戸籍謄本を閲覧する場合

戸籍謄本に関しては、市町村の役所に保管されている戸籍の写しを閲覧することになります。閲覧方法としては、本籍地のある市町村の役所の窓口で請求するか、郵送する方法があります。第3者による代理申請する場合は、戸籍謄本を閲覧する正当な理由が必要です。また、本人確認書類と委任状が求められます。

住民票での人探しが難しいのなら探偵に依頼

住民票を利用しても探している人が見つからない場合があります。例えば、探している相手が身を隠している時や引っ越しても住民票の異動をせずにそのままにしている場合です。役所には、現住所が登録されていませんので、人探しの方法としては活用できません。住民票を活用しての人探しが難しいのであれば、探偵に依頼する方法があります。

探偵による人探しの依頼する

まず、人探しの依頼があったとしても、第3者である探偵が住民票を閲覧することは不可能です。しかし、探偵事務所には、住民票を利用することなく独自の情報網で調査することができます。調査により、ある程度の行動範囲を絞り、地道に張り込みや聞き込みをして、詳しい情報を集めていきます。情報提供に対して、報酬を支払う場合もあるそうです。

探偵は、周りの人に怪しまれずに、自然な状態で聞き出すテクニックを身につけています。なので、プライバシーに関しても注意して調査をしています。個人で探すより、短期間で探しだすことができるでしょう。

但し、依頼したすべての人探しを引き受けるわけではありません。例えば、ストーカー目的やDV、虐待などが絡む人探し、辻褄が合わない不審な依頼に関しては、どの探偵事務所でもお断りする可能性が高いです。なので、探偵に依頼する際には、人探しに関しての正当な理由を明確に伝える必要があるでしょう。

まとめ

ここでは、住民票の閲覧方法をご紹介しました。住民票を閲覧するには、市町村の役所にて手続きが必要になります。住民票は個人情報です。正当な理由の閲覧であれば、特に問題はありません。しかし、住民票を利用した人探しには限界があります。もし、正当な理由があり探したい人がいるのであれば、探偵に依頼することをおすすめします。探偵事務所では、無料相談をしていますので、一度相談してみましょう。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒家出・所在調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn