証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

退職されると大きな損失の可能性も・採用調査でミスマッチを防ぐ

求人募集をかけるにあたって、お金がかかるのは採用担当者ならお分かりのことでしょう。コストをかけてやっと採用した人材が何らかの事情で早期離職されると、会社にとっては損失です。早期離職する原因の中の一つに、仕事のミスマッチが挙げられます。ミスマッチをできるだけ回避するためには、採用調査を行うのも一つの方法です。

早期離職に伴う損失とは?

皆さん人材1人採用するにあたって、どの程度の費用がかかっているかご存知でしょうか?採用活動に関する費用はいろいろとあります。求人サイトに掲載するための広告費、会社説明会を開催するにあたっての会場費、面接官や人事担当者の人件費など多様です。どのような内容になるかで企業間でも差があるでしょうが、それでも1人採用するためには数十万円というコストがかかります。

さらに新卒を採用する際には教育費や講師の人件費が発生します。そして人件費も人材コストとして無視できないところでしょう。例えば額面20万円の給料だったと仮定します。それだけでなく、社会保険費用の会社負担もあります。月給20万円だったとしても、入社して3カ月もすれば100万円を超えてきます。ここまでを採用に伴うコストと考えれば、早期離職されると会社の受けるダメージも決して少なくないことがお分かりでしょう。

プラスアルファの損失も

早期離職されると、目に見える部分と目に見えない部分の損失があります。目に見えない部分の損失とは、まずモチベーションの低下です。教育担当者や仕事のサポートを行ってきた先輩社員はせっかく面倒を見てきた社員がすぐに辞められると、次に新人を担当することになっても「またすぐに辞めてしまうのでは?」と考えてしまって、指導に身が入らなくなってしまうかもしれません。

また離職者が担当していた業務は、ほかの誰かが引き継がざるを得ません。となるとその社員の業務量はどうしても増えてしまいます。ワークライフバランスがくるってしまい、残業が増えることでその人が今度は離職してしまうかもしれません。また負担増加に伴い、健康被害で長期休職ということも起こりえます。このような事態によって、金銭面以外にも会社の損害が及ぶ危険性も出てきます。

より難しい中途採用者の定着

即戦力を採用するために、中途採用の募集を検討している企業はありませんか?中途採用の場合、企業に定着するのは新卒よりも難しくなるとみられています。厚生労働省のデータを見ると、新卒の場合3年以内に離職するのは全体の1/3ほどといわれています。ある会社が中途採用者の定着率についてアンケートを取りました。35~49歳の転職した人を対象の調査によると前職の在籍3年未満の早期離職者は39%に上りました。さらに30代後半だけに絞ってみると、約半数が早期離職者という結果になりました。つまり中途採用の場合、定着率は5~6割程度と考えましょう。

中途採用者の離職の損失とは?

中途採用者が定着することなく離職した場合も、会社にとっては損失です。中途採用者を募集する場合の1人当たりのコストは平均すると62万5000円と言われています。しかし業界ごとに差異が見られるようで、中には100万円を超えるコストをかけなければならない業種もあるようです。これだけのお金をかけても定着してくれなければ、このコストはすべて無意味になってしまいます。金銭的なマイナスだけでなく、採用にかかわってきた社員の作業も水の泡になってしまいます。

ミスマッチを防ぐには採用調査を

なぜこれだけ多くの人が早期離職をしてしまうのか、大きな理由としてミスマッチが挙げられます。ミスマッチとは会社側と採用者側の求めていることにずれがある状況を指します。会社が期待しているほどに採用者にスキルがなかった、採用者が考えていた仕事内容と実際の内容が異なるといったミスマッチです。このミスマッチを感じている採用者は結構いるようです。

エンジャパンというところが「入社後ギャップアンケート」という調査を実施しました。その中で転職前に効いていた求人内容と転職後の実態に違いを感じたかという質問に82%もの人が「感じた」と答えています。こうしてみると、ギャップを感じている新入社員の多いことがわかります。

また同じところの調査として、中途採用者を対象に「退職につながりやすいのは入社してからどのくらいか?」というアンケートを取りました。その結果、1年以内と答えた企業は56%に達しました。1年以内に離職されると、コストの回収はまず期待できないでしょう。ミスマッチを感じると、早めに離職してしまうことがうかがえます。それを回避するためには、ミスマッチをいかに防止できるかが課題になります。

採用調査でマッチングを目指す

当人の持っているキャリアとスキル、会社の求める仕事がマッチしていないと入社してからストレスを感じるでしょう。ミスマッチでストレスがたまる、自分の能力を発揮できないと判断すれば、早期離職を社員は検討するかもしれません。そこで採用しようと思っている人材がどんなスキルを持っているのか、自分の会社に適性があるのかを内定前にしっかりチェックする必要があります。それが採用調査です。中途採用者の場合、前職の同僚などに話を聞いて、人となりを把握すれば、ミスマッチを防止できる可能性は高いです。ていねいな調査を行えば、ポジティブだけでなくネガティブな面もいろいろと見えてくるでしょう。多角的に採用しようと思っている人物を評価できるので、適切な人材を確保できる可能性が高まります。

まとめ

採用試験を実施するにあたって、会社としてはそれなりのコストをかけています。にもかかわらず早期離職されると、このコストを回収できず会社にとって損失になります。また採用にかかわった社員のモチベーション低下を招くなど、ほかのマイナスも懸念されます。このような事態を回避するためには、より深く人材について把握する必要があります。そのためには採用調査を実施するのも一つの方法です。探偵事務所の中には採用調査の実績のあるところもありますので、活用を検討してみてはいかがですか?

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn