証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

重役を採用調査?今注目される採用方法と必要な調査について解説

企業の役員や幹部といった重役を社外から採用するという方法が行われていることがあります。これまでには考えられない方法のため、リスクが高いのではと心配される人も多いのではないでしょうか。この方法を安全に取り入れるための鍵は採用調査です。こちらの記事では、新しい重役の採用方法についてと、採用調査の重要性、採用調査の実施方法について解説します。

エグゼクティブ採用とは?

企業の管理職、幹部などいわゆる重役と呼ばれる役職を、外部から人材を採用して配置する、これがエグゼクティブ採用です。聞き慣れない言葉かもしれませんが、エグゼクティブというのは「企業の上級管理職」という意味なので、そのままの意味であることがわかります。これまででしたら考えられないことだったと思いますが、最近ではこの採用方法が増えてきているようなのです。

エグゼクティブ採用が注目される理由

エグゼクティブ採用が増えてきている理由として大きなものは、企業の経営スタイルが変化してきていることにあります。これまでの企業の経営スタイルといえば、世襲型、年功序列型というものが一般的でした。しかし最近の企業では、親族が重役に就くことを嫌がる、そもそも企業を引き継げる親族がいないなどの問題が多く存在します。年功序列にしても、近頃ではこの考え方自体があまり受け入れられていない傾向があるようです。働き方も多様化する時代ですから、企業の重役を外部から採用し、企業内部のしがらみにとらわれない柔軟な企業運営にも注目が集まるわけです。

エグゼクティブ採用は加速する?

エグゼクティブ採用は「指名委員会」というような形で、欧米ではすでに一般的なものとなっています。日本ではまだ、徐々に広まりつつあるという段階です。しかし時代の流れに伴い、企業の考え方も変わってきます。エグゼクティブ採用も徐々に一般的な方法となってくることでしょう。

重役に対する採用調査の重要性

重役を外部から採用するということはいいことだけがあるわけではありません。当然リスクも存在します。それは採用する人材が企業にマッチしていなければ、企業の運営に支障が出るということです。このようなことにならないために、人材を見極めるということはとても重要になってきます。重役として働く上で必要な能力を持ち合わせていることはもちろんですが、何らかの詐称がある、トラブルに関連しているかも知っておかなければなりません。重役つまり企業の上級に位置する人材は、他の従業員のお手本となるべき存在です。重役に問題があると他の従業員にも悪い影響を与え、企業全体の状態悪化の可能性があります。

重役の採用調査をしなかった結果

実際に起きた事例でも、何も調査をせずに採用した重役において後になってから問題が見つかったということもあるのです。特に実績や経歴からの判断で採用されたのに、そこに詐称があればその仕事に大きく影響します。採用前に調査を行われず採用された幹部が働きぶりに違和感があったため、改めて調査を行った結果、経歴に自己申告したものとの相違があったということがあるのです。ここには、改めて調査しなければならなくなったという手間がまず一つあります。さらに最終的には幹部が退職することになったので、進行中だった仕事が白紙に戻ったこと、新たな人材を採用しなければならなくなったことという二つの大きな手間を企業が負うことになったのです。

重役の採用調査方法

重役の採用調査では主に以下のような方法が取られます。

  • 各種公開情報、データベースの照会
  • データ調査
  • 聞き取り調査
  • 現地調査

インターネット上の情報、各種関係者からの情報は有益なものです。現地調査というのは前職の企業等に赴いて調査するということになります。もちろん企業のみでなく関係があると考えられる場所など全てで調査を行うのです。大変時間と労力を使う調査ばかりですが、重役の採用には企業への影響が大きいため失敗するわけにはいきません。ですから丁寧な調査を行うのです。

重役の採用調査は誰が行う?

では重役の採用調査について誰が行うのかということですが、こちらは探偵に依頼することをおすすめします。企業のことなのだから企業内の人間がやればいいと思われるかもしれませんが、それにはデメリットが大きいです。企業が重役の採用調査を行う場合のデメリットについて紹介していきます。

調査に時間がかかる

先述した通り、重役の採用調査は大変手間がかかります。時間もかなり費やすことになり、調査に手が取られている間に他の業務まで手が回らなくなるなどの支障が出てくる可能性があるのです。企業のために行う調査が企業の足枷となってしまっては意味がありません。

丁寧な調査ができない

調査をしようと思っても何をどこまで調べればいいかなどの判断が素人には難しいものです。調査方法に関しても、やったことがなければ正しく行えるか不安があることでしょう。すると重要なポイントを掴み損ねてしまうなど不十分な調査に終わってしまう可能性があるのです。

余計なことまで調べる

調査を行う中、探偵でも調べることができない情報が存在します。たとえば差別につながりかねない対象者の出生関連、悪用されかねない口座番号などです。調べるべきこと、調べてはならないことを熟知していないといけません。余計なことまで調べて違法行為だと言われても反論できませんので、不用意な調査は控えてください。

まとめ

重役を外部から採用する「エグゼクティブ採用」と、重役候補に対する採用調査について解説しました。エグゼクティブ採用自体は、まだまだ一般的な採用方法とは呼べないところです。しかし、今後この採用方法が広まっていく可能性としては大いにあります。それとともに採用調査の需要も高まっていくことでしょう。重役候補への採用調査は特にしっかりと行わなければなりません。重役の採用は企業の動向を左右する重要な人事ですから、企業内でなんとかしようとせず、探偵に相談してみてください。探偵は調査のプロです。法律に違反しないよう安心安全に調査を行います。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn