証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

え?浮気って病気なの?繰り返される浮気依存症

浮気をする行為は、相手を裏切ってしまう行為なので「普通の精神状態」ならば何度も繰り返して行えるものではありません。一度だけの間違いであれば「魔がさした」と言えるのかも知れませんが、何度も繰り返してしまうのは健全な状態とは言えないでしょう。

そこで、今回は浮気という行為と依存性について解説してきたいと思います。

浮気をする理由

浮気をする人の全てが病気というわけではありません。「私利私欲のため」に浮気をする人もいれば「本当の愛」を見つけて浮気をする人もいます。浮気をする人の理由はそれぞれで、全てが否定できるものではありません。なぜ浮気する主な理由について解説してきます。

隣の芝生は青い(他の人がよく見える)

恋人や配偶者との関係性が長くなると、付き合いたてのトキメキは無くなってしまうものです。そんな時に他の異性を見ることで失われていた高揚感が高まり、いつも以上に素敵な存在に見えてしまいます。そういう感情を抱いている時に、恋人や配偶者との関係性が上手くいっていないと、浮気への好奇心はさらに助長されてしまうのです。

ここでポイントなのが、今付き合っている人と比較しているということです。実際に相手がいない場合は「比較対象が無い」ので健全な精神であれば、異常な高揚感はありません。しかし、付き合っている状態で他の異性を見ると一種の背徳感と比較によって「通常よりも遥かに素敵」に見えてしまうのです。

性欲が強い

性欲が強い人であれば、恋人や結婚相手をセックスの相手としてみてしまう傾向があります。体の相性が最高で「この人しかいない」と思えるような相手であれば、浮気といった問題は少なくなりますが、性欲が強く体の相性が悪い場合には「他の人で代用する」「体の相性がいい人と付き合う」という思考に変換されてしまうため、浮気に走ります。性欲は恋愛関係においてとても重要な項目の一つです。

この相性が上手くいっていない恋人や夫婦のほとんどが、浮気や不倫といった問題点を抱えていると言えるでしょう。

精神的安定を求めている

これは特に女性に多い傾向ですが、肉体関係を持つことで精神的安定や安らぎを求めている場合があります。こういった人の多くは、幼少期に親からの愛情が欠乏していたり、生活環境が劣悪であったということが考えられます。こういった理由で浮気をする人は不特定多数の相手と関係を持つことが多く、精神的安定を求めているため、付き合っている相手に対しての罪悪感もありません。精神的な問題なので、物理的な解決方法はなく、本人が自分を理解し、強い意志で立ち直る努力をするしか方法はありません。

自由を求めている(遊びたい)

浮気や不倫という行為は「恋人関係」「婚姻関係」という縛りの中で発生する事柄です。独身で犯罪を犯さない範囲であれば、複数の異性と関係を持つことは本人の自由となります。世の中には元々縛られたくない自由な生き方を望む人が存在しており、そういった人は彼氏や彼女、妻や夫というしがらみを嫌います。そういう思考で生きていれば、他の人と浮気をしているという自覚はありません。むしろ、そういう思考で生きている人に恋人や夫婦といったしがらみを与える方が酷でしょう。

そういった自由な生き方を求めている人と付き合いたいと考えているのであれば覚悟が必要です。

現在の相手に不満がある(別れたい)

現在の相手とは今後別れようと思っている、もしくは別れたいと考えているタイミングでいい相手が現れると浮気に走ってしまうようです。本来であれば、現在付き合っている相手と別れる(離婚)などして次に進むべきですが、恋愛感情というものはそう簡単に制御できないものです。その相手が「運命の人」と感じてしまうようなものならば浮気として深みにはまってしまうでしょう。

浮気は病気なのか?

一度の浮気であれば「事情があったのかも知れない」と考慮できる点はありますが、何度も繰り返される浮気に関しては依存性や病気の可能性も考えられます。

浮気依存症

浮気を何度も繰り返すような人のことを「浮気依存症」と呼ぶことがあります。これは酒やタバコに依存している人と同じようなイメージだとわかりやすでしょうか。浮気を何度も繰り返すことは異常なことですが、実際には「浮気」に依存しているわけではありません。ほとんどの場合、セックスなどの肉体関係を目的としており、男性であれば「多くの女性と関係を持ちたい」という思考で浮気に走ることが多くなります。また、女性の場合は「他人のものを奪いたい」「さらにいい男が欲しい」といった理由で浮気を繰り返すことがあり、浮気というよりも精神的な問題が考えられるでしょう。

男性の場合は「肉体的」に繁殖欲求が強いため、理性を保てない男性は浮気を行いやすくなるようです。しかし、女性の場合は「肉体的よりも精神的」繋がりを強く持つため、浮気に依存している場合には心のケアが重要となります。

一度だけの浮気

一度限りの浮気は病気ではありません。恋人の関係性が悪化している時期や、お互いを尊重できない時期などは誰にでもあり得ることです。しかし、そういった時期でも通常の精神状態であれば「浮気」をするような思考にはなりません。しかし、そのタイミングで心を揺さぶるような人が現れてしまったり、今の恋人よりもいい人が現れてしまうと、どんな人でも迷ってしまうものです。

浮気はそこから一線越えるか越えないかの差です。どんな人にもこういったシチュエーションが存在しており、それを乗り切るのはとても難しく、精神力のいることだと理解しておくべきでしょう。

浮気症の人を見抜くには?

精神的な問題を抱えて不特定多数の人と浮気を繰り返しているのであれば、精神科などで心のケアを行う必要がありますが、浮気を楽しんでいる人の場合には被害に遭う前に回避するという方法も有効です。

ここでは、そういった浮気癖のある人に捕まらないための方法をご紹介します。

男性は不器用な人

女性慣れしている男性で、どんな女性にもスマートな対応ができるような人はとても魅力的ですが、浮気をする確率は非常に高いと言えます。浮気は絶対に許せないと考えている女性ならば、女性経験が少なく不器用な人を選ぶことが得策と言えるでしょう。ただし、不器用であるということは「人を楽しませる能力値」が低いということなので、そこを十分に理解した上でお付き合いをしてください。浮気を避けるために付き合ったのに「男性がつまらない」と責めるのは間違いです。つまらない男性であっても女性の次第で大きく成長することもあります。

女性は心を見てくれる人

女性は本能的に「優位な遺伝子を残したい」と考えて男性を判断しているようです。そのため、容姿や体型などを重視して判断する女性は浮気の可能性が非常に高くなる傾向があります。容姿だけはなく、心を含めた全体で判断してくれる女性であれば、浮気する可能性は非常に少ないと言えるでしょう。ただし、そういった女性は、男性の外見だけの格好良さを簡単に見抜く力を持っているため、表面上の対応では相手にしてくれません。そういった女性と関係を持ちたいと考えているのであれば、等身大の自分で勝負するようにしてください。

誠実な人間になるよう心がける

自分に寄ってくる人は同じ思考の人か、それ以下の人しかいません。今の自分の周りに浮気をする人しか寄ってこないのであれば、それは自分自身の心が成長していないということです。外見やステータスで判断せず、人間対人間で関わることを意識することで本質を見抜くことができるようになります。浮気されたく無いのであれば、自分自身を磨く努力を行なってください。

まとめ

浮気を繰り返す人全てを病気とは言えませんが、やはり精神的な面で何か問題があると言えるのかもしれません。先天性の理由もあれば後天性の理由もあるでしょう。どれが正しいか判断するのは難しいですが「浮気されたくない」と感じているなら、この記事を読んで参考にしてください。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn