証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

夫の外泊、浮気を疑った場合の対処法とは?詳しくご紹介

もし、夫に対して浮気を疑ったとき、根拠もなく浮気を疑うことは、夫婦の信頼関係を傷付けることになりかねません。

しかし、不安は解消したい、どうやって確認したらいいのかと悩んでいる方もいるはずです。

そこで、夫の外出・外泊の真相を見抜くポイントを解説いたします。

口実で浮気を見抜く

最近、夫の外出や外泊が増えて、もしかして浮気しているかも?そう思った方は、まず、相手の口実に注目してみてください。

仕事関係での口実

仕事でもっとも使われる口実が、「残業」です。

帰宅が遅くなっても見逃すケースが多く、浮気している場合は不自然に残業の頻度が増えていきます。

「職場の飲み会」も、口実として頻繁に使われます。

1次会に参加した後、2次会には参加せずに、浮気相手と会うアリバイ工作にも使われます。

「休日出勤」や「ゴルフ」は、浮気に没頭している場合に、土日に浮気相手と一日中会う為の口実です。

「出張」は、遠方へ浮気旅行に出かけるためのバレにくい口実になります。

友人関係での口実

「学生時代の友達との飲み会」は、土日や夜間の外出で使われる口実です。

「同窓会」は、遠方へ浮気相手と出かける時に使いやすい口実になります。

習い事の口実

「習い事」や「スポーツジム」は、外出する理由付けに使われやすく、週に数回、時間をつくるのにちょうどよい口実です。

また、本当に習い事をしておいて、その中で浮気相手に会うパターンもあります。

習い事のあとの食事を友人と偽って、浮気相手と行くこともできます。

朝帰りの口実

朝帰り、無断外泊の口実としては、「お酒」を理由に使うことがあります。

「飲み過ぎた」、「上司に付き合わされた」などの口実が考えられます。

また、「終電」で帰る手段を無くしたことも口実に使われます。

高いタクシー代を掛けてまで、帰ってきてとは言いにくいからです。

以上のように、今までになかった理由で外出や外泊が増えたとしたら、浮気の可能性も考えられます。実際、浮気をしている場合の口実には、あまり多くのパターンはありません。

使われやすい口実は、だいたい決まっていると言ってもいいでしょう。

浮気の兆候を見抜く

浮気を疑う行動が見られないか、外泊以外にも観察します。

もし、浮気をしているならば、必ず兆候が現れます。

家庭内での行動

家の中で常にスマホを持ち歩いている、コソコソ画面を見ている、といったことはありませんか?

家での会話や、子供の対応に変化はありませんか?

このような行動は、浮気の夫によく見られる行動です。

また、外見や趣向にも変化が現れやすい傾向があります。

外見の変化は、内面的な変化に基づいていることが多いのです。

仕事の話

外泊が仕事かどうかを見抜くために、仕事の話を聞くことも有効です。

どんな仕事内容?

忙しいの?

職場の同僚?

いつまで続くの?

などの具体的な質問から、真実の可否を判断します。

もし虚偽があれば、答えに詰まったり、辻褄が合わない内容だったりの判断ができるはずです。

留守中の様子

実家や友達と出かけることで、家を留守にして様子を見る方法があります。

仮に、浮気をしていれば、浮気相手と接触する可能性が非常に高まります。

浮気相手を自宅に連れ込む可能性も考えられます。

その証拠を抑えることになれば、夫は自白するしかありません。

外泊の真相を突き止める方法

実際に、浮気の事実を判断する方法を紹介します。

態度や服装から判断

仕事が理由の外泊の場合、表情が明るい、服装が整っている、シャンプーや香水の匂いがしていることは不自然です。

このような兆候がある場合は、浮気の可能性が高くなります。

浮気相手と会っているならば、その痕跡を残さないよう必死になります。

仕事帰りで、身奇麗にしているのならば、逆に怪しいということです。

また、服装以外にも態度や行動に違和感がないか注意しておきましょう。

スマホのチェック

スマホを扱う様子から、浮気を判断することも可能です。

トイレや風呂にスマホを持っていったり、ロックが掛かっている場合は、要注意です。 

帰宅後や休みの日でも、着信がよく来る、スマホを肌見放さないといった 行動をし始めた時は、浮気の可能性が高くなります。

実際にLINEなどのSNSやメールから、浮気が発覚するケースが多くみられます。

日本人の3人に1人は、LINEアプリを使っています。

LINEを調べることができれば、過去のやり取りから浮気相手との関係性を知ることができ、浮気の事実が明らかな証拠となります。

クレジットカード・財布のチェック

浮気相手との食事や宿泊など、お金は入り用です。

クレジットの明細や財布の中身から、浮気を判断します。

 クレジットカードでの支払いは、利用先や日時などの詳細な情報が取得できます。

車を使用しているのであれば、ETC履歴などからの情報取得も可能です。

アプリやSNSを駆使しての情報取得

主に、スマホを使っての浮気調査になります。

浮気を見抜く為の便利なアプリが多く出ています。

これらのアプリは、あくまで盗難や紛失防止を目的としたアプリです。

浮気調査として使えるアプリ機能

位置情報の取得

GPS追跡

通話履歴の確認

電話帳の閲覧

SNSメッセージログの閲覧

カメラの起動

音声の録音

保存画像や動画の閲覧

LINEを見る

しかし、これらのアプリを無断でスマホにインストールすることは、「不正アクセス禁止法」にあたる可能性があります。

不正アクセス禁止法は、インターネット等のコンピュータネットワーク上での不正アクセスとその助長行為を規制する法律です。

もし、浮気調査のために利用するのであれば、相手の了承を得てから行いましょう。

なお、最もポピュラーなアプリは、GPS機能で位置情報を追跡するアプリです。

取得した情報は、事実証明としての証拠能力の高いものになります。 

探偵・興信所への調査依頼

探偵事務所や興信所での浮気調査は、浮気をしている明確な事実を写真や動画として証拠に抑え、浮気相手の名前や住所などの個人情報の取得も可能です。

調査が終了すると、調査報告書を受け取ります。

調査報告書は、裁判などでの離婚や慰謝料請求の証拠として有効性が高いものになります。

まとめ

このように、言い訳や口実を使って浮気をする人は少なくありません。

一度、その口実を許してしまうと、何度も嘘をついての外泊を繰り返す可能性があります。

また、浮気が発覚した場合、夫婦間で解決できればいいのですが、裁判などの慰謝料請求に発展する場合は、弁護士などの専門家を間に挟んでの交渉が一般的です。

裁判になった場合、代理での出廷も可能ですので、仕事や職場への影響も抑えることができます。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn