証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

不倫の慰謝料請求調停を始める前に知っておくべきメリットとデメリットとは?

不倫で精神的苦痛を被ったとき、ただでさえ不誠実な不倫関係の二人が慰謝料請求に簡単に同意することは少ないでしょう。不倫で慰謝料請求したいときに調停で話し合うことができます。

不倫の慰謝料請求調停は、当事者同士の話し合いと裁判の間の役割を果たしてくれます。不倫の慰謝料請求の調停とはどんな制度なのか、確実に慰謝料請求をすることができるのかについて詳しくご紹介します。

不倫の慰謝料請求調停とはどんな制度?

不倫の慰謝料を受け取るため調停にできること

慰謝料とは、心の傷を負い精神的に苦しい状況に追い込まれたときに、その原因が相手の不法行為であった場合に請求することができます。例えば、夫の不倫に悩まされて傷ついた妻が夫と不倫相手に対し慰謝料請求をする場合などです。

しかし、不倫は相手が不誠実なことが多く話し合いがうまくいかないことが多いでしょう。不倫の問題が解決しないときは最終的には裁判で訴える方法になります。しかし、調停で十分な話し合いができれば裁判する前に解決できる可能性があります。

不倫の慰謝料請求調停では、裁判所が当事者同士の話し合いを記録に残します。そのため、互いを攻撃しあうなどの無駄な労力を省くことができ、冷静に解決に向けて進めるメリットがあるでしょう。

不倫の慰謝料請求調停でできること

夫に不倫された場合、夫と不倫相手に慰謝料請求ができます。夫と不倫相手同時に請求することもあれば、夫には請求せず、不倫相手にだけ請求することもあるでしょう。しか不倫相手は支払い能力がなかったり、支払いたくないと言ってくるかもしれません。

不倫の慰謝料請求調停とは、第三者として裁判所が立会って慰謝料を払う約束をさせるための話し合いをすることです。離婚調停という言葉の方がよく知られていますが、離婚調停は、離婚のための話し合いで、親権や相続、財産分与についてなどの話し合いが行われます。

不倫の慰謝料請求調停と離婚調停ですが、不倫が原因で離婚する場合は、不倫慰謝料調停と離婚調停が同時に行われることもあります。同時に行うことで、煩わしく心に傷を残す不倫や離婚といった問題を一度に解決することができます。

不倫の慰謝料請求調停を始めるのはどんなとき?

不倫されて慰謝料を請求したい時

不倫された配偶者は不倫による苦痛の代償として慰謝料請求をします。そのとき夫や不倫相手が、慰謝料請求に応じないときや無視するなど、話し合いがうまくいかないときに不倫慰謝料調停をすることができます。裁判になる前に解決したいときに調停から始めることもあるでしょう。

不倫の証拠が十分ないとき

不倫をされているとわかっていても、不倫の証拠がないと裁判を起こすことは難しいでしょう。裁判を起こすには、夫と不倫相手が不倫をしていることがはっきりとわかる決定的な証拠が必要です。

裁判で扱う不倫の証拠は確実性が重要なので、普通のデートや会話のやりとり程度の証拠では裁判に勝つことができないでしょう。ラブホテルに入っていく写真や動画などのように、パートナーと不倫相手との肉体関係があることがはっきりとわかる証拠が必要です。

裁判する費用がない

不倫が事実で慰謝料請求しても裁判しても、裁判に負けたら慰謝料が入らないこともあります。場合によっては相手の裁判費用まで支払わなければならないこともあるでしょう。

調停は自分でも手続きができます。話し合いがうまくいかないけど裁判までは考えていないとき、不倫慰謝料請求調停なら解決の糸口が見えることもあります。しかし、不倫する人や不倫相手に誠実な対応を期待するのは難しいかもしれません。

不倫の慰謝料調停の法的には効力があるのか?

話し合いに合意がなければ効力がない

不倫の慰謝料請求調停は、家庭裁判所で話し合が行われます。裁判所が間に入ると言っても話し合いの延長のため、裁判のように判決が出るわけではなく相手に命令することもできません。しかし、夫と不倫相手に慰謝料を本気で払わせようとしていることをアピールして、プレッシャーを与えることはできます。

調停に相手が同意しなければ強制力がない

不倫慰謝料請求調停は、月に1回2時間程度の話し合いの場が持たれます。何度話し合っても互いに譲らず、平行線のまま時間だけが流れてしまうかもしれません。調停はこのように時間がかかるわりに問題解決に至らないデメリットがあります。

不倫相手は調停の知らせに驚いて、初めのうちは調停に来るかもしれません。しかし、合意できない話を何カ月も繰り返しているうちに、面倒になって来なくなることもあるでしょう。調停は話し合いに合意して初めて効力を発揮しますが、合意がなければ強制力がありません。不倫をしたのに調停で不倫の事実を認めなければ合意に至らず、無視することができてしまいます。

不倫の慰謝料調停で解決できないときは?

不倫の慰謝料請求調停は、長い時間合意に至らなければメリットよりもデメリットの方が大きくなってしまうかもしれません。もし調停で解決できないときは、裁判を起こすことになります。

裁判となれが弁護士に相談して専門家が味方に付いてくれて、問題解決のために法的措置を下すことが可能です。しかし、夫や不倫相手も弁護士がつくので中途半端な証拠しか持ってない場合、不利になることもあるでしょう。

まとめ

不倫慰謝料請求調停で慰謝料を支払わせることができるかについてご紹介してきました。調停とは話し合いの合意がなければ慰謝料の支払いを強制することはできません。当事者の話し合いが難しい場合に家庭裁判所が話し合いの間に入ってくれる制度です。

不倫相手に支払い能力がない場合でも、調停で話し合って減額や分割などの柔軟な解決方法を選択することができます。不倫の慰謝料請求調停は、弁護士に頼らず自分でもできます。内容証明を送ることで、夫と不倫相手に裁判をちらつかせプレッシャーを与えることができます。

不倫の慰謝料請求調停は、メリットよりもデメリットが大きいこともありますが裁判よりも安く不倫問題を解決させることができるでしょう。もし解決ができなくて裁判になったとしても不倫の解決のためには、不倫の決定的な証拠を持っていることが大きな要素となります。

はっきりとした証拠を持つためには一人で解決しようとせず、不倫が発覚したら早めに専門家に相談することをおすすめします。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn