証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

配偶者の不倫を許す理由とは?本当に許しているのか知りたい!

配偶者に不倫されたら1回目でも離婚をする!家を追い出す!と言っている人が多くいますが、実際に配偶者に不倫された人に話を聞くと、許して離婚とならなかったケースが多いと感じます。どうして彼らは配偶者の不倫を許す決断をしたのか、本音の部分と大人の事情について探ってみました。

夫の不倫を許した理由について

夫の不倫を何も言わず許す女性はそう多くはないでしょう。多くの女性は夫の不倫によって傷いており、家庭では何事もなかったかのように振舞っていても、心の底ではさまざまなことを考えています。しかし、「離婚をしない=不倫を許す」と考える人も多いことから、離婚をしなかった(不倫を許した)理由を探ってみました。

1回目は許そうと思っていた

長い夫婦生活で1回くらいは不倫することがあるだろうと思っていた場合、とりあえず初回は許す選択をする人もいます。恋人同士のときにも浮気されたことがある場合や、周りの男性で不倫をしている人が多い場合はそのような判断をしていることも。しかし、許すといってもやむなく許す、2回目は離婚ということを伝えているという人もいます。今回の不倫がただの遊びもしくは、体目的で家庭を壊すものではないと判断した場合のみに限られます。

自分もばれていないだけで不倫していたことがある

不倫はばれてしまうからトラブルとなるわけであり、配偶者にばれていないのであればトラブルになりません。これまで不倫をしたことがあるけど、配偶者にばれていないという人もいることでしょう。過去にそのような経験がある人は配偶者の不倫を責められないと心のどこかで思っている場合もあります。もちろん、過去の不倫を持ち出すようなことはしませんが、心のどこかで罪悪感を抱えながら生きているのでしょう。

不倫以外では生活に満足しているから

夫の不倫は許せないと思いながらも、そのほかのことでは満足している場合、夫の不倫を許す選択をする場合があります。たとえば、真面目に仕事はしているし収入もそれなりにある、

子煩悩、ごく普通だけど幸せである場合などです。生きていくことにおいて、自分のことよりも家族が幸せかどうかを最優先にしている人に多いでしょう。

母子家庭でやっていく自信がない

夫の不倫が許せなくて別れた場合、子供を引き取って母子家庭として生活する勇気がない、自信がないという場合は、夫の離婚を早く忘れようと努力をします。もし、母子家庭でやっていく自信があれば、夫と別れることも選択肢としてあるのに……と思っています。本当は離婚したいと思いながら、今の生活を続けるケースです。

夫のことを愛している

ただ純粋に夫のことを愛しているので、不倫されても気持ちが変わらないという人もいます。多くの女性は夫に不倫されたら離婚するもしくは、離婚しなくても愛せないと思う人が多いので、このタイプの人はかなり少数派でしょう。不倫についても、相手の女性には体目的で心は持っていかれていないと思っていることもあるでしょう。もしくは、別れてしまったら夫が不倫相手と一緒になるのでは?という不安を抱えている場合もあります。

妻の不倫を許した理由について

以前は妻の不倫は一度たりとも許さないと考える男性が多かったのですが、今は妻の不倫を許す夫が増えているように感じます。許す理由は夫によってそれぞれ違いますが、共通して言えるのは妻の不倫には深く傷付いているということ。男性は女性のようには周りに相談するタイプばかりではないため、ひとりで解決するケースが多く見られます。

子供への影響を考えて我慢

子供にとって母親は大きな存在です。子供の面倒をみない、ネグレクトを行うような母親であれば不倫で一気に離婚という流れになりそうですが、母親としてとくに問題がない場合は、子供のことを思って我慢することがあります。もちろん、不倫をされたことについては納得しているわけでもありませんが、同時に不倫の詳細も知りたいとは思っていません。詳細を知ってしまうと、このまま黙っておくことができなくなるからです。

世間体を考えた

周りの人で離婚している家庭が少ない、地方の田舎に住んでいて近所の目が気になるという場合は世間体を考えて離婚をしないことが多いようです。田舎の場合は、長く噂が消えないことが多いので、ほかの人と違う生き方をしていくのが難しい場所でしょう。一方、このような理由で離婚しないという選択は都会に住む人には珍しいといえます。都会の人は周りの人の目はあまり気にしない傾向が強いからです。

自分もばれていないだけで不倫していたことがある

過去に夫側も不倫をした経験がある場合、妻の不倫を責められないと思っています。その不倫が妻にバレている場合はとくにそう思うでしょう。妻に対してどうして不倫をしたのかなど詳細を聞きたいと思いながらも、因果応報だと理解している場合もあるようです。

もともと仮面夫婦だった

最初から仮面夫婦であるため、不倫をされたことも大きな問題ではない場合もあります。お互いにそういう人がいたとしても、とくに何も思うことはない、離婚はしないまま世間からはごく普通の夫婦として生活していきます。妻が言い訳をして帰宅が遅いたびに不倫をしていると思いながらも、とくに追及はしません。

離婚したら妻が不倫相手と一緒になりそうだから

妻が不倫をしたことで怒ったり騒いだりすれば、きっと出ていかれてしまう、不倫相手と一緒になると自分の目の前から消えてしまうという場合は、不倫されていることに目をつむる場合があります。夫は妻のことを愛しているけれど、妻の方はもう愛情はありません。ただ一緒に生活しているだけであり、会話も最低限度しかしないでしょう。ある程度年齢を重ねた夫婦にありがちなケースです。

本当は許していない!将来に向けて考えていること

配偶者の不倫を許す場合もやむなく許す、1回目だから許すケースがあります。不倫のことを持ち出さないから許しているのではなく、心のなかはもやもやしているのです。本当は許していない場合、今は現状維持でも将来的には何か考えていることもあります。

夫が定年した日に離婚する予定

妻から切り出す熟年離婚にありがちなケースです。定年すると退職金が支給される会社がほとんどであり、その額が高額であれば退職まで我慢しようと考える妻もいます。

チャンスがあれば自分も不倫しようと思っている

結婚したからひとりの人しかダメなんて耐えられない!と根っからの遊び人や恋愛体質の人は思っています。配偶者に不倫をされたことにより、ショックは受けたものの、この先自分も恋愛のひとつくらいしてもいいのではと考えている人もいるようです。不倫のハードルが下がったととらえています。

まとめ

不倫を許す理由はひとそれぞれ。自分のためという場合から、子供のため、世間体とその理由はさまざまです。多くの人が配偶者の不倫に苦しめられ、離婚したいと思いながらも許しているという事実があります。許すということができればどれだけ楽かと思いますが、愛しているからこそ許せないという人もいます。それぞれが最善の選択ができればいいのにと思わざるを得ません。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn