証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

相手の不貞で裁判を起こしたけれども敗訴になることも…どんな時?

配偶者の不貞行為がきっかけで離婚したい、慰謝料請求したいといった場合に時には裁判を起こすこともあり得ます。しかし裁判を起こしたところ、こちらが敗訴してしまうケースもあります。なぜそうなってしまうのか、敗訴になった場合のその後の流れについてまとめました。

不貞裁判で敗訴になるケース

相手の不貞について裁判を起こしたところ、敗訴になってしまうケースも少なくありません。いくつか代表的なケースがあります。以下で紹介することに心当たりのある人は、裁判を起こしてもこちらの要求が通らない可能性が高いです。

まずは不貞行為のあった段階で、婚姻関係がすでに破綻しているケースです。そもそも慰謝料を請求するのは、精神的なダメージを受けたことに対する支払いです。婚姻関係が破綻しているのであれば、相手が不貞していてもそこまで心が傷つくことはないだろうというわけです。よく裁判を起こすと、相手側が「すでに破綻していた」と主張する場合が多いです。ですからそれを覆すような、婚姻関係が破綻まで至っていないことを証明するものを準備しておきましょう。メールやLINEのやり取りなどを心がけてください。

不貞行為で離婚する、慰謝料を請求する場合、確かに肉体行為のあったことを示す証拠を提示しなければなりません。この証拠がない、もしくは不十分だと裁判で負けてしまう恐れがあるので注意しましょう。裁判官が「これなら2人の間で性行為があると推定できるな」と納得できるレベルです。

具体的には、ラブホテルやお互いの自宅を行き来しているところを撮影した写真や動画です。また一緒に旅行に言った場面を収録したものでも有効です。もしくは音声データです。例えば配偶者を問い詰めて、浮気したことを認めた音声などです。浮気したこと、相手はだれでどのくらいの期間不倫していたのか、どのくらいの頻度で会っていたかなど具体的な内容を収録したものの方が信憑性もアップします。

自分で情報収集するのは難しいかもしれません。例えば相手のメールをのぞき見したり、盗聴したりすると逆にこちら側が犯罪性を問われることにつながりかねません。そこでおすすめなのは、探偵事務所に調査を依頼する方法です。お金が多少かかりますが、探偵事務所や興信所の調査報告書などは裁判の中でも有力な証拠になるでしょう。

不倫相手に請求できないケース

もし慰謝料を請求する場合、配偶者だけでなくその相手にも請求する権利はあります。不貞行為は男女の共同行為で初めて成立するからです。しかし中には相手に請求できないケースもあります。それは相手の過失や故意を証明できないケースです。例えば相手が既婚者だと知らずにお付き合いをしている場合などです。また相手に無理やり肉体関係を強要されたときなども、相手に過失なしと認定されてしまいます。

敗訴になった場合の対処法

相手の不貞行為が原因で、離婚や慰謝料請求する裁判を起こしたけれども敗訴になってしまった、この場合どうすればいいのでしょうか?まずは判決について、しっかり内容を把握することです。もしその内容に納得できない、こちらの主張が認められていないと不満があれば、上訴する権利があります。日本には地方裁判所、高等裁判所、最高裁判所と3段階で審理が受けられるようになっています。不倫裁判のような民事の場合、最初は地方裁判所で審理されることが多いです。もしそこで納得できなければ、控訴して高等裁判所で勝負する形になります。それでも結果が覆らないようであれば、上告といって最高裁判所で決着をつける流れです。

慰謝料請求の中で、もしその金額が140万円以下であれば、最初は簡易裁判所で行われます。そして控訴するとなると地方裁判所です。次に上告する相手は高等裁判所で行います。ちなみに高等裁判所の判決についてなお納得できなければ、特別上告といって最高裁判所で争われる場合もあります。しかし特別上告は判決内容に憲法違反がある場合に限られますので、その点はあらかじめ理解しておきましょう。

控訴を行うにあたっての注意点

控訴のできる人は、判決の結果によって変わってきます。原告側が控訴できるのは、請求を棄却された場合です。もし判決の中でこちらの請求がすべて認められた場合、被告は請求可能ですが、原告が請求することはできません。また判決によっては、こちらの請求の一部だけが認められる場合もあります。この場合、原告・被告双方が控訴可能です。

控訴する際には期間の制約がありますので、速やかに手続きを進めましょう。控訴は判決を受け取った日の翌日から2週間以内です。ただしこの2週間後が土日祝日の場合、その次の直近の平日までです。うっかりしていて控訴の期限切れにならないために、裁判所にいつまでに控訴手続きを済ませればいいか確認しておくと安心です。

勝訴しても…

裁判の結果、こちらの要求が認められたとしてもその要求が実現するかどうか、また別問題です。特に慰謝料請求の裁判ではたとえこちらが勝訴しても、慰謝料がいつまで経っても支払われないこともあり得ます。実は判決だけでは、相手に強制的に慰謝料を支払わせるのは不可能です。強制執行手続きを申し立てる必要があります。

強制執行すると

強制執行すると、例えば相手の銀行口座や給料などを差し押さえることができます。またもし不動産を所有している場合、この不動産を手続きにより差し押さえることが可能です。強制執行手続きをするには、さまざまな書類を用意する必要があります。弁護士などと相談して、どう対処すべきか方針を決めておきましょう。

まとめ

不貞に関する裁判を起こしても、敗訴してしまうこともあり得ます。それは相手の不貞行為などの証明が不十分な場合が多いです。また婚姻関係が破綻していると認定されると訴えが通らなくなる可能性があるので、破綻していないと反論できるだけの準備をしておきましょう。裁判をする際には弁護士をつける人がほとんどでしょう。弁護士と念入りに相談して、どのような戦術で戦うかを決めておきましょう。また探偵などを使って、相手の不倫を立証できるような情報収集も進めることが勝訴への近道です。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn