証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

探偵への調査依頼を検討している人必見!調査報告書の内容とは

探偵への依頼を検討している人の中には、調査報告書の内容が気になる人もいるのではないでしょうか。探偵の調査は「浮気調査」「素行調査」など多岐に渡り、さまざまなものになりますが、調査報告書の内容は共通しています。調査報告書の内容を把握することで、探偵に依頼するかどうか判断する人もいるでしょう。ここでは、調査報告書の内容や作成するメリットについて解説します。調査報告書でどのような内容を知ることができるのか興味がある人は、ぜひ参考にしてください。

調査報告書を作成するために

探偵が調査報告書を作成するには、さまざまな調査業務を行なう必要があります。探偵の調査業務は探偵業法で定められた方法しか認められていないので、どんなことをしてもいいわけではありません。調査報告書を作成するための調査業務は主に3つとなります。

●尾行

●張込み

●聞き込み

それぞれ説明しますね。

尾行

探偵は対象者を尾行することで、日頃の行動や生活習慣を知ることができます。尾行により、行きつけのお店や交友関係を知ることもできるので、行動パターンを把握することが可能です。尾行は複数人のチームで行なうことが多く、適度な距離感を保って行なうので、訓練された探偵でなければ難しい調査だといえるでしょう。

張り込み

張込みは浮気調査や素行調査などで重要であり、証拠を入手することができます。密会現場での不貞行為や交友関係を明らかにし、静止画や動画で証拠となる現場を押さえられます。張り込みは時期を問わず長時間にも及ぶことがあるので、忍耐力が要求される調査業務です。対象者にバレず、周囲から不審に思われないようにするために、建物の死角を利用するのがほとんどです。

聞き込み

対象者の周辺人物から聞き込みを行なうことで、さまざまな情報が得られます。聞き込みを行なう人物によって得られる情報は異なりますが、対象者の評判や人間性を知りたい時には有効な業務です。聞き込みは対象者のことを聞くだけでなく、目撃情報なども参考にすることもありますよ。

調査報告書の内容とは

調査報告書を作成する際の業務内容を把握したところで、調査報告書の内容が気になりますよね。配偶者の浮気に悩んでいる人の中には、調査報告書でどのような内容が得られるかによって依頼を決めることもあるでしょう。調査報告書の主な内容は3つとなります。

●配偶者の行動

●浮気相手の情報

●不貞行為の証拠

それぞれ説明しますね。

配偶者の行動

尾行や張り込みによって、配偶者の行動パターンが把握できるので、浮気の可能性を探ることができます。

配偶者の行動はさまざまであり、行きつけのお店や交友関係を知ることが可能です。浮気の可能性がある場合、2人のデート現場や状況も撮影し、調査報告書の内容に加えます。浮気調査での交友関係は重要になるので、把握している交友関係を事前に伝えておくようにしましょう。

浮気相手の情報

配偶者に浮気の可能性がある場合、浮気相手の情報を知りたいですよね。調査報告書を作成する際、浮気の事実以外にも浮気相手を特定し、浮気相手の情報も記載することになります。

不貞行為の証拠

調査報告書を作成する上で、不貞行為の証拠は最も重要です。尾行や聞き込みの業務を継続することで、浮気相手との密会現場を把握し張り込みを行なうことになります。探偵は建物の死角を利用して張り込むので、配偶者にバレることはほぼありません。ラブホテルやシティホテルなど、肉体関係の事象を確認できる建物に2人で入る現場を静止画や動画で撮影し、2人で出てくる時も撮影します。さまざまなアングルで撮影されるので、不貞行為の証拠は言い逃れできないものになりますよ。

調査報告書の作成を依頼するメリット

探偵に調査依頼をして、調査報告書を作成してもらうメリットについて気になりますよね。調査報告書を作成するメリットはさまざまですが、主に3つあります。

●証拠として法的に認められる

●慰謝料請求などで有利になる

●弁護士に提出するだけで良い

それぞれ説明しますね。

証拠として法的に認められる

さまざまな調査を行ない、自分で証拠を入手しても、法的に証拠として認められないこともあります。法的に証拠として認められないのは証拠の入手方法の違法性、対象の判別が難しいなど、さまざまな理由があります。探偵の調査報告書であれば、証拠は探偵業法で認められた方法で入手しているので法的に認められますよ。

慰謝料請求などで有利になる

調査報告書の作成を探偵に依頼する人の中には、配偶者の浮気調査を依頼する人もいますよね。浮気調査をする上で離婚を検討しており、有利な条件で離婚をしたいと考える人もいるでしょう。調査報告書は配偶者の不貞行為が確実な証拠だけでなく、デート現場などの浮気行為がまとめられています。裁判や離婚調停で有利になるので、慰謝料も多めに貰えるようになります。離婚などの慰謝料請求などを有利にしたい時のメリットは大きいといえるでしょう。

弁護士に提出するだけで良い

配偶者の浮気が原因で離婚調停を行なう場合、裁判所の手続きは弁護士がやってくれますが、自分で配偶者の浮気の証拠収集などをしなければなりません。配偶者が浮気を認めているのであれば、スムーズに進むでしょうが実際そうはいきません。調査報告書があれば、法的に証拠して認められており、自分で動かなくても弁護士に渡すだけなので手続きが楽になりますよ。

まとめ

探偵が作成する調査報告書は、探偵業法で定められた調査方法で得られる内容になるので違法性はありません。配偶者の浮気を疑い自分で証拠を集めた場合、違法性があることで証拠として認められないことがあります。苦労して集めた証拠なのに、法的に証拠として認められないだけでなく、逆に訴えられたくないですよね。探偵に調査を依頼することで、リスクを負うことなく浮気の証拠を入手することができるでしょう。調査報告書であれば、浮気相手の情報や不貞行為の証拠など、浮気に関する多くの事実を知ることができます。調査報告書は法的に証拠として認められるだけでなく、慰謝料請求などで有利になるので、離婚を前提にしている人にはおすすめですよ。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn