証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

家出人を探すなら警察と探偵、どちらに依頼をしたらいいの?

この記事では、家出人を探すなら警察と探偵のどちらに依頼をしたらいいのかについてお話します。家出人を探したいけれど、警察に行った方がいいのか、それとも探偵に相談に行った方がいいのか、どちらがいか分からないという方は多いのではないでしょうか。すぐにでも家出人を見つけたいけれど、警察と探偵どちらがいいのか迷っているという方は、参考にしていただけると幸甚です。

家出人を探すなら警察?探偵?

家出人を探したい場合、いてもたってもいられず、すぐに警察に駆け込むという人はとても多いのではないでしょうか。確かに、自分の大切で身近な人が家出をしてしまったという場合、すぐに警察に駆け込みたくなる気持ちは分かります。警察だと捜査のプロなので、色んな情報網を使ってあっという間に家出人を見つけてくれそうな気がするのも確かです。

ですが、家出人を探して欲しいからと警察に行っても、すぐに動いて探してもらえるかといえば、そうでもありません。警察が家出人を探すには、いくつかの条件をクリアしなければならないためです。

そこで警察が動いてくれないというのであれば、探偵に相談をする方が賢明です。ですから、家出人を探すなら、警察と探偵の両方を視野に入れつつ、まずは警察に捜査してもらえそうな内容かどうかを事前に知っておきましょう。そして「家出人を探して欲しい」と警察に相談しておいた上で、「警察ではすぐに動けない」と言われるようであれば、探偵を利用するという対策を取られてみてはいかがでしょうか。

警察に家出人を探してくれるよう依頼する場合

警察は日々多くの行方不明届を受理していますが、警察に相談したからといって、全ての家出人が捜索してもらえるというわけではありません。警察は「事件性」がなければ捜索しないことが多いです。では、「事件性がある場合の家出人」とはどんな人たちでしょうか。

家出人が自殺をほのめかしている場合

家出人が家出する際に家族に対して自殺をほのめかしているような場合は、すぐに警察に相談をしましょう。判断の遅れによっては、家出人が自分の命を絶ってしまっているかもしれません。ですから、出来るだけ早く警察に相談をして、捜査を依頼した方が賢明です。

家出人が「探さないで」「自殺はしませんので心配しないで」「事件性はないです」など書き残して家出をした場合は、警察は事件性がないと判断して、捜索をしない場合が多いです。

家出人が未成年で事件や事故に巻き込まれる可能性がある場合

家出人が未成年で事件や事故に巻き込まれる可能性がある場合、すぐに警察に相談をしましょう。中学生や高校生が家出をした場合、警察で事件性がないと判断されると、「家出」の扱いになって捜査をしてもらえないことが多いです。ですが、幼児や児童の行方が分からなくなった場合は、まだ自分で十分な判断が出来ない子どもなので、事件や事故に巻き込まれる可能性がグンと高くなります。

特に、幼児や児童は交通事故や水難事故に遭うことも十分あり得ますので、行方が分からなくなったという時点で、すぐに警察に相談しましょう。中学生や高校生の家出に関しては、警察に相談をした際、「行方不明届」を出しておくだけでもいいかもしれませんが、普段からちょっとした家出を繰り返していたり、夜出歩いたりするようであれば、なかなか動いてもらえないかもしれません。

家に帰ってくるのが困難と判断できるケース

近年多いケースですが、認知症を患っている方が家出をしてしまった場合、自宅に自力で帰ることが困難となります。認知症の中でもコミュニケーションを取ることが難しい人は、人に帰り道を聞くことも出来ません。また、危険を認識することもままならないことが多いため、命の危険もあります。その場合は、警察に速やかに相談をしましょう。

精神的な病気を患い、危険物を所持している人

精神的な病気を患い、危険物を所持している人が家出した場合、他人や自分自身を傷つける恐れがあるとして、警察が捜索にあたる場合が多いですので、警察に相談してみましょう。精神的な病気を患い、自殺をほのめかすような言葉を残して失踪してしまったという場合も、速やかに見つけなければ命に危険が及んでしまいますので、警察を頼るのがおすすめです。

探偵に家出人を探してくれるよう依頼する場合

警察は事件性がなければ動いてくれない場合が多いです。ですから、事件性がなくても探して欲しい、心配なので今すぐにも探し出したいと思うのであれば、探偵に調査を依頼するのがおすすめです。

探偵に調査を依頼すれば、お金はかかります。ですが「いつになったら捜査をしてもらえるんだろう」と警察の動きを待つよりも、探偵に依頼すればすぐに調査に取り掛かってもらえるため、家出人の行方が分からずヤキモキしているよりもずっと安心できるのではないでしょうか。

もちろん自分で家出人を探すという方法もありますし、探してみたら実家や友人の家、行きつけのお店や浮気の家、よく利用するホテルや漫画喫茶にいたのを見つけたというケースもよくあります。ですが、それでも見つからないという場合も多いですし、自分での捜索には限界があります。その点、探偵は調査のプロですので、情報を得る方法も様々です。

探偵に家出人の所在調査を依頼する場合は、家出人の写真やどうして家出に至ったのかという原因、家出の目的や何か事前に情報がなかったかなどを、探偵に伝えることで発見率も上がります。家出をする前にどんなことを本人が思っていたのか見当もつかないという人もいるかもしれませんが、家出をした本人のちょっとした情報でもしっかり伝えらえると、見つけられるカギになってくれるかもしれません。

まとめ

この記事では、家出人を探す場合、警察と探偵のどちらに相談をするべきかというお話をしました。警察は事件性のある場合、探偵は事件性がなく警察でも動いてもらえないと判断した場合にそれぞれ相談することで、家出人の発見につなげることができます。ですから、警察に相談してもダメだったと落ち込まず、探偵に相談をしてみてはいかがでしょうか。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒家出・所在調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn