証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

不貞行為があっても離婚しないけれども慰謝料請求したい!相場は?

パートナーが不貞行為していた、でも子供がいるなどの事情で離婚しないという決断をする人も少なくありません。離婚しないと慰謝料を請求できないと思っている人もいるかもしれません。しかし離婚しなくても慰謝料を請求することは可能です。

離婚せずに慰謝料請求できる?

相手の不倫が発覚した後、離婚せずに慰謝料を請求するためにはいくつかの条件を満たしている必要があります。まず当然のことながら婚姻関係にあることです。その他に婚約状態にあったり、内縁関係にあったりすれば慰謝料請求の条件は満たします。

次の条件は相手が故意もしくは過失で、パートナーと不貞関係を結んでいることです。イメージしにくいでしょうが、相手にパートナーのいることを知ったうえで関係を持ったことです。逆に言うと相手にパートナーがいることを知らずに関係を持った場合には故意や過失には該当しません。この場合、相手に対して慰謝料を請求することは難しくなります。

3つ目の条件として、不貞行為が原因であなた自身が何かしらの権利の侵害を受けていることです。これは具体的にはそれまで家庭も夫婦関係も円満だったのに、浮気発覚をきっかけにして不仲になってしまった、離婚しないまでも別居することになったなど何らかの被害を受けているかどうかです。ここで問題なのは、不貞行為の前にもともと夫婦が不仲だった場合です。すると不定のあるなし関係なく状況はほぼ一緒ということになってしまい、権利侵害が認められない可能性が出てきます。

最後の条件が一定期間経過しているかどうかです。一定期間経過すると時効になって、慰謝料を請求する権利が失効してしまうのです。時効の条件は2つあります。まずは相手の浮気を知った段階から3年以上経過している、相手との関係が20年以上経過している、このいずれかを満たしてしまうと慰謝料の請求ができなくなるので注意しましょう。

浮気相手にも請求できる

慰謝料というと配偶者に対してだけ請求できるもの、と考えている人もいるでしょう。しかし浮気相手に対しても慰謝料を請求することは可能です。ただし条件があります。それは相手の名前と住所を把握していることが前提条件です。これらがわかっていないと、慰謝料の請求先がわからないからです。ですから相手がどんな人なのか、把握しておくことは大事です。

配偶者と相手の2人に請求することは可能です。実際に請求するかどうかは、皆さんの任意です。2人共というケースもあれば、配偶者か相手のどちらか一方にだけ請求するといったことも可能です。不貞行為というのは、2人いて初めて成立するものです。共同で行っている不法行為である点はあらかじめ理解しておきましょう。

慰謝料の相場はどのくらい?

では慰謝料を請求することになった場合、どのくらい要求すればいいのでしょうか?慰謝料とは被害者の傷をいやすためのお金です。どの程度傷ついたかで決められるので、本人が痛く傷ついたというのであれば、多額の請求も可能ではあります。しかし一般的には浮気した側の経済力などを見て、総合的に判断されます。離婚せずにお金を請求する場合、その相場は50~200万円程度といわれています。離婚する場合には100~500万円が相場といわれているので、低めの印象を受けるでしょう。やはり離婚をした方が損害も大きいと判断される傾向がみられるようです。もし金額をいくらにすればいいか迷っているのであれば、上で紹介した相場の範囲内で検討しましょう。

金額を決める要素

いくら請求すればいいかですが、いくつか金額を決める要素があります。まずは結婚している期間です。一般的に結婚期間が長ければ長いほど、より高額を請求できる傾向があります。婚姻期間が長いと不倫された側のメンタルの部分のダメージが大きいと考えられるからです。

子供がいるかどうかもポイントになります。特に幼い子供がいる場合には、高額請求が可能になります。幼い子供がいると夫婦両方いたほうが発育環境がいいだろう、だから離婚できないというケースも出てきます。また育児の最中に不倫が発覚すると、ストレスも大きくなるのでその部分が反映されるようです。

不貞行為の期間がどのくらいかも金額を決める要因の一つです。期間が長いほど、高額請求ができ、認められる可能性も高いです。もし相手が浮気しているっぽいと思ったら、いつ頃から親密な中になったのか調べておきましょう。メールやLINEなどをチェックしておくのがおすすめです。また逢瀬の回数も重要なポイントです。何度も繰り返し合っていたほうが、高額の請求が通りやすくなります。たとえ期間が短くても何度もあっているとなると、高額の慰謝料の認められる可能性が出てきます。ただし回数を証明するのは難しいでしょう。

請求される側の社会的地位がどうかというのも、金額を決めるファクターになりえます。主に年齢や立場、資産を加味して金額が決まるところもあります。年齢の場合上である、社会的地位が高い、収入が多い、資産をたくさん持っている人相手であれば、高額請求ができるでしょう。

このようにいろいろな要素を反映した金額を決めないといけません。素人だと、自分の場合だとどのくらいの金額が妥当なのか判断するのは難しいでしょう。もし慰謝料を求めたいけれどもいくらにすればいいかわからないのであれば、弁護士に相談するといいでしょう。弁護士の中には離婚専門で活動している方も少なくありません。このような人に自分の置かれている状況を説明して、いくらくらいが妥当なのかアドバイスを受けるといいです。

まとめ

ここで見てきたように不倫の結果、離婚をしないという判断も一つあります。そして離婚をしなくても慰謝料を請求することは可能です。しかも配偶者とその相手の双方に請求する権利があります。浮気されていたことが露見すれば、離婚しなくても心に深い傷を負っている人がほとんどだからです。ただし離婚した場合と比較すると、手に入る金額は少なくなることは頭に入れておきましょう。また離婚しなくても、今後の夫婦関係をどうするかについても考えておかないといけません。この部分もしっかり話し合って、先を見据えましょう。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn