証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

不貞行為で慰謝料請求したい!相場と計算方法について解説

パートナーの不貞行為で慰謝料を請求したいと思っている人はいませんか?しかし、いざ請求するとなると、金額をどのくらいにすればいいかわからないという方も少なくないはずです。基本的には相場をベースにして、そこから増額と減額要素はないかで算出していきます。

不貞行為による慰謝料の相場

不貞行為で傷つけられたので、パートナーや浮気相手に慰謝料を請求するにあたっての金額の相場は、おおよそ50~500万円ほどといわれています。このように言われると、相場でもだいぶ幅があるなという印象を抱きませんか?金額は双方が同意すれば、それで決まります。つまり当事者間の交渉次第で、高くも安くもできるわけです。

もう少し細かく見ていくと、3パターンが想定できます。不貞行為の発覚した結果、夫婦関係がどうなったかです。ダメージの度合いが大きければ大きいほど、請求できる金額は高額になる傾向が見られます。まず最も大きな損害は、浮気が原因で離婚することになった場合です。このケースでは夫婦関係が破綻した、それだけ浮気された側は大きなメンタル面でダメージを受けたと解釈できます。この場合には150~500万円が相場になるでしょう。

不貞の結果、離婚までには至らなくても別居することになったという事態も想定できます。この場合離婚ほどではないですが、やはり同居できなくなったので損失は大きいです。だいたい100~200万円をベースにして調整するのが基本線です。中には浮気されても離婚せず、今まで通りの夫婦関係を継続するというパターンも考えられます。確かに不倫された側が多少傷ついていますが、別居や離婚と比較すると精神的な苦痛はそれほどでもないと判断されます。請求額もほか2つと比較して少なめで、50~100万円が妥当なところになるでしょう。

シミュレーションを使ってみる

離婚問題に関する情報を提供しているウェブサイトがいろいろとあります。その中には、自分のシチュエーションでどの程度請求できるか自動計算してくれるシミュレーションを用意しているサイトも見られます。婚姻期間がどのくらいで、不倫期間や回数、子供がいるかどうか、反省しているか、今後夫婦関係をどうしたいかなど自分の置かれている状況を入力すると、妥当な金額を自動的に計算してくれます。見積もりではありませんが、自分のケースでいくらくらいが妥当かをチェックしておくといいです。

増額になる要素とは

シチュエーション別に、どの程度の額を請求できるのか、おおよその相場について紹介しました。しかし上で紹介した3パターンの中でも、さらにいろいろと取り巻く環境には個人差があるでしょう。条件次第では、相場よりも増額できる可能性があります。まずは結婚期間です。長ければ長いほど、被ったダメージが大きいとして高額の慰謝料を請求できます。一つ目安になるのが15年というラインです。これよりも夫婦期間が長ければ、強気の交渉ができるでしょう。

また不貞行為の状況がどうかも、金額に反映される傾向があります。より長い期間お付き合いをしていた、行為が頻繁に行われていれば、精神的な傷も大きいでしょう。よって請求金額も高額にできるわけです。だいたい浮気が1年以上継続していた、性交渉が10回以上あったとなるとかなり悪質と認定されるでしょう。相手に聞くのはつらいかもしれませんが、不貞行為の期間や回数をきちんと相手に問いただしておくことは大事です。

子供の問題も金額を左右する要因の一つです。子供がいる、しかも幼いお子さんの場合には高額請求も可能です。小さなお子さんのいる場合、親子関係に深刻な影響が出かねません。子供の成長に影を落とす可能性も否定できないので、その分高額請求ができるわけです。また中には妊娠中に浮気に走るという人もいます。もし妊娠中に浮気が発覚すれば、かなり強いストレスを受けるでしょう。またお腹の中の赤ちゃんにも何か影響が出るかもしれません。このため増額の要素になりうるわけです。

減額される要素も

逆に慰謝料が減額されてしまう要素もありますので、その点も留意しておきましょう。まずは結婚して間もない段階で不倫されたケースです。婚姻期間が短いと、そこまで大きなストレスは感じないだろうと判断されがちです。一般的に結婚してから3年以内であれば、相場よりも減額される可能性が高いです。またそれほど深い関係に発展していない場合も、減額要素になってしまうかもしれません。だいたい不貞期間が3か月以下である、性交渉の回数も3回以下であれば、そこまで深い関係とは言えないかもしれません。

情状酌量によって、減額される可能性もあります。例えば相手が不貞の事実を認め、深く反省している、不倫相手との関係もきっぱり立っている場合には減額の認められる可能性が出てきます。ただし、これはあくまでも一般的な見方です。結婚して間もなくでも浮気の事実を知れば、深く傷つくことも十分あり得ます。また浮気の回数が少なくて、そこまで親密でなかったとしても「浮気は浮気だから許せない!」と考える人もいるでしょう。その場合には減額せずに、高額を要求しても決しておかしくありません。

まとめ

不貞行為に伴う慰謝料ですが、それまでの婚姻期間や浮気相手との親密さの度合い、子供がいるかどうかなど総合的に加味して金額を決めます。しかし上で紹介したのはあくまでも目安です。最終的には請求する側の意志で金額を決めればいいです。ただし浮気に伴う慰謝料を請求する際には、不貞が確かにあった証拠を提示しなければなりません。もし証拠がない、証拠を提示しても不確かなものであれば、請求が認められない、金額を交渉の結果減らされるかもしれません。

証拠能力がどうかによっても、慰謝料交渉の結果も大きく影響されます。素人の皆さんが独力で証拠集めをしても限界があるでしょう。そこでおすすめなのが、調査の専門家である探偵に依頼することです。経験豊富な探偵にお願いすれば、鮮明な画像や動画で十分な証拠能力のあるものを集めてくれるでしょう。まずは探偵に相談して、調査を依頼するかどうかアドバイスを受けてみるのはいかがですか?

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn