証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

不倫による慰謝料が50万円ほどの少額になる可能性はある?詳しく解説

「配偶者が不倫をしたので慰謝料請求を考えている」といった際に不倫相手や離婚をする配偶者からどの程度の慰謝料を請求できるか気になるところだと思います。また、慰謝料を請求される不倫相手や不倫をしてしまった配偶者も「慰謝料を安く済ませたい」と思う方もいるかも知れません。

そこで、今回の記事では不倫による慰謝料が50万円ほどと少額である事例を解説と共にご紹介していきたいと思います。

不倫による慰謝料相場

不倫や浮気などの不貞行為による慰謝料請求には、明確な基準というものがあまり存在していませんが一般的な相場は決まっており、不倫をした状況や期間、悪質性、これまでの事例などを考慮して慰謝料請求額を算出します。

不倫発覚後も婚姻関係を継続する場合

不倫によって婚姻生活が破綻したわけではないので、通常の慰謝料請求よりも小額になる傾向にあります。請求額は10〜100万円前後と言われており、不倫相手の悪質性や婚姻関係の状況によってはさらに増額する可能性もあります。

不倫が原因で離婚をする場合

慰謝料請求する際に「不倫によって精神的苦痛を受けた」ということが一つのポイントとなりますが、離婚をする場合は「不倫によって婚姻生活を破綻させられた」という点も追加されます。そのため、不倫による慰謝料請求としては高額になる傾向であり、その額は100〜300万円前後と言われています。

また、離婚を伴う慰謝料請求の場合は不倫相手の悪質性や配偶者の結婚生活に対する問題点などが考慮され、相場以上の請求が認められることもあります。

そのほか、離婚した配偶者、不倫相手の二人に慰謝料請求するという点が婚姻継続する場合と違う点です。

何度も不貞行為を行なった場合はさらに高額になる

配偶者と不倫相手が示談や裁判等で不貞行為をやめるように説得されたのにも関わらず、その後も不倫関係を続けたなどの悪質な場合には300〜600万円という非常に高額な慰謝料を請求されることもあります。その他にも、配偶者に黙って他の異性と10年以上交際を続けていたなどの行為に対しても、高額な慰謝料請求が認められる事例もあります。

不倫の慰謝料が50万円未満の事例

ここでは不倫による慰謝料請求が50万円以下の事例をご紹介したいと思います。ご紹介した事例と同じような不倫関係を行なったからといって慰謝料が少額になるわけでは無いので注意してください。

和解金として慰謝料50万円を請求した事例

「結婚生活3年目の30代夫婦」

仕事の帰りが遅くなった夫の行動を不審に思った妻は、夫が寝ている隙にスマホを確認したところ、若い女性と恋愛関係になっていることを知った。

やりとりの中には肉体関係を示唆するような内容が記載されていたため、翌日夫を問いただすと不倫関係であることを自白した。

妻は弁護士に相談し、不倫相手の女性に対して50万円の慰謝料請求書面を送付した。不倫相手の女性は家族に発覚することを恐れ、満額支払うということで合意した。

このケースでは不倫によって夫婦は離婚しなかったということと、不倫相手女性は家族や友人に不倫が発覚することを恐れていたという点がポイントになったようです。慰謝料請求額は弁護士との話し合いによって決められたものです。

慰謝料として45万円の支払いに合意した事例

「結婚10年40代夫婦」

月のカード支払額が大きくなっていることを不審に思った妻は、夫のカード会社に明細の発行を依頼した。明細書にはラブホテルと思われるホテルに宿泊している記録があり、不倫と確信した妻は探偵に調査を依頼した。その結果、会社の付き合いで通っているキャバクラの女性と肉体関係を持っていることが発覚し、妻は夫との離婚を決意、不倫相手の女性に慰謝料請求を行なった。

不倫相手の女性は支払い能力がないということで、慰謝料請求を拒否していたが「訴訟を起こす」と伝えると、慰謝料の満額支払いに合意した。

このケースでは離婚をするという形を取っていますが、慰謝料が少額になっています。その理由の一つとして、「一刻も早く不倫をした夫と離れたかった」「すぐにお金が欲しかった」などの理由が考えられます。

高額な慰謝料を請求した場合、相手側に支払い能力が無いと分割支払いといった形を取ることになります。そうなると、支払いが完了するまで「不倫相手」と関係をつながっている必要があるため、精神的にも気持ちのいいものではありません。そこで、一刻も早く事態を解決するためにあえて少額にしてしまうということもあるようです。

慰謝料の請求額は被害者の気持ちによって大きく変動する

慰謝料の相場というものはこれまでの事例や、判例を元に出されているもの、これはあくまで「指標」であり、

決められたものではありません。どれだけの慰謝料を請求するのかは被害者と弁護士の能力によります。

早く解決したい、すぐに現金が欲しい」なら相場よりも少額な方が有利

不貞行為によって不倫相手に慰謝料を請求する場合、高額になればなるほど相手は支払いを渋るようになります。しかし、不倫相手にとって「訴訟」は、社会的地位の失墜にも直結しかねない大きな問題なので出来るだけ避けたいはずです。

そこで、早く解決したいと思う被害者と、公にされたくないという不倫相手の気持ちを考慮すると「相手がすぐに支払えるギリギリの額」が最もおすすめと言えます。もし、早期解決を望むのであれば慰謝料の額を減らすという方法も一つのテクニックとなるでしょう。

「お金の問題では無い」と考えるのであれば高額な請求を

不倫という行為自体を許すことが出来ないという場合であれば、できるかぎり高額な慰謝料請求をおすすめします。不倫相手に「既婚者との不倫は悪いことである」と教えるのは言葉ではありません。目に見える罰則です。不倫などの不貞行為は犯罪行為では無いので逮捕される心配がありません。

そのため、不倫に対して罰則を与えるには「目に見える対価」を支払わせるしか方法がないのです。その方法が慰謝料であり、被害者側からの訴えとなります。

不倫相手に制裁を与えるという気持ちがあるのなら、できる限り高額な慰謝料を請求するようにしましょう。

まとめ

今回は少額な慰謝料について御紹介させていただきました。これはあくまでこれまでの事例なので、この記事で書いている内容と同じ状況だからといって、同額の慰謝料を請求できるわけではありません。

慰謝料について不安や疑問を感じるのであれば、慰謝料請求を行うまえに弁護士に相談することをおすすめします。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn