証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

浮気が癖になっている人の特徴とは?浮気癖を治す方法

一度の浮気では満足できず、複数回にわたり浮気を繰り返してしまう人がいます。できることなら浮気を阻止したいし浮気癖を治してもらいたいですよね。

浮気が癖になっている人は浮気に対する罪悪感がなく、バレなければ浮気ではないと思いがちに。浮気が癖になっている男女の性格や行動パターン、どうしたら浮気しないで済むのか、浮気癖が治る方法などについて詳しくご紹介します。

浮気する癖がある男性の特徴

モテる

浮気の癖がある男性は自分から努力しなくても女性が寄ってきます。一人の人と向き合う恋愛をしていていも、言い寄られることが多いと断り切れずに浮気をしてしまうでしょう。せっかく自分のことを好きと言ってくれているのに、女性の気持ちに応えない方が悪いと思い、彼女がいても浮気をしてしまう傾向があります。

また、モテる男性は顔やスタイルがいいだけでなく、優しさや思いやりなども兼ね備えています。そのため浮気をしても悪びれることなく、女性に優しくしただけで悪いことはしていないと思いがちです。罪悪感なく浮気が癖になっているのでしょう。

人と会う機会が多い

浮気の癖がついてしまう男性は、多くの人と会う仕事をしていたり、仕事終わりに飲みに行ったりすることが日常的になっている人が多いです。自分から積極的にコミュニケーションを取ることが苦にならないのでしょう。

多くの人と出会うということは、女性との出会いも多くなります。彼女がいても素敵な女性に浮気癖が出て、フラフラとついていってしまいます。彼女が一番だと思っていても、接触する機会が多い女性に心が傾いてしまうことは避けられないでしょう。

性欲が強い

浮気が癖になってしまう男性は、性欲の強いことが多いです。彼女だけでは満足できずに多くの女性を求めたり、風俗通いをやめられない男性も浮気が癖になっている可能性が高いです。遠距離恋愛のカップルは特に要注意ですね。

浮気が癖になっている男性は、性欲を満たすためなら浮気も仕方がないと考えている傾向があります。初めのうちは彼女に申し訳ないと思っていても、回数を重ねるうちに罪悪感がなくなってしまうこともあるでしょう。

浮気する癖がある女性の特徴

流されやすい

浮気が癖になっている女性は、その場の雰囲気に流されやすい傾向があります。好みの男性ではないタイプの人に言い寄られても、うまく断れず何となく浮気してしまったり、酔った勢いでつい浮気してしまうこともあるでしょう。

流されやすい女性は、優しい性格で言い寄られるとたとえ嘘の口説き文句だったとしても、信じようとして優しく接してしまいがちに。人に優しいのは悪いことではないのですが、優しい気持ちから自分が求められているなら仕方がないと思い、相手に答えようとしてしまいます。

過去の恋愛を引きずっている

浮気が癖になっている女性に多いのは、過去の恋愛で傷ついた経験があるということです。昔好きだった人が忘れられなかったり、ひどい振られ方をした経験があると浮気に罪悪感が薄い傾向があります。

恋愛をしても心の中にはかつて好きだった人がいて、無意識のうちにその人を追い求めてしまいます。付き合っている男性がいても、やっぱり元カレじゃないと私はダメなんだという考えを変えません。元カレを忘れたくてたくさんの人と付き合ったり別れたり、付き合っても元カレと比較して、何かが違うと思えば他の男性との交際を始めてしまいます。

現状に不満

浮気癖がついてしまう女性は、付き合っている男性との信頼関係を築くことが苦手な傾向があります。どんな男性と付き合っても、相手に好かれたい一心で自分の素直な気持ちを隠してしまい、相手に合わせようとして自分にストレスがたまる交際をしてしまいます。

自分が無理をして交際を続けてしまうので、いつも自分に不満がたまります。でも本命の彼に嫌われたくないので、不満を彼以外の男性で解消しようとしてしまいます。言いたいことが言えない関係は心すき間が生まれがちに。いつまでも同じパターンで交際すると浮気が癖になる確率は高くなるでしょう。

浮気の癖を治す方法

大切なものを失ってしまうことを認識する

浮気をすると傷つく人がいることを認識することが大切です。一番大切な人がどう思うのか、想像を膨らませてみましょう。しかし浮気が癖になっている人は、想像力が欠如している人も多く、難しいかもしれません。浮気したら別れると念押ししておくのもいい方法でしょう。

浮気するときはデート費用や場所など、お金がかかります。たとえ裕福な人でも浮気をし続けるためにいくらかかるのか計算してみたら、無駄が見えてくるかもしれません。浮気よりも楽しいことにお金をかけたほうがいいと思えるように誘導しましょう。

病気になる

浮気が癖になっていると、性病をうつされる可能性が高くなります。安全が確認できない相手との性交渉はリスクしかありません。風俗通いが癖になっている人は特に注意が必要です。

新型コロナもそうですが、HIVのように根治が難しい病気に罹ったら後悔してもしきれません。つい浮気をしてしまう癖のある人は、あちこちで性交渉をすることもあります。性病は、自分だけでなく大切な人にまで健康被害を及ぼすことを認識するべきでしょう。

癒しの場を作る

浮気が癖になっている人は、パートナーとの関係に何らかの不満があるため、他の異性に目移りしてしまいます。パートナーとの付き合いを充実させて、浮気するよりも自分と一緒にいたほうが楽しくて癒されるということが伝われば、浮気癖がおさまってくるでしょう。

セックスレスは浮気癖を助長する傾向がありますので、できるだけ性行為で満足させるように努めたほうがいいでしょう。身も心も満たしてくれるパートナーがいて大切にされていると思うことができれば、浮気癖は自然となくなっているかもしれません。

まとめ

浮気が癖になっている人についてご紹介してきました。浮気をする男性も女性も、優しくて流されやすく、パートナーに対して心から満足できていない傾向があります。浮気は繰り返すと癖になってしまい、罪悪感もなくなっていきます。

浮気の癖を治すには、浮気をしないで済む環境を作ることが大切です。浮気をするということは現状に満足できていないからなので、浮気しないように相手が望むことをしたり、楽しく癒される関係を築くことが、浮気癖を解決する第一歩になるでしょう。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn