証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

不倫相手と何をすれば不法行為のラインを超えるのか知ってますか?

不倫や浮気を法律の観点から見ると、何をすれば不貞行為があったことになるのか気になる人も多いのではないでしょうか。慰謝料の請求や離婚問題をスムーズに解決するために不貞行為のラインを理解して対処する必要があります。

不貞行為のラインを見極める

      

不倫の定義が法律で決められているわけではないので、当事者がどのように感じるかで不貞行為のラインが変わってきます。ここではそのラインを見極めて大切な人が不倫をしていたかどうかを見極めてください。

性行為があったかどうか

一番分かりやすいのは、性行為があったかどうかです。精神的苦痛を得たと証明できて、納得する慰謝料をもらうためには、性行為を含む肉体関係があったかどうかを知る必要があります。1回きりの不貞行為ならまだ許せる人もいるかもしれません。

しかし自分の欲望のままに何度もホテルに行って複数回性行為があった場合は完全にラインを超えていますし、不倫をされた側も精神的なダメージを受けることになります。確実に慰謝料を請求するためにどのくらいの期間で何回不倫相手と性行為があったか、その証拠を掴むことが重要です。

類似するプレイは不貞行為に該当するのか

完璧にセックスをしていればアウトですが、セックスと類似する行為が不貞行為に該当するラインかどうかを見極めることも重要です。当事者同士の解釈の違いや弁護士の判断に委ねる部分も多いです。性行為はしてないけどオーラルセックスなど、男女の関係となり射精をしてしまう行為が該当するかどうかのラインになります。

民法には結婚生活を継続するのが難しい重大な事由という項目があります。性行為は完全にアウトでも射精を伴う行為のどこまでが結婚生活を難しくしてしまう重大な事由なのかを、弁護士に相談して対応することになります。

キスやハグだけでは離婚理由にならない

不倫をされた被害者は納得しないかもしれませんが、法律の観点から考察すると当時者が不倫相手に対してキスやハグだけでは離婚理由に該当しません。当然異性と食事をしているだけでも不貞行為と断定するのは難しいです。

女性の胸を触るなどのボディタッチも法律の観点から見たときに不貞行為には該当しません。原則として性行為があったかどうかを見極める必要があるので、被害者の辛くて悔しい気持ちと法律のボーダーラインのズレが生じます。

不倫は犯罪ではない

      

不貞行為のラインが曖昧なのは法律で罰せられないだけでなく、法律の中で不倫や浮気などの不貞と関わる言葉が無いからです。そのため当事者同士の感情で解決しないことも多く。何をすればラインに接触するのか当事者同士で理解する必要があります。

弁護士に相談をする

配偶者が不倫をしていることが分かってどうしても離婚したい気持ちになったら、一人で悩まずに弁護士に相談してください。今現在分かっていることを伝えて離婚できるかどうか、そして慰謝料などを請求することができるかどうか判断してもらいましょう。

既婚者だと知らずに肉体関係を持ってしまったら不倫相手もある意味被害者です。そうなると不倫相手は慰謝料を払う必要はありません。またキャバ嬢や風俗嬢が枕営業で肉体関係を求めてきて応じてしまったときも慰謝料が認められない判例もあります。

離婚問題に詳しい弁護士に相談しよう

不倫をしている確証が持てないまま時間だけが過ぎていくと、確実な証拠を掴むことが難しくなります。そうなる前に弁護士に相談し対処してもらいましょう。重要なのは離婚問題に詳しい弁護士に相談することです。

弁護士自身の経験や知識を最大限に活かして不貞行為のラインを見極めて対処してくれます。肉体関係があったことを証明できる証拠を掴むことができれば、被害者が有利になるからこそ、離婚問題に詳しい弁護士に提出する不貞行為があったことが確実に証明できる証拠を揃えて提出します。

証拠を掴む

      

被害者が離婚をして確実に慰謝料を請求するために、不貞行為をしていることを証明する証拠が必要になります。いくら自分の配偶者だからと言って自分で全ての証拠を掴むのは限界があります。そこで不貞行為があった証拠を押さえるために、探偵事務所に依頼をするようにしてください。

浮気調査に長けている探偵に依頼をしよう

不貞行為の証拠を掴むために、浮気調査に長けている探偵に依頼することをおすすめします。探偵が調査する内容として尾行調査や張り込み調査があります。専門的な知識や技術があれば確実に証拠を掴むことができます。不貞の事実があったかどうかを知ることができます。

それだけでなく調査対象者がどのような行動をしているか行動履歴や浮気相手の情報を知ることができます。

状況に応じてプランを選ぶ

確実に不貞行為をしていることが分かっているのであれば、時間をかけずに決定的証拠を掴んでくれるかもしれません。反対に何となく浮気をしているかもしれないという状況なら不貞行為をしている現場を押さえるのに時間がかかる可能性もあります。

探偵事務所では依頼者の要望に応じて時間料金プラン、パック料金プラン、完全成功報酬プランがあります。すぐに重要な証拠が見つかる可能性が高いときは調査する時間が短いので時間料金プランがお得です。ただ怪しいというだけなら証拠を掴むまで時間がかかるかもしれないので、様々な調査方法がセットになっているパック料金プランがおすすめです。初めて利用する人で前金を支払うのに抵抗がある人は完全成功報酬プランがおすすめです。

調査にかかる日数

不貞行為があったかどうかのラインを見極めるために、探偵事務所にしっかり調査してもらうことが求められます。ある程度探偵にターゲットの情報を提供できれば早く証拠を掴むことができるかもしれません。

しかし何もないところから調査するとなると、1か月以上不貞行為の現場を記録に残すまで時間がかかるかもしれません。時間がかかれば料金が高くなるプランもあります。状況に応じて調査にかかる日数がどれくらいで、その期間だと料金がいくらになるか事前に確認することをおすすめします。

まとめ

不倫や浮気自体は法律で処罰することができないからこそ、民法の不法行為に当てはめて離婚をするか慰謝料を請求するかの流れになります。被害者が有利になるためにも確かな証拠を記録に残したほうが条件を有利に進めることができ、ギリギリのラインだったとしても慰謝料を請求したり離婚に向けて話をして決着をつけることができます。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn