証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

巷でよく聞く「不貞行為」不倫とどう違うの?

浮気や不倫の報道やネットや雑誌、様々なところで使われている言葉ですが、正式な意味をご存知ですか?詳しい意味を知らない人でも、あまりよくない行為であることは容易に想像できますよね。しかし、不貞行為について詳しく理解している人も少ないと思います。

そこで、今回は不貞行為とその定義についてご紹介してきたいと思います。

世間でよくいう不貞行為ってどんなもの?

不貞行為とは、婚姻している状態で、他の異性と性的な関係を結んだことを言います。これは民法第770条の離婚事由として規定されているものです。

要約すると、結婚している人が妻(夫)以外の異性と体の関係を持ってしまう行為を「不貞行為」と定義しています。

この行為は、相手側に大きな精神的苦痛を与える行為で、離婚裁判でも、結婚を破綻させた要因として認定されます。いかなる理由があろうと離婚においては「不貞行為」をした方が悪くなります。

不貞行為と認められる行動

不貞行為の定義はご説明した通りですが、実はそれ以外にも「不貞行為」になってしまう行動があります。

一つは成り行きや雰囲気で持ってしまった「一晩の関係」です。独身の方であればバーや飲み屋などで知り合った人と仲良くなり、肉体関係を持ってしまうということは法律的に問題ありませんが、既婚者の場合、たとえ「一晩の過ち」であったとしても、肉体関係を持ったということで不貞行為が認められる場合があります。

二つ目は別居中に不倫関係を持っていることです。夫婦関係が破綻し、別居段階に入っていると「すでに結婚生活は破綻している」と考える人も多いと思いますが、離婚の理由として認定されるには一定の別居期間が必要なので、簡単には離婚できません。

この期間に、お互いが別々に暮らしているからといって双方で恋人や愛人を作っていいわけではないため、注意が必要です。万が一他の異性と肉体関係を持ってしまうと、それが離婚理由として採用され、裁判では不利になることもあります。

不貞行為にはならない行動

メールや電話など、実際に体の関係があったのかどうかわからないような証拠では「不貞行為」として認められることはありません。

メールや電話であれば、仕事仲間や友人、知人、親戚など様々な人と連絡をとる手段であるため、たとえ卑猥なやりとりを行なっていたとしても実質的な証拠にはなりません。

そのため、不貞行為として認められる確率は低くなりますが、疑われる行動の一つなので注意しましょう。

不貞行為には定義がある?

不貞行為には様々な要因がありますが、一つの目安として決まった定義があります。

他の異性と肉体関係を持っている(配偶者がいる)

不貞行為を定義するには二つの重要なポイントがあります。一つは「結婚していること」二つ目は「本人の自由な意思で肉体関係を持つこと」です。結婚して配偶者がいるのにも関わらず、他の異性と同意の元で体の関係を持てば、立派な「不貞行為」となります。

ここで出てきた「本人の自由な意思」という項目ですが、これは言い換えると強姦ではないということを指しています。他の異性に性的な行動を一方的に迫った場合は不貞行為ではなく、犯罪行為です。

こうした点が大きく違うので間違えないようにしてください。

別の異性と同棲している(配偶者がいる)

こういった状況は、一般的常識から見れば常識はずれな行動で、不倫関係と思われても仕方のない行為です。離婚裁判などの場合では、別の異性と同棲している痕跡から「肉体関係を持っているであろう」という見解を持たれることがあり、不貞行為と認められる場合があります。

同棲していること自体は「肉体関係」の証拠になりませんが、その状況を見れば「誰もが納得する」ような状況下では不貞行為とみなされることがあります。

婚姻状態で別の異性とホテルや宿泊施設を利用している

同棲しているケースと似ていますが、これもそういった状況下では「肉体関係を持っているであろう」という見解をされやすく、不貞行為と認められることがあります。しかし、この場合は実際に二人きりで宿泊していたのかなどの物的証拠が必要になるため、裁判等では立証が難しいのも事実です。

しかし、この行動も誤解を招くだけでなく、ほとんど裏切り行為に当たりますので注意してください。

不貞行為は裏切り行為

結婚とは恋する二人が生涯を共にすることを誓う契約です。その契約を破る行為が不貞行為です。

しかし、こうした不貞行為は減るどころか、どんどん増えており、結婚への希望を失う若者が増えているのが現状です。永遠の愛を誓っていた夫婦がなぜ不貞行為を行なってしまうのでしょうか。

世間体を考えた結婚

現在は技術の進歩により、生活のほとんどを一人で行えるようになりました。また、男女ともに賃金を稼ぐ能力が同等になってきており、男性が女性を養うという定義も崩れつつあります。

そういった環境下では結婚することによるメリットよりもデメリットの方が目立ってしまい、結婚をしない人も増えているのが現状です。しかし、世の中の風潮は独身者よりも既婚者なので、そういった世間体を守るだけの結婚をする方が多く存在します。

その結果、結婚生活に不満を持ち、他の異性に目移りしてしまうという現象が起きているようです。

様々な道具、サービスの充実

結婚をしなくても、お金さえあればなんとでもなる便利な道具やサービスが充実しているため、独身者は結婚しなくなります。そして、すでに結婚している既婚者の方々もそういったサービスを利用することで「現状の不満」に気づき、他の人にその解消を求めにいってしまうのです。

その結果、不貞行為に走る人が増え、離婚裁判では不貞行為が争点になることも多々あります。

不貞行為とそのまとめ

不貞行為は犯罪ではありませんが、裏切り行為であり、配偶者を深く傷つけるものです。この記事を読んで不貞行為について理解を深めてもらえればと思います。

そして、くれぐれも不貞行為を行わないように気をつけてください。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn