証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

不貞が発覚したら誓約書を交わす?誓約書の書き方や作成後の注意点を解説します。

「配偶者の不貞が発覚した!でも、この後どうしたら良いの?」

「相手が不貞を認めて、反省もしているけれど、本当にこれだけで良いの?」

この記事を読まれているあなたはこんなふうに思われているかもしれません。

実は不貞が発覚した場合には、慰謝料の請求や再発防止のために、誓約書を書くことが大切なのです。

そこで今回は、不貞の誓約書の書き方や作成した後の注意点について、解説いたしました。ぜひ参考にしてみてください。

不貞の誓約書とは

 配偶者の不貞が発覚した時に、配偶者や不貞相手に書かせる書類のことを不貞の誓約書と言います。不貞の事実や内容に加えて、慰謝料の内容や今後の接触しないこと、といった決めごとを記載します。

 実際には、不貞の相手と打合せするのはとてもストレスがかかるため、配偶者のみに書かせる場合が多いようです。 

 「手間もかかるため、わざわざ誓約書の形にしなくても良い」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、口約束を交わしただけでは、後々「言った、言わない」という水掛け論に発展する可能性があります。不貞の誓約書を作成することで、このようなトラブルを未然に防ぐことができます。書類のタイトルは誓約書、覚書、合意書など様々な言葉が使われますが、効力としては書かれた内容が重要ですので、タイトルの違いはあまり気にする必要はありません。

不貞の誓約書の書き方や注意点

 それでは、不貞の誓約書はどのように書いたら良いのでしょうか。誓約書と聞くと難しい内容を書かなければならないと不安になるかもしれませんが、実際には不格好でも良いので、事実や約束した事をできるだけ詳細に書いておくことが大切です。

不貞の誓約書に盛り込む内容

 お互いの関係性や将来の方向性によって、若干内容は異なりますが、一般的には次のような内容を盛り込みます。

不貞の具体的な内容

なかなか不貞の内容を明らかにしたくない人もいるかもしれませんが、不貞の事実を認めるという点でとても重要な内容です。いつ(When)、どこで(Where)、誰が(Who)、誰と(Whom)、どんなことをしたのか(How)に沿って記述すると良いでしょう。

不貞のペナルティに関する合意内容

不貞をしたことに対する具体的なペナルティを記載しておくことも大切です。特に、慰謝料の金額、支払い方法、支払い相手、支払い期限などについては、必ず記載しておくと良いでしょう。その他、二度と不貞を働かないように、不貞相手との接触禁止の約束を交わす場合や、本人の反省を促すために、「仕事が終わったらすぐに帰宅する」、「ギャンブル禁止」というようなちょっとした罰の内容を追記することもあります。

誓約書に違反した場合の処遇内容

誓約書を交わしても、その内容が反故にされる可能性もあります。あらかじめ、違反した場合の処遇内容を約束しておくことで、反故にされにくくすることができます。

本人のサインや押印が大切

 誓約内容が記載されていれば、本文を手書きで記入しても、パソコン等で打ち出しても効力を発揮します。また、ちょっとしたメモ帳に書くだけでも同様の効果が得られます。ただし、本人の署名欄は手書きのサイン、または押印する必要があることに注意してください。最近では、脱ハンコの流れに沿って電子印も広く活用され始めていますが、無料の電子印はシャチハタなどと同じで印影が容易に複製できてしまうものが多いため、電子印鑑サービスの利用する場合には、その正確性を確認しておくことをおすすめします。

誓約書を作成したら、コピーを取る

 万が一、誓約書を無くした場合に備えて、誓約書のコピーを複数作成しておくことをおすすめいたします。原本は金庫などに厳重に保管したまま、コピーを使って様々な手続きや打合せを進めていきます。また、スマートフォンのカメラ機能を使って書類をスキャンしてデータ化し、クラウドストレージに保存しておくことも、リスクを分散する一つの方法です。

不貞の誓約書の作成後の注意点

夫婦関係を破棄する場合

 夫婦がお互いに別の道を歩む事になった場合、元配偶者との連絡頻度は確実に減りますし、相手の行動が分かりにくくなります。不定の誓約書を作成したからといって何もしないでいると、一方的に誓約書の内容を反故にされる可能性もあります。当然、相手には相応のペナルティが課されますが、それでも破棄される可能性はゼロではありません。そのため、定期的に誓約書の内容が守られているのかをチェックしておくことも大切です。

夫婦関係を再構築する場合

 夫婦関係を破棄する場合に比べて、配偶者の同行が分かりやすい状態を維持することになります。誓約書を作成してから時間が経った時に、少し帰りが遅いことや、空白の時間が疑われる出来事が生じる場合があります。夫婦で話す時間を増やす、連絡する頻度を増やすなど家庭内でのコミュニケーションを積極的に行うことで相手の様子をチェックできます。

素行調査を行うことも大切

 興信所や探偵事務所に素行調査を依頼し、配偶者の外での動向や、不貞を働いた相手の近況を探ることも大切です。興信所や探偵事務所では、尾行したり、周囲の人へ聞き込みしたりして、対象者の現在の状況や行動内容を確認できます。また、探偵事務所の調査員が調査するため、依頼者と対象者が直接遭遇することもありません。

 数年に一回でも良いので、素行調査を依頼しておくと誓約書破棄のリスクを減らすことができるでしょう

まとめ

 この記事では不貞が発覚した後に作成しておきたい誓約書について解説いたしました。誓約書を作成することで、不貞の事実を書面に残し、後々のトラブルを防止することができます。誓約書には不貞の事実やペナルティの内容を記載することが一般的です。誓約書を作成した後も、その内容が破棄されないように定期的にチェックすることが大切です。

 誓約書を作成した後に、配偶者や不倫相手に不穏な動きがある場合には、探偵事務所や興信所に依頼して素行調査を行うことも大切です。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn